ホイアン・シンツーリストの『ミーソン遺跡』現地ツアーに英語力皆無で参加してみた

ベトナム
ページ内にプロモーション(広告)が含まれております。



ミーソン遺跡は、1999年にユネスコ世界遺産(世界文化遺産)にも登録されているベトナム中部クアンナム省にある古代チャンパ王国の聖なる遺跡で、ホイアン(旧市街)から車で約1時間と日帰り観光できる距離なので、ダナン・ホイアン旅行の際に合わせて行きたい方も多いと思います。

アクセス方法は、タクシー等を使って個人で行く事もできますが、遺跡周辺は”ただの山”なので、ガイドさんのいるツアーのほうが見どころも分かり、一層楽しめると思います。

ツアーの予約は、KKdayなどの現地ツアー予約アプリで事前に予約するか、現地で予約するなら、ホイアン旧市街周辺にもツアー会社があちこちにありますが、、

私は、ベトナム旅行の際にいつも利用しているベトナムの老舗ツアー会社『シンツーリスト・ホイアン店』で『日帰りミーソン遺跡ツアー』(毎度の如く英語力皆無で…)参加してみました。

金は、1人:49万9千ドン(’23レート165換算≒3,000円)(*遺跡入場チケット別)

アー内容は、ミーソン遺跡現地ガイド(英語・ベトナム語)に、ショー、昼食、と、ツアー最後はホイアン旧市街まで川下り、といった内容です。

道中ちょっとした”ベトナムらしさ満載の?!トラブル”に遭ったりしましたが、最終的には大満足♪のツアーでした♪

という事で、、

シンツーリスト・ホイアンの『ミーソン遺跡ツアー』に参加した様子と、シンツーリストの契約の際の注意点などを紹介します!!

 

 

スポンサーリンク

シンツーリスト・ホイアンの場所と、ツアー契約方法

まずは、シンツーリスト・ホイアンの場所と、ミーソン遺跡ツアー契約の様子から!

シンツーリスト・ホイアン

シンツーリスト・ホイアン店

 

シンツーリスト・ホイアンの場所は↑

シンツーリスト・ホイアンの場所は、ホイアン旧市街の『日本橋』から北に徒歩:約10分程度になり、旧市街エリアから少し離れますが、交通量も多く、周辺にはハイランズコーヒーなどの人気店もあり、活気もあって治安の不安は全く感じません。

あと、ハノイ店(閉鎖)は周囲に模倣店が多くありますが、ホイアン店の周辺には模倣店などは無かったので間違う事はないと思います。

 

infomation
ADD:646 Hai Ba Trung St., Hoi An City
Tel: +84.235.3863948
Email: hoian@thesinhtourist.vn
Open: 08:00 – Close: 19:00

*公式サイト参照

 

店内とツアー契約

補足:シンツーリストは、ベトナム各地に店舗があるベトナムの老舗ツアー会社になり、受付も親切で、英語力皆無の私でも安心して参加できるので、ベトナム旅行でいつも利用させて貰ってるんですが、、コロナであちこち閉店していて、ホイアン店も実際行くまで営業してるか心配でしたが、ここは営業してました!(’23年10月時)

 

 

ミーソン遺跡ツアーの他にも、ホイアンエクスプレスのダナン行シャトルバスや、バナヒルズツアー等もあるようです。

 

【ダナン~ホイアン往復方法の解説!】KKdayの格安シャトルバスで行ってみた

【神の手…】ダナン・シンツーリストの『バナヒルズツアー』に英語力皆無で参加してみた!

↑別で体験した分です。あわせてどうぞ↑

 

シンツーリスト・ホイアン

ミーソン遺跡ツアー詳細(まずカメラ翻訳が基本!

シンツーリストのミーソン遺跡ツアーは”午前スタートの分”と、”午後スタートの分”もありました。

今回参加した午前の分は、7:30~13:30迄の、計:6時間のツアーです。

午後からの分は、13:30~スタートのようです。

料金がなぜか、650,000ドン→499,000ドン(≒3000円)に割引されていましたが、この金額には、ミーソン遺跡の入場チケットは別になっており、現地で別途15万ドン(≒900円)必要なので、総額は結局65万ドンです…

 

約方法は、置いてあるパンフレット見て、参加したいのがあったら、受付の方に言って、予約と支払いをするだけ!

私は(英語力皆無なので…)毎度パンフをカメラ翻訳して、会話が必要な所だけグーグル翻訳で詳細を聞いて契約してます。因みに、受付のお母さんがテンション高めの楽しい方だった(笑)

 

予約は何日前から?

シーズン中など込み具合によって変わると思いますが、私はオフシーズンで混んでなかった事もあり、次の日(翌日参加)で予約できました。

 

カード決済はできる?

支払い方法は、現金の他、カード支払いも対応してました。

ただしカード払いの場合、”2%(?)の手数料がかかる”といわれました。

 

予約時に必要なものは?

今回のツアー契約には、パスポートなどは必要なかったです。

 

当日のお迎えは?

ツアー当日の待ち合わせは、お迎えができる範囲なら宿泊施設(ホテル)まで迎えに来てくれます。

当日滞在先(ホテル)までお迎えをして貰いたい場合は、予約時にホテルの住所などが分かるようにしておくとスムーズに進みます。

 

シンツーリスト・ホイアン

バウチャー

予約完了!

発行されたバウチャー(予約証明書)は、大切に保管して当日忘れないように!

 

スポンサーリンク

ミーソン遺跡ツアーに出発!(7:45頃)

ミーソン遺跡ツアーの雰