【ベトジェット購入方法】カード決済の注意点や、国内線も購入して周遊する方法も詳しく解説

当ブログにはプロモーション(広告)が含まれています

『ベトジェットエア』はベトナムのLCC(ローコストキャリア)になり、ベトナム行きの格安航空券を定期的に販売しているので、ベトナム旅行に興味がある人は気になってる人も多いと思いますが、ネットでは『カードエラーで買えなかった…』という人もちらほら聞くので不安な人も居るんじゃないかな?と思います。

なのでこのページでは、ベトジェットの公式サイトで、航空券の購入方法と注意点、カードエラーになる場合の対処(と原因〈憶測〉)、、、

それと、国内線も購入してベトナムを周遊しちゃう買い方も合わせて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ベトジェット航空券の購入方法

まずは、何はともあれ『ベトジェット公式サイト』を開きます。

 

ベトジェット 購入方法

初めて開くと、うまく日本語翻訳されておらず、上にベトナム語で文字が出る場合があります。

これは「キャンペーンありますよ」みたいなもので、赤い方が「同意」白い方が「後で」という意味です。

どちらを選んでもいいんですが、今回は「後で」を選択して先に進みます。

それと、下にクッキーの同意がでますが、問題なければ各自の判断で「受け入れる」を選択すれば次からは出ません。

 

国際線の購入方法

ここから本題の、購入方法の解説に移ります。

 

ベトジェット 購入方法

  1. 支払いをタブから『JPY(円)』に変更
  2. 往復か片道かを選択(通常は往復がベター)
  3. 出発地と行きの日付、到着地と帰りの日付を決める(適当でいいです)
  4. 最低運賃を検索にチェックを入れる

ここでの選択は上記のとおりです。

 

の日付は、次のページで変更可能なので、ここでは行きたい日&帰りたい日を適当に選択していいです。

ここまで決めたら『フライトを探す』で次のページに行きます。

今回は、福岡空港~ハノイの往復を検索。

 

フライトの日付と料金を確認

ベトジェット 購入方法

2,400円て…汗

前ページで「最低運賃を検索」にチェックを入れてると、選んだ日の周辺の料金も合わせて表示されます。

旅程に余裕があるなら、この時点で選択しなおせば、より安い日にも変更できます。

完売と書いてるやつは、この場合は飛んでない日なので、その場合も料金が書いてる日を選択しなおせばいいです。

そこまで選んだら下記の『次へ進む』で次のページに行きます。

’24年現在ベトナムのノービザ滞在日数は45日以内なので、ビザを取らない場合はその範囲で選ぶ必要があります。

 

グレードを選択

ベトジェット 購入方法

ここで確認するポイントは3か所。

  1. 出発時刻確認
  2. 直行便か乗継か確認
  3. グレードを選択

出発時刻と、便が直行か乗継かを確認したら、グレードを選びます。

選んだら『次へ進む』

 

帰りも選択

ベトジェット 購入方法

行きと帰りのグレードを選択したら、下記に合計金額が表示されます。

運賃(チケット代)の他に、燃油料金などが加算されるので、最終的な金額は3万位になってますね。(それでも十分安いですが…)

確認したら『次へ進む』

今回は、行きはeco、帰りはDeluxeを選択。

 

グレードの詳細

グレードは、『skyBOSS(一番高いやつ)』『Deluxe(受諾荷物20キロ付+a)』『eco(機内持ち込み7キロまで)』の3種類。

 

ザックリ解説すると、

  • 『skyBOSSは、手荷物と受諾荷物の量が多くてゴルフバッグなども持っていける
  • 『Deluxe』は、受諾荷物20キロ付
  • 『eco』は、手荷物7キロ+小さなハンドバッグ等(計2個)

 

今回はDeluxeが安いのでお得ですが、ecoとの価格差が大きい場合は、受諾荷物だけならオプションでつけれるので、場合によってはそちらを利用した方が安くなります。

 

手荷物サイズは?

