ホイアンの必見スポット!ホイアン インプレッション テーマパーク:お得なチケット購入方法から中の様子まで紹介

ベトナム
ページ内にプロモーション(広告)が含まれております。



ホイアン旧市街のすぐそばにある『ホイアン インプレッション テーマパーク(Hoi An Impression Theme Park)に行ってみました。

旧市街から徒歩でもラクに行けちゃう距離なので、ホイアン旧市街観光と合わせて行くにも最適なんですが、、、

グーグルマップで見ても、敷地内にホテルがあったり、ネットで調べても、「ショーが素敵♪」みたいな感じで、、、入り方は?とか、何時でも入れる?とか、結局何が楽しめるのかサッパリ?なので、実際に行って確かめるしかない!と、潜入調査してきました(笑)

要点を先に言うと、「テーマパークって事は乗り物とかあるのかな?」とか思いましたが、、ジェットコースターのようなアトラクション類は一切なく、ホイアンの伝統的な街並みや文化のほか、中国や日本(ポイ…)を表現した施設となっており、各テーマに沿ったダンスや演劇が見れる場所でした。

…そう言ってしまうと大したことない施設に聞こえてしまいますが、ベトナム美女の演者さん(*注:男性もいます・・・)によるダンスや劇は本格的で、

特に、メインの『ホイアン メモリーズショー』は、壮大な舞台に、光による特殊効果と、ベトナム伝統音楽の音色が幻想的な雰囲気を醸し出しており、出演者ウン百名規模によるショーはド迫力で、見ごたえ抜群でした!!

冒頭の白アオザイベトナム美女のジョジョ立ち(違)大行進シーンは必見!

ホイアン インプレッションテーマパーク

という事で、

『ホイアン インプレッションテーマパーク』がどんな場所か気になる人の参考になるように、場所や料金、園内の様子と、メインの『メモリーズ』ショーまでの流れを紹介します。

 

スポンサーリンク

ホイアン インプレッションテーマパーク:概要

『ホイアン インプレッションテーマパーク』は、世界遺産にも登録された街のホイアン旧市街のすぐそばにあるテーマパークです。

アクセス方法は、北側の橋(「ムーンライトブリッジ」徒歩専用)か、南側の車両用の橋からになり、営業時間外は渡れません。*中に併設されたホテル滞在者は可能だと思います

島の南北にある橋からアクセス。

 

チケット購入場所&料金は?

ホイアン インプレッションテーマパーク

入場料金は、入場のみチケットと、メモリーズショー込みチケットになっており、メモリーズショーは、席のグレードで料金が変わります。

入場のみ:100,000ドン(大人・子供共通)
メモリーズショー込み:(大人)60万ドン・75万ドン・120万ドン:(子供)15万ドン・30万ドン・60万ドン

*「入場のみ」でも「ミニショー」は楽しめます。

 

当日券をその場で買う場合は、上記マップの橋の入り口に設置してあるチケットカウンターで購入できます。

、、、

この時、円⇔ドンのレートが約165と円安だったのも影響して、60万ドンチケットでも3,600円になりますが、海外現地ツアーなどを格安予約できる『KKDAY』に、当日有効の入場チケットが約3,100円で提供されていたので、開園の1時間くらい前にそちらで購入しました。

ホイアン インプレッションテーマパーク

 

使い方は簡単で、購入後、予約完了できたら、バウチャー(予約証明書)をスマホ画面越しにチケットカウンターで見せるだけ!

『KKDAY』の予約ページを下記にリンクしておくので、興味があればチェックされてください。

営業時間は?

「ホイアン インプレッションテーマパーク」の営業時間は、開園16:00~閉園22:00になってます。

ミニショーは17時~なので、全部見たい方は、それまでに入場できるように向かいましょう。

メインの『ホイアン メモリーズ20時(夜8時)~ 終了は約21時です。

橋の閉鎖は22時で、閉園と同時に閉鎖されます。

 

スポンサーリンク

『ホイアン インプレッションテーマパーク』に潜入

旧市街から徒歩で向かっていきます。

 

旧市街から徒歩で行く場合は、トゥポン川沿いを「ムーンライトブリッジ」方面に真っすぐ歩いていくと見つかります。

昼間の道中は、裏道っぽくて車両の通行も少なく、静かな道ですが、通りには飲食店もあり、治安的な心配は全くなかったです。(そもそもベトナムの治安がかなりいい)

チケットカウンターは橋の入口にあります。

受付は開園と同じ夕方4時ごろ開きます。

 

ちなみに南側の入口。こちらは送迎(車)で向かう人用ですが、歩道もあったので、車だけでなく徒歩でもアクセスできそうです。(未確認)

ホイアン インプレッションテーマパーク

島の南側の橋

 

中の様子

開園(4時)時間になったので、橋を渡って、さっそく中に入っていきます!

ホイアン インプレッションテーマパーク

メモリーズショー込みチケットを購入した場合、入場券と「メモリーズショー」の券は共通なのでなくさないように!

 

橋を渡ったら、まずはパークの入口に向かいます。ホテルも併設されていて、そちら側へは滞在者以外は入れないように、警備の方が立ってました。

この入口のそばに、南側の橋から向かう人(送迎)用の入口があります。

ホイアン インプレッションテーマパーク

行きを徒歩で来た人も、帰りは車で帰りたい場合は有料ですが、ここから利用できるようです。

 

ホイアン インプレッションテーマパーク

園内マップ

園内マップはこんな感じ。

黄色で囲った「パーク内」以外見るところないです。

この中の至る所でミニショーが行われてます。

ミニショーのスケジュールは、入口そばに書き出されているので、チェックしておきましょう!

ホイアン インプレッションテーマパーク

ミニショーのスケジュールが書いてある。(ベトナム語と英語)

ちなみに↑は私が行った時のスケジュール。

時間が2個書いてあるやつは、2回公演されるやつです。

一番最初の17時からのショーは、入口で公演される”ウェルカムショー”的なやつからスタート!

 

パーク内を散策

開園すぐの16時から入ると、ミニショー開始の17時まで1時間あるので、それまでちょっと中を散策してみます。

お土産屋さんは敷地内に複数あり、定番のTシャツや、帽子、マグカップ、ステッカーなどがありました。

パーク内は各テーマに沿った街を表現してあり、ベトナムの伝統的な町並みや建物だけでなく、中国、日本(ポイ)ものなどありました。

飲食スペースはいくつかあり、屋台が多く出店してありました。

あと、アトラクション(遊具)とかは無いです・・・

 

演者さんがレストランで寛いでたり、自撮りってたり、、、某ネズミーさんランドとかの徹底されたテーマパークでは絶対見れないユルさもウリの一つか?!

 

ホイアン インプレッションテーマパーク

奥まで行くと、「ホイアン メモリーズ」の会場があります。

散策し終えたら、ミニショーを見学しに入口まで戻ります。

 

’ミニ’ と侮るなかれ!ハイクオリティな『ミニショー』

17時から各ポイントで行われる「ミニショー」も「ホイアンインプレッションテーマパーク」の見どころの一つ!

ミニショーは、入場チケットだけで楽しむことができます。

「ミニショー」とはいえ、劇やダンスはかなり本格的で、カッコいいものから、チョット笑えるものなどもあり、ステージとお客の場所が近いので、”ベトナム美女の演舞”が超~目の前で見れて、目の保養・・・大迫力で楽しめます!!

この時ちょうどハロウィーンで、限定ショーもやってました。

ヤバい位の本気度(というかガチ怖っ)で、隣で見てた男の子が、お姉ちゃんにピッタリしがみついてた(笑)

 

他にもミニショーは次から次に行われているので、全て見たい人は、入口にスケジュールがあるので、事前にチェックしておくと安心です。

とはいえ、オペレーターさんが案内して回ってるので、着いて行けば、見逃さずに済むと思います。

 

ミニショーを全部見終えるとだいたい19時で、メインの「メモリーズショー」は20時~なので、約1時間ほど時間があいてます。

屋台は中央の辺り、「ムーンライトブリッジ」がきれいに見える場所は、メモリーズ会場のそば。

 

圧倒的スケールの「ホイアン メモリーズ」ショー!

『ホイアン インプレッション テーマパーク』の最大の目玉は、何といっても『ホイアンメモリーズ』です!!

時間は20時~21時までの1時間のショーとなってます。

 

入園の際に渡されたチケットで席のグレードが分かるので、受付の人に見せると、入口に案内されます。同じグレードなら席は早い者勝ちで、入場は30分ほど前から開始されてるので、いい席で見たいなら早めに行くことが望ましいです。

 

 

舞台は、港町として繁栄したホイアンの当時の街並みを再現?した巨大なセットになっており、当時のホイアンの文化などを感じることができます。

 

ショー開始!

ショーは、ホイアンの歴史を5つの章だてで構成しているようです。

ストーリーは”さっぱり?”ですが、、、照明や特殊効果に合わせて、数百名規模の出演者による圧倒的パフォーマンスは、臨場感抜群で見るだけでも楽しめます!!

アオザイベトナム美女のジョジョ立ち(シツコイ)行進はとにかく必見!

シーンごとに異なる華麗な衣装を身にまとい、ベトナムの伝統的な踊りや武術なども取り入れられており、広々としたステージを大きく使ったパフォーマンスは見応え十分です!!

”あっ”という間の1時間だった・・・

調査完了!

ホイアン インプレッションテーマパーク

橋渡って帰ります。。

ショーの終了は21時で閉演は22時なので、1時間ほど余裕があります。

が、ゆっくり飲食するほどの時間はない感じです。
私は、行きと同様「ムーンライトブリッジ」渡って旧市街方面まで戻り、GRABでタクシーを呼びましたが、上述した南側入口でも送迎を手配してもらえるようです。(英語力皆無・・・(汗)なので、グーグル翻訳を使って聞きました。)

 

『ホイアン インプレッション テーマパーク』:まとめ

ホイアン インプレッションテーマパーク

「ムーンライトブリッジ」から眺めるホイアン旧市街(世界遺産)は”おつ”!

『ホイアン インプレッションテーマパーク』は、ベトナムの伝統的な建物などが再現されており、園内全体でベトナムの歴史や文化を体感できるテーマパークでした。

施設はまだ何もないところがあったり、開発途中感は拭えませんが、5時から行われてる『ミニショー』は、”ミニ”と言うには十分以上のクオリティーで楽しむことができ、

メインの『ホイアン メモリーズ』は予想以上に大迫力で、特に白アオザイ女性の大行進は印象的で、これだけのために行っても損はないと思います!

ただ、乗り物などはないので、子供には退屈かもしれませんが、カップルデートプランなんかにはいいんじゃないかな?と思います。

場所は、『ホイアン旧市街』から徒歩でもアクセス可能で、島の南側の入口には車両入り口もあるので、距離があるならそちらを利用するといいかと思います。

料金は、入場だけなら10万ドン(約600円)とリーズナブルで、「ミニショー」は全て楽しむことができます。

でもどうせなら「メモリーズ」ショーまで見る事をお勧めします!

ただ、チケット料金が、60万ドン(約3,600円)~120万ドン(約7200円)となっていて、円安もあいまって、現地価格としてはそこそこいいお値段なので、オサイフと相談して選ばれるといいと思います。

私はビンボ…プチプラ旅行がモットーなので、一番安いeco席にしましたが、席は前の方なので、逆に迫力もあり十分に楽しめました!

チケットの購入は「チケットカウンター」でも購入できますが、、、

現地ツアーやチケット予約ができる『KKDAY』に当日有効チケットが現地価格より安く販売されていたので、「絶対行く!」と決めてるなら、事前購入すると多少安くなるのでお得ですよ♪

メインの「ホイアン メモリーズ」を鑑賞すると、夜9時過ぎになってしまい、旧市街のナイトマーケットを楽しむ時間がなくなってしまいますが、ホイアン旧市街に2泊以上滞在なら、ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

どーでもいい補足、、、

ここの施設の名称が、ネットで調べると『ホイアン インプレッション テーマパーク』となってるけど、施設には『ホイアン メモリーズ ランド』と書いてて、いったいどっちなんだ??

 

『KKDAY』の予約ページを下記にリンクしておくので、興味があればチェックされてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました