モヤクオリティのハノイ動物園。近代クオリティのロッテセンターハノイを訪ねて・・・

ハノイ
スポンサーリンク

ベトナム・ハノイのメジャー観光スポット、ホアンキエム湖からタクシーで15分ほどの場所にある『ハノイ動物園(トゥーレ公園)』に行ってきました。

正直「短期の旅行ならわざわざ訪れるほどの動物園では無いかな…」というのがホンネですが、乗るにはチョット勇気がいる遊具などの発展途上アジアっぽい”モヤクオリティ”は逆に楽しめるかも!?

 

ただ、全く期待外れというわけでもなく、普通の日は混雑もしておらず公園感覚で立ち寄れば、落ち着いた雰囲気のなか、大人でも入園料10kd(約50円)と超~破格の値段で、ぞうなどのメジャー動物も楽しむ事ができます。

すぐ近くには『ロッテセンターハノイ』もあり、こちらはハノイで2番目の高さを誇る近代建造物となっていて、マーケットやレストラン、屋上には夜景が綺麗(らしい)ルーフトップバーもあるので、お昼はハノイ動物園で”モヤクオリティ”を堪能して、夕方はロッテセンターの”近代クオリティ”で一息つくのがおすすめです!

 

ということで今回は、ホアンキエム湖からもそれほど遠くない、アジアカオス近代クオリティを同時に楽しめる!?『ハノイ動物園(トゥーレ公園)』『ロッテセンター・ハノイ』へ行った様子をお届けします。

スポンサーリンク

ホアンキエム湖からハノイ動物園へ

ホアンキエム湖からハノイ動物園には、徒歩ではやや距離があるのでタクシーで向かうのがベターです。

 

私は配車アプリの『Grab』で向かったのですが、、「ついでに近辺を少し街ぶらしよう!」と下車ポイントをハノイ動物園のチョット手前付近で適当に決めていたため、タクシードライバーさんが変に気を利かせてくれて、手前にある中国工商銀行(ICBC)の入り口前まで送り届けてくれましたw

まったく違うところで降ろされましたが、お散歩気分でここから歩いてハノイ動物園入口を目指します。

 

ハノイ動物園のあるキンマー通りは日系企業も多いので、ビジネスマンか何かと勘違いされたのかも??

 

この辺は近代的で綺麗な建物も多く、通りには美味しそうなパン屋さんなどもありました。

そのまま湖に沿ってハノイ動物園の入り口を目指します!

 

向かったルート↓

ハノイ動物園

チケット売り場

普通の日だったからか、休憩時間だったのか、チケット売り場のお母さんが外で休憩されていて、この辺からもうすでにアジアクオリティの香りが!

誰もいない・・・

チケットは大人でも1万ドン(50円)と格安!

 

まだ動くのかもアヤシイ遊具が・・・

ハノイ動物園にはちょっとした遊園地も一緒になっていて、幼少期に見た記憶のある遊具が今も現役で動いてる様子・・・

 

 

実際に使ってたやつの引き払い品か!?

 

水上で遊ぶウォーターボールのやつ?もあり、子供連れの欧米の観光客が楽しんでました。

スポンサーリンク

モンキーゾーン

まずは、橋を渡り、中央のおさるさんエリアへ。

いくつも柵が並んでいるのですが、ここはおさるさんばっかり。

 

バードゾーン

そのまま道なりに進んで、ちょっとした広場を抜け、バードエリアへ!

バードゾーンをさらに奥に進むと、トイレのそばには、またもや本当に動くのかアヤシイ遊具が!

 

バードゾーンだけに、閑古鳥も鳴いている!…(ぇ
スポンサーリンク

メジャー動物ゾーン

北側に向かうと動物ゾーン。

ここでは、鹿やクマ、像さんなどのメジャーな動物を楽しめます。

鹿的なやつ?

また入口へ

 

正直な話、、凝った展示などはされてないので、一通り見て回るだけなら、所要時間はせいぜい1時間もあればいいかな?といった所です。

とはいえ、園内は湖や木々も生い茂っていることもあり、木漏れ日が心地よく、真夏のハノイの猛暑のお昼でも気持ち良く過ごせました!