機内持ち込み可能な手荷物サイズは、上記したように7kg以内で、寸法は56cmx36cmx23cmになってます。

ベトジェット 購入方法

こんな感じ

スーツケースの場合、キャスターも含んだサイズです。

だいたい1泊用機内持ち込みサイズのスーツケースですが、メーカーによって1~2cmの違いがあり、「ベトジェットは規定がかなり厳しい」とよく言われるので、できる限りジャストサイズを選ぶと安心だと思います。

高級スーツケースを安価でレンタルしてる【アールワイレンタル】に、ピッタリサイズがあったので、参考にリンクしておきます。

>>『アールワイレンタル』でスーツケースを検索 /PR

 

その他、手荷物規制に関しては『ベトジェット公式』で確認されてください。

注意①:搭乗者情報を入力

ベトジェット 購入方法

ここがとちりポイント①なので、ちょっと詳しく解説していきます。

 

名前

名前の入力は、書いてある通り「苗字」「名前」の順です。ローマ字表記もパスポートに書いてある通りに入力します。

 

生年月日

生年月日は外国準拠になっており、『日/月/年』で入力です。
(例:1990年6月25日生まれなら→「25/06/1990」という感じ)

 

これは(日本人なら)タブから日本を選択します。

 

電話番号

電話番号は国番号からになってるので、市外局番の0抜きで入力します。
(例:03なら「(国番号)3…」という感じです)

 

メール入力

ここに入力したメアドは、チケット購入後にeチケのpdfが送られてくるメアドです。

 

住所

住所は入力しなくても購入できます。

 

*再チェック

ここで間違うと、後々面倒なので、赤枠で囲ってる所は入念にチェックしましょう。

あとは、こだわりが無ければ乗客の詳細を記憶しておくと後々ラクです。

そしたら『次へ進む』

 

オプションを選択

ベトジェット 購入方法

オプション選択画面では座席選択や、食事・荷物の追加などが選択できます。

座席は「eco」の場合追加料金かかるので、どこでもいい場合は選択しなくていいです。Deluxe以上の場合は追加料金なしで座席が選択できます。

 

*注意②:荷物オプション

ベトジェット 購入方法

注意点②は、受諾手荷物が勝手に追加されてるので、要らない場合は、タブから往路便復路便ともに『結構です』にチェックを入れて、追加料金0円になるか確認します。

特に今回は帰りは『Deluxe』にしているので、購入しなくても(帰りの分は)20キロ受諾荷物有りなんで要りません!

他にも、機内持ち込み手荷物2キロ追加などもあるので、欲しい人はここで追加するといいです。

オプションを選択したら、『次へ進む』

 

注意③:カード決済

ベトジェット 購入方法

ここも最注意ポイント

 

名前入力

ここの名前入力は、さっきと違って、クレジットカードの表記と同じにする必要があります。

  • [下の名前] [苗字](ローマ字)

の順です。

 

住所入力

住所の記入は全部書く必要はないようです。地域名のみで番地等は記入しなくても大丈夫でした。

州の部分は、タブを開くと「NA」というのが出るので、それでいいです。

電話番号は、さっきと同じで、国番号選択して0抜きで記入です。

 

「請求先住所に連絡先住所を使用しますか?」のチェックは入れなくていいです。

 

セキュア—ページ

ベトジェット 購入方法

お使いのクレジットカード会社によると思いますが、カードの不正利用対策のページになったら、カード会社に予め登録したパスワードを入力します。(4桁の暗証番号とは別です)

 

予約完了

ベトジェット 購入方法

この画面が表示されたら予約成功!

 

メール確認:eチケ発行

ベトジェット 購入方法

最後に、登録したメールアドレスにeチケのPDFが送られてきてるので、開いて、プリンターで印刷します。

 

家にプリンターが無い場合は、コンビニでも印刷する方法がありますが、コンビニによって方法が違ったりするようなので、『PDF コンビニ 印刷』などで各自でググられてください。

ベトジェット 購入方法

PDFファイルは5枚分くらいありますが、印刷は、予約情報が書かれてる1枚だけでいいです。

今回のチケットは、福岡~ハノイ往復:約33,000円!

国際線での往復だけなら、これで大丈夫だと思います。

 

補足:eチケは「スマホの画面でもいい」という人も見かけますが、恐らく、暗黙の了解的に行ける感じ?で、(特に)国際線はスマホの画面じゃなくプリントしたものを定めてるようなので、紙で持っておいた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

応用編:国内線の購入方法

ベトジェットでは、まだ福岡~ホーチミンのように直行便が運航して無い地域もあるので、ベトナム国内を移動できるように、国内線の購入方法も解説しておきます。

基本的には、(上記)国際線と買い方はほぼ同じですが、一部注意点があるので、同様な所は飛ばし気味にして、順を追っていきます。

 

国内線の購入方法

ベトジェット 購入方法

最初の画面は、国際線の時と同じです。

出発と到着。日付(適当でいい)等を選択して次の画面に行きます。

今回はハノイ~ホーチミン往復。

 

日付選択

ベトジェット 購入方法

帰りミスるところだった…汗

これも国際線と一緒です。

一番都合がいい日(安い日)を選択して次へ。

(当然ですが、、、)帰国の飛行機に間に合う日程にする必要があります。

 

時間を選択

国内線は国際線と違い便数が多いです。

安いのはだいたい真夜中到着の便だったり…なので、値段との折り合いをつけて、一番都合がいい時間帯を選んでください。

グレードもさっきの国際線と違って「eco」と「Deluxe」の差が大きいので、後述のオプションで受諾荷物だけ追加しようと思います。

 

それと上記と被りますが、帰国の便に間に合うように帰ってこないといけないので、

例えば今回の場合、帰国便が25日深夜2時出発なので、(ベトジェットの遅延の多さも鑑みて)24日の夕方ごろにはハノイに戻ってくるようにしてます。

 

搭乗者登録

搭乗者登録は、国際線の時と同じです。

間違わないよう「苗字 名前」の順で記入です。

 

オプション選択

ベトジェット 購入方法

選択方法は、上述した国際線の時と同じですが、受諾荷物の料金が違いますね。

  • 国際線+3,500円(20kg)
  • 国内線+1,200円(20kg)

って感じになってます。

なので、前述のグレード選択の際に、受諾荷物付けたいだけなら、国内線の場合『Deluxe』にするよりオプションでこれだけ付けた方が安いです。

 

カード決済入力

これも国際線の時と同じです。

ミスらないように、カードに書かれてる通りに入力します。

 

予約完了

ベトジェット 購入方法

予約出来たら、(上記)国際線の時と同じように、メールからPDFファイルのeチケをプリントアウトしたら完了です!

 

ハノイ~ホーチミン往復で約22,000円なので、

上記と合わせて…

合計:55,000円で、ハノイ+ホーチミン旅行できちゃう!

 

ベトジェット予約時に気になるポイント

ベトジェットの予約で気になる点をまとめます。

 

会員登録は?

ベトジェットのチケットは会員登録しなくても購入できました。

 

カード決済でエラーが出る場合の対処(と原因)

カード決済でエラーが出る場合は、カードを変えるとか、ブラウザ(chrome→firefox等)を変更してみると、できたりする事があるようです。

エラーが出る原因は、こちらでは完全には分からないのですが、予約画面で数分間放置しているとセッションアウト(時間切れ)になる事があったので、もしかすると、登録等で手間取って、時間がかかりすぎてエラーになってる可能性もあるんじゃないかな?って思ったりしてます。(山勘ですが…)

 

なので、初めての時は特に登録になれていないと手間取ったり、慌ててミスったりするのも嫌なので、一発で決めようとせずに、搭乗者登録の所まで進めて、間違いないか確認したら「乗客詳細を記憶」して再度トップ画面に戻ってやり直せば、次は登録部分が省けるので、スムーズに進めれると思います。

 

ベトジェット購入方法:まとめ

ベトジェットのチケット購入方法は以上です。

ベトジェットでの購入は、海外旅行に慣れてる人には記入も問題ないと思いますが、海外準拠の日本とは反対記入があるので慣れてない人は注意が必要ですね。

特に注意点は、搭乗者登録の記入は『苗字 名前』なのに対し、支払いカード記入欄は『名前 苗字』だったりするので、騙されないようにしっかりチェックした方がいいです。

 

支払い登録も(私は大丈夫でしたが)、カードエラートラブルも聞くことも多く、サイトも日本語翻訳が一部できてない所があったりして、ミスった場合のやり取りも多少不安感がありますね…

なので、海外旅行に慣れてない人や、たまの旅行でトラブル・失敗を避けたい人は、格安航空券総合検索サイトの『エアトリ』だと完全日本語対応なので、安心感は高いと思います。

 

エアトリだと手数料があるのでやや高くなったりしますが、とはいえ、前回のダナン旅行は、往復約4万円台だったり、、、ベトジェット以外の格安航空券(香港往復2万ポッキリなど…)も見つかったり、、、

更には、ポイントも付与されるので、便によっては手数料を鑑みても差ほど高くない事もあるので、格安航空券出てないか、定期的に検索する事をお勧めします!

 

ベトジェットの機内の様子や空港でのやり取りは、前回のハノイ経由でダナンに行った際に書いたものをリンクしておくので、興味があればそちらも読まれてみて下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました