香港マックの巨大タッチパネル操作方法。セルフ購入マシンの使い方。

香港旅行情報

香港の物価は日本とそれほど変わらないので、食事もそんなに安くないのですが、なぜかマクドナルド(マック)だけはやや安く、しかも妙においしいので、何度もお世話になりました。

香港マックの主流なのか、ドデカいタッチパネルのセルフマシンを使って注文することになるのですが、当然日本語ではないので、何度も失敗して後ろのお客さんに迷惑をおかけしてしまいました…
(旅の恥はかき捨てとはいえ、非常に申し訳ない。><)

今回は、香港のマクドナルドのタッチパネルで、カードを使って注文する方法(使い方)を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

マックのセルフマシン

香港のマックではこのタッチパネル式注文が主流なのか、滞在場所になった香港島・銅羅湾駅(コーズウェイベイ駅)近郊のマックと、アウトレットのある中港城内のマック2か所に行きましたが、どちらもこのマシンが設置してあり、みんなまずこの機械で注文していました。

支払い方法は、注文後受け取り時にカウンターで支払う方法と、カードでの支払いが選べますが、今回試した方法は、現金を使わず購入できる、カードを使った購入方法になります。

 

私は、海外プリカのマネパカード(マスターカード系)で購入したのですが、引き落としはチャージしておいた香港ドル(HKD)からだったので、クレジットカードで購入した場合も、HKDでの決済になると思います。

 

タッチパネルの操作方法

 

購入までの大まかな流れ

 

  1. 表示言語を選ぶ
  2. 食事方法を選ぶ
  3. 支払い方法を選択
  4. 商品を選ぶ
  5. カードの種類を選択
  6. カウンターで商品受け取り

 

成功するとレシートが出てくるので、カード払いなら、あとは受け取りカウンターに行き、商品を受け取るだけです。

 

では、写真付きで順番に解説していきます。

 

テイクアウトかイートインを選ぶ

画面をタッチして、まずは表示言語を英語か中国語か選びます。

中国語も漢字なんでなんとなくわかったりしますが、英語のほうが無難ですかね・・・

そしたら、テイクアウト(持ち帰り)か、イートイン(食べていく)かを選択します。

 

支払い方法の選択

香港マック

「How would you like to pay?」と表示されたら、「Pay here(カード払い)」か、「Pay Cash at Pick Up Counter(現金払い)」かを選択します。

 

支払いに対応しているカードは、定番のマスターカードやVISA、JCB等の主要なカードには対応しているみたい。

 

今回、現金払いは試してないのですが、商品を選んだ後に出てくるレシートをもって、支払いカウンターに行くスタイルなんだと思います。

 

商品を選ぶ

香港マック

支払い方法を選んだら、商品を選んでいきます。

画面の左の列から、商品カテゴリーを選び、写真から商品を選んでいきます。

 

一品づつ選ぶ事も出来ますが、よくわからなければ(私の事です…)、カテゴリーから「エクストラバリュー」を選べば、バーガー&サイドメニュー&ドリンクがあらかじめセットになっているので、迷う事もなく、料金も更にお得です!

 

 

 

 

 

 

香港マック

追加メニューがいらなければ、右下の「No add on」を選ぶ。

 

香港マック

よければ「Add to order」

 

香港マック

全部決まったら右下の「Done」

 

香港マック

 

「Table Servise」「I’ll collect myself」か選べます。

テーブルサービスを選んだら、レストランみたいにテーブルに持ってきてくれるのでしょうか?・・・

よくわからないので、自前受け取りの「マイセルフ」を選択♪

 

支払い方法の選択

香港マック

カード払いにした場合は、ここでカードの種類を選択します。

VISAやMASTERCARD(マネパも)での支払いなら、「CREDIT CARD」になります。

 

タッチパネルの下に設置してある機械にカードを差し込んでPIN(暗証番号)を入力。

 

機械の横にも「シュッ」とやってカードを通す部分があるのですが、そこではなく、真下にある差し込み部分に差し込むのが正しいです。(ここで何回も間違えて失敗したのはナイショ)

 

香港マック

ちなみに失敗するとこんな画面が出ます。

ここで「YES」を選べば、カウンターでの現金払いになるんじゃないかと思います。

 

カウンターで商品を受け取る

香港マック

 

成功したら、待ち受け番号が記載されたレシートが発行されます。

 

香港マック

 

あとは、受け取りカウンターの上に表示されていく番号を確認して、自分の番号が表示されたら受け取るだけです!

 

まとめ

香港マック

香港の中華料理は本場で凄くおいしい!のですが、

いかんせん料金が安くはないので、私のような貧乏節約旅行では、毎食はちょっと勿体ない。

その点マックならドリンクも付いてて、400円位で食べられるので安くて(香港では)、しかもおいしい!(子供なんかは”本場の味”より、こっちの方が気に入るかも・・・)

支払いはカードも使えるので、現金を減らすことなく、ちょっとのどが渇いた時なんかに、ドリンクだけ買ったりできて、超便利!

香港マック

 

マックは日本にもあるけれど、海外の味って少し違ったりするので、興味があったら行ってみてください。