ただ訪れたのが、金曜と普通の日だったためか、数名の観光客とすれ違った程度で、見やすい反面、遊具も稼動しておらず、一人旅の私は普通に動物をみるだけの寂しい感じでしたが、休日なら地元の人たちももっといれば遊具も稼働して、もっと賑やかなんじゃないかな?と思います。

Infomation:
名称:Cong Vien Thu Le(ハノイ動物園、トゥーレ公園)
料金:大人1万ドン(約50円) ・ 子供5000ドン(約25円)
住所:32 Thu Le Q. Ba Dinh, Ha Noi
電話:+84 24 3834 7395営業時間:7時~22時

 

ひときわ高いので、ハノイ動物園からも見える

さて、歩き疲れたので、次の目的地の『ロッテセンター・ハノイ』に向かいます!

ロッテ センター ハノイ

 

 

 

ロッテセンターは先ほどのハノイ動物園とは打って変わり、急に近代クオリティ

最上階にはルーフトップバーもあり、夜にはハノイの夜景が一望できるみたい。

 

ロッテセンターの中の様子

 

店内は綺麗なデパートで、メーカー衣類なども販売されているのですが、当然定価販売で、それが普通なのに、長期間ベトナムにいると高く感じてしまう…

 

美味しそうなおまんじゅうを後に、「ロッテだからロッテリア!」と安易な発想で、ロッテリアに行くことに。

 

ロッテリアで食事

 

注文したのは、「WOWバーガー・チーズスティック・プリンミルクティー」で、料金:8万d(約400円)

実は激うま!WOWバーガー!

適当に注文した「WOWバーガー」が思いのほか激うまで、テリヤキっぽいけれど、もっとおいしい!

プリンミルクティーの甘さも疲れた体に最高!

スポンサーリンク

ロッテマートでお買い物

ロッテマートは想像通りの普通のスーパーと思って間違いないです。

取り扱ってる商品は、日用品からちょっとしたお土産品まで揃ってます。

先進国クオリティの商品は、値段も日本価格とあまり変わらない感じですが、食料品などはベトナム価格のお惣菜も売っているので、節約プチプラ旅行にも最適!!

 

ベトナムのスーパーで買える、おすすめスパイスです。あわせてどうぞ!↓

 

Infomation:
名称:ロッテ センター ハノイ
住所:54 Lieu Giai, Ba Dinh, Hanoi
電話:+84 24 3333 6000

ロッテセンターからタクシーでホアンキエム湖へ

気が付いたらもう夜・・・

お昼からハノイ動物園に行き、夕方からロッテセンターでショッピングや食事を楽しんでいたら、もう夜になってしまっていました。

 

ホテルのあるホアンキエム湖に戻るため、行きと同様『Grab』でタクシーを呼んでも良かったのですが、ロッテセンターの前には次々とタクシーが入ってきており、ベトナムでも安全と言われているタクシー会社の『Taxi Groupe』が停泊していたので、それに乗ってホアンキエム湖まで戻ってみました。

 

『Taxi Groupe』のタクシー料金と『Grab』のタクシー料金の差

ちなみに、ロッテセンターハノイからホアンキエム湖までにかかったタクシー料金は8万d(400円)で、同じルートを『Grab』で検索してみたのですが、5千d(25円)ほどGrabの方が安かったですが、大差はありませんでした。

 

↓配車アプリグラブの設定から使用方法まで解説してます!

「ハノイ動物園」と「ロッテセンター」のまとめ

昼は『ハノイ動物園(トゥーレ公園)』で丁度いいモヤクオリティを堪能して、一通り楽しんだら、近代クオリティ『ロッテセンターハノイ』で美味しいものでも食べて一息つくといいんじゃないでしょうか?

観光定番スポットのホアンキエム湖から向かう場合、徒歩ではやや距離がありますが、タクシーだと20分程度で、入園料も激安なので、期待し過ぎないで行くとそれなりに楽しめると思いますよ!

 

因みに、、、
よゐこの有野さんがやってる「ゲームセンターCX」のベトナム遠征の回で、ハノイ動物園に立ち寄ってたみたいですよ!!
お得な航空券なら『エアトリ』

定期的に見つかる激安チケットなら、国内旅行よりお得かも!?
航空券のみの販売だけでなく、ホテル付パッケージから、海外ツアーの検索もできます。
まだ利用したことない人の為にチケット購入方法を簡単に解説してます。

\\ 団体も一人旅も お得な航空券エアトリ //

タイトルとURLをコピーしました