ホイアンの見どころギュッと凝縮!アナメゾンの格安ホイアンツアーに参加してみた!

ダナン方面

ベトナムのツアーでは毎度シンツーリストにお世話になっているのですが、今回は都合が合わずシンツーリストではホイアンツアーに行けなかったので、宿泊先の『アナメゾンホテル』の提供している格安の2500円で行ける”夜だけホイアンツアー!(勝手に命名)に参加してみました。

 

 

ダナンのホテルを夕方4時に出て夜9時までの短時間ツアーですが、五行山(マーブルマウンテン)で寺院を見た後に、ホイアンでは日本橋(来遠橋)から、ホイアン・ナイトマーケットにてディナーと自由時間まであり、十分満足のいくツアーになってます。

 



 

スポンサーリンク

五行山・ホイアンツアーの手続き

なにはともあれ、手続きをしなければ何も始まりませんから、カウンターにてツアーの手続きをしましょう。

今回『アナメゾンホテル』で参加した「五行山・ホイアンツアー」は、往復の移動代から五行山の入場料、ホイアンでの夜食も全て込み”500kドン(約2500円)”なので、かなりお得な料金になってます。

 

ツアー時間は「16:00~21:00(実時間21:30)まで」の約5時間と、夜のみのツアーで夜食もついてるので、ミーケビーチで夕方まで遊んだ後にも気軽に参加できます。

 

まずは五行山へ

 

今回のツアーのメインは夜のホイアンになりますが、近くにある五行山も通り道にあり、ついでに(とっいってはなんですが)立ち寄ります。

五行山も個人で行くと入場料やエレベーター料金が別途かかりますが、ツアー料金にこの分も含まれているので安心です。

 

 

この五行山は、天然の大理石でできていて、現地では「マーブル・マウンテン」とも呼ばれており、天然の大理石なので、パワースポットにもなっていたり、「あの孫悟空が閉じ込められた」という言い伝えがあったり等々、興味深い場所になってます。

 

石造彫刻がすごい!お土産屋さん

 

ミーケビーチから五行山へはそれほど離れておらず、バスで約15分程度で到着します。

 

 

到着すると先に20分ほど、お土産屋さんに立ち寄ることになります。

店員さんが売り込んでくるタイプじゃないので、苦手な人も安心!

 

 

普通のお椀のような買えそうなものから…

 

白バックで映える?

 

大理石のダイニングセットといった、買えそうにないものまで!

 

軽めの五行山散策

 

五行山(マーブルマウンテン)は山のあちこちにお寺や仏像が点在しており、全て見ようと思うと結構広く、相応の時間がかかり、頂上までの道には軽くロッククライミングな個所もあって、軽い気持ちで来ると結構危険な場所もあるのですが、今回のツアーでは中腹までエレベーターを使い、奥まで回らずに数か所回るだけなので安心です。

 

しっかり見たい方は個人で来る方がいいですが、ツアーでは要所ごとにガイドさんの英語で解説してくださるので、五行山の歴史を知ることができます。

 

ここのガイドさんがとにかく親切な方で、先に英語がわからないという事を伝えていたため、皆さんに解説した後グーグル翻訳を使って、わざわざもう一度私だけのために解説していただけ、いっそう有意義なツアーになりました。(こういった人との触れ合いが旅の醍醐味!)

 

ツアーでは中腹までエレベーターなのでサンダルでも大丈夫!

 

 

ガイドさんが、要所ごとに解説してくれます。

 

五行山は約1時間ほどで終了。

 

ホイアンへ

ホイアンはベトナム中部に位置し、ダナンよりやや南で、五行山から凡そ40分程度でホイアンに到着します。

 

 

ここでの目的地のホイアン・ナイトマーケットまでは、旧市街を歩き、日本橋(来遠橋)などの観光名所を巡りつつ向かいます。

ホイアン旧市街は、1999年に世界文化遺産に登録されており、その古風な街並みは、ダナンのネオン輝くビーチサイドとは打って変わり、暖かなランタンの燈火が、昔の日本にも似た懐かしさも感じ、感傷に浸ってしまいます。

ツアーで通るこの一帯も観光客で賑わっており、道も入り組んでいるので、風景に見とれすぎて、ガイドさんを見失わないように注意していきましょう!

 

日本橋を渡り、ホイアンナイトマーケットまで

情緒のあるランタンの飾られた通りを抜け…

 

トゥボン川沿いを行き…

 

「これが例の日本橋か!?」と思ったら、違いました…

 

なんか、異様に人気のある美味しそうなアイスクリーム屋さん発見!!

でも、もうすぐディナーなんでおあずけ・・・

 

グエントゥオン ファミリーチャペル

ホイアンにはフーンフンの家や、陳祠堂 (チャン家の祠堂)等の旧家や寺院が多くありますが、このツアーでは『グエン トゥオン ファミリー チャペル(Nguyen Tuong Family Chapel)』に寄っていきました。

 

ネットにも情報がほぼ載ってないので、ガイドさんの解説は貴重です!

 

お土産コーナーでは干支に関するお土産も販売しており、欧米のお客さんたちには珍しいようで興味津々です。

ただ、日本の干支とはちょっと違ったので、日本人でもお土産に面白いかも!

 

これが日本橋

こっちが本物の日本橋(来遠橋)!

 

ホイアン、日本橋

 

 

日本橋は鑑賞するだけでなく、実際に通る事ができます。

 

 

超メジャースポットなので、中は人でごった返してますね・・・

 

 

ツアーなので中でゆっくり立ち止まることは出来ませんが、橋を渡ってすぐベストスポットにて撮影タイムもしっかり設けてあるので安心です。

 



 

ホイアン・ナイトマーケットでディナーと自由時間

先ほど、「日本橋と間違えた橋を反対に渡ると、目的地『ホイアン・ナイトマーケット』に着きます。

 

ナイトマーケットにつくとまずディナーになります。

食後には1時間の自由時間が設けてあるので、ナイトマーケットでのお買い物や写真撮影を楽しむことができます。

ナイトマーケットの露店では、かわいい巾着やカゴバックといったベトナムらしい物から、ホイアンの風景やランタンの描かれたマグネット等も販売されているほか、店先に綺麗に飾られたランタンもここで買ったり、撮影したりすることができます。

 

ディナーはホイアン名物カオラウ(Cao Lau)!

ホイアン名物のカオラウを出してもらえる、ベトナムレストランでディナーを頂きます。

カオラウの発祥は日本のうどんと言われていて、うどんに似たやや太めの生めんですが、味は日本のうどんともベトナム名物のフォーなどともまた違っていますが、美味しいのでホイアンに来たら、ぜひ食べてみるべき!

 

料金も安く、清潔感のあるお店で、中は大勢のお客さんで賑わってます。

 

綺麗な店内は好印象!

 

名物カオラウ!

 

フォーとは違い、カオラウはうどんのような太麺。

 

お肉と野菜が一緒に乗ったプレートライス。

 

魚醤をかけたらよりおいしい!

 

ドリ〇ス? 上のトマトソースがすごく美味しかった!

 

今回立ち寄ったべトナム料理店(Quán ăn Cường)は、ホイアンナイトマーケットの通りにあり、グーグルマップ上の評価でも評判は上々のお店のようです。

今回のディナーの代金はツアーに全部含まれてますが、料金もお手頃ですごくおいしいので個人で行った場合でもおすすめですよ。

 

ホイアン・ナイトマーケットでお買い物

食後はホイアンナイトマーケットにてお買い物タイムです。

 

商品に定価があるのが常識となっている日本人には中々なじめませんが、基本的にベトナムの露店での買い物は殆ど言い値になっていて、交渉すると大体相手は渋い顔(演技でしょ!)をしますが、2~3割程度なら普通に引いてもらえることが通例です。

提示された金額にこちらも渋い顔で応戦し、恥ずかしがらずに値引き交渉しましょう!

 

交渉は、相手も英語が流暢でないことも多いので、電卓片手に数字を見せ合うほうがわかりやすく、桁を間違う事もなく交渉もスムーズにいきやすいです。

カゴバッグやプラカゴバッグ等のほかに、お土産にも丁度いい可愛い巾着や、ホイアンらしいランタンの描かれたマグネットも販売してます。

 

 

カゴバック系は、ダナンでも「ハン市場」などで買えたりするので、ホイアンらしいものが欲しい!

 

ランタン撮影のベストスポット!

 

ホイアン旧市街ではあちこちでランタンを見る事ができますが、ホイアン・ナイトマーケットでは特に色とりどりのランタンが飾られているのでここで撮影するのがベストだと思います。

 

ランタンの撮影場所(ベストスポット)に迷ったら、ホイアン・ナイトマーケットに行くといいよ!

 

ただ飾ってるだけで名はなく、商品なので購入する事もできます。

大きいのはちょっと無理だけれど、手のひらサイズ位の小さい物もあったりするので、気に入ったデザインを探すのも楽しい!

 

まとめ

 

ダナンのリゾート感から少し足を延ばしてホイアンまで行けば、街道に飾られたランタンにはどこか懐かしさを感じ「父が健在の時に家族みんなできたかったなぁ」と一人しみじみ思い出に浸ってしまいました。

今回のツアー代金50万ドン(約2500円)には、五行山での入場料(エレベーター含む:約500円)から、ディナー代(約500円)まで”全て込み”となっているので、ツアー代は実質1500円!?と超お得!

ガイドさんもこれ以上ない親切な方で、夜だけの短い時間でしたが、すごく楽しいホイアンツアーになりました。

 

「日本語ガイド付きがいいよ!」と言う方は、世界中のオプショナルツアー満載なタビナカに「日本語ガイド付きのダナン発ホイアンツアー」があるようなので、下記を参考にして料金なんかも比べてみて下さい。

>>全ツアーが日本語ガイド付き!タビナカのホイアンツアーを見に行く♪

>>その他、ダナンの人気ツアー一覧はこちら♪



 

今回私がツアーに参加した『アナメゾンホテル』は、朝食付きで、屋上プールも付いていて、今話題の「ミーケビーチすぐそば」立地も最高!なのに、料金はすごくリーズナブル!!!

従業員の方もフレンドリーで明るく、楽しいダナン旅行ができました。

興味があれば、下記ホテルレビューも合わせてどうぞ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました