なぜか2日連続で五行山へ・・・ダナン日記9~10日目

ダナンロングステイ実験記録(19年4月 2週間)

今日から『ラベンダー95』から、ミーケビーチすぐそばの『アナメゾン』にお引越ししました。

ラベンダー95も1泊1800円で十分住み心地が良かったですが、アナメゾンは1泊約4千円位の部屋なので、部屋の広さから規模が違い、屋上には小規模ですがいつでも使えるプールが設置してあり、ちょっと贅沢気分!

ただ何もかもアナメゾンのほうがいいかというと、今のところ感じたのは、唯一テレビが普通のテレビで、スマートテレビが導入されていないので、ユーチューブは自分のPCか、スマホから見るしかない所。

とはいえスマホでもあれば見れるので、大きな問題でもないですかね。

11時にラベンダー95をチェックアウトし、12時にアナメゾンについたのですが、チェックインは2時からなので、荷物を預かってもらい、2時間ほどミーケビーチをお散歩。

 

 

チェックイン後、すぐ、ホテルが提供してるホイアンツアーがあったので、ホテルの周辺調査は明日以降に回して、五行山→ホイアンツアーに参加してきました。

 

 

とその前に、なぜ五行山に二日連続で行くことになったのかという話を、昨日からさかのぼります。

 

スポンサーリンク

ダナン9日目

タクシーで個人的に五行山へ

ダナンのメジャーなことでやってない事を探していたら、五行山がそこそこ近かったので、行ってみることにした。

タクシー代はGRABで片道約10万ドン。

全部階段のルートと、途中までエレベーターのルートがあるのだが、五行山の全貌がわからないので、とりあえず徒歩で登ることに。

入場料(4万ドン)のほか、ポストカード付のパンフレット(1.5万ドン)を購入。

ちなみにエレベーター代は1.5万ドン別に費用がかかる。

途中までならいいけれど、かなり奥の方まで登ると、ちょっとしたロッククライミング的要素になっているところもあったので、老体にはこたえると思う。

欧米の家族連れの子供さんが転び泣いていたり、高すぎて泣いていたりと、ちょっとハードな一面もあったので、そのようなことを今後まとめて書こうかな。

 

ノンヌックビーチへ

ノンヌックビーチ周辺

五行山まで来たら、ノンヌック(ノンヌオック)ビーチが近かったので、ミーケビーチと比べるため徒歩で行ってみた。

実際に通ったルートはマップとは少し違い、浜辺を歩いて、ノンヌオックのしるしの所位まで行きました。

ノンヌックビーチの周辺には高級リゾートホテルがあり、1戸貸しで、そのままビーチに行けるようなホテルが多い。

ビーチから道路に抜けるのに、高級ホテル「ヴィンパールラグジュアリー」の通路を通らせてもらい、写真を撮らせてもらったが、1棟1棟にプライベートプールがついており、すれ違う従業員のことごとくが笑顔で、建物の中までは撮れなかったが、ビーチへ抜ける通路だけでもため息の漏れるものだった。

ヴィンパールラグジュアリー

 

けれども、道路に出ると、現状まだレストランも何もなく閑散としていて、ビーチ周辺の賑やかさは明らかにミーケビーチのほうが高い感じ。

 

ノンヌックビーチ

 

本当にビーチだけを楽しむのか、ホテルで全部済ませるなら、ノンヌックもいいかもしれないけど、ミーケビーチ周辺なら徒歩でもレストランや、ちょっとしたモールなども行けるし、橋を渡ればハン市場もそこそこ近いから、色々したいならミーケの方が便利だと思う。

その事もいつかまとめようかな。

 

ノンヌックビーチからミーケビーチへ

ノンヌオックでまだ時間があったのと、グラブの費用を少し浮かすため、そのままアパートに戻らず、ミーケビーチに向かい、次のホテル「アナメゾン」のちょっとした近隣調査に行くことに。

 

ノンヌックビーチからミーケビーチ

「 Premier Village」とかいうホテルの入り口?

フラマリゾートダナン

フラマリゾートダナンの完成予想図

 

ノンヌックからミーケまでの間には超大型ホテルが出来てきてる。

1つ1つがドでかくて、もはやホテルと言うより、一つの街・・・

 

 

 

次の「アナメゾンホテル」の周辺にもコンビニ(ビンマート)も近くにあり、オシャレなお店も多くて楽しそう!

 

ミーケビーチ周辺

 

HUROMJUICE

次に泊まるアナメゾンホテルのすぐ隣には、「HUROMJUICE」といった外観からもオサレ感漂うカフェがあったから、明日からはココが私の甘味処になりそうな予感♪

 

引っ越し前夜に、チェー屋さん

明日の夜にはラベンダー95を離れるので、最後にアパートのすぐ近所のチェーの人気店で、まだ食べてないものを適当に2種類頼んでみたけど、やっぱりおいしかった。

一つは何かのゼリーとココナッツミルク、もう一つは下に見えるのは小豆で、ウグイスアンみたいな感じで、やっぱりメニュー読めないけれど、どれでも甘いもの好きなら絶対美味しいと思う。

ちなみに以前現地人におすすめされた「CHE THAI」はやっぱりドリアン入りのデザートらしい。

嫌いな人は相当無理みたいだけれど、地元の人は結構それを頼んでいるので、やっぱり人気商品なんだと思う。

 

ダナン10日目

アナメゾンホテルの外観

「ラベンダー95」チェックアウト、「アナメゾン」へ

チェックアウト時に部屋の確認後、洗濯料金などの追加料を支払って、次のホテル「アナメゾン」へ

 

 

アナメゾンでは部屋の準備ができていなかったようで、アーリーチェックインは出来なかったけど、時間まで荷物を預けて、時間まで昼食とミーケビーチをお散歩。

 

ミーケビーチ

 

ホテルに戻り、チェックイン。

受付は英語も堪能のようで、ネイティブ張りのスピードで説明されそうだったが、英語がわからないことを伝えると、親切にゆっくりワン単語にしてくれたり、文脈が重要になる時は、嫌がる顔一つせず、グーグルトランスレーターで会話をしてくれ、すごく親切。(かつかわいい)

 

グリーンシーリングで昼食

グーグル評価が高いので入ってみた。

グリンシーリング

 

評判通りのちゃんとしたお店で、空いてる時間だったというのもあるだろうが、食後に2階席からの写真を撮らせてもらえるか頼んだら、笑顔で案内してくれた。

シーフードやバーガーのようなものもあるが、インド料理店らしくカレーライスのようなものを注文。

 

 

ビーチ側に来たとたん料金が高いお店も多いのだけれど、ソフトドリンクとセットで約550円とここは良心的価格で、味も美味しかった。

お店も広いので大勢でもおすすめ!

 

アナメゾンで、ホイアンツアー

ホイアンナイトマーケットのランタン

 

アナメゾンでチェックインすると、「一緒にツアーはどうですか?」的なことを言われたので、トランスレータで会話をして、いろいろ聞くと、日帰りホイアンツアーに今からでも参加できるとの事で、料金も50万ドン(約2500円)とそれほど高くはなかったので、本当は今日は、ビーチ辺りをのんびりしようと思ったが、せっかくだしホイアンにはいきたかったので、参加することにした。

 

受付の女性からツアーの内容を聞いた時に、マーブルマウンテンに寄ってから、ホイアンに行くといわれ、「マーブルマウンテン行きましたか?」と言われて、「行ってない(キッパリ)」と答えたが、これが昨日個人的に行った”五行山”の事だった。

ただ今回はガイド付きで、このガイドさんがまたすごく親切な方で、私が「英語もベトナム語もあまりわからない」と先に伝えると、要所要所で、トランスレーターを使って個人的に説明をもう一回話してくれて、多少でも五行山の概要を掴むことができ、一人でただ見るより楽しむことができた。

その後ホイアンで日本橋や、ランタンなど見て散策し、ホイアン・ナイトマーケットでディナーをとって、夜9時半にホテル着でした。

 

今後の予定

ダナンもあと数日で、フエ等まだ有名なところで行ってない所もあるのだけれど、ビーチ側に来たからには、ビーチも満喫したいので、明日は自転車を借りれたら借りて、ミーケビーチを上から下まで走ってみたいと思う。

 

次の日>>

<<前の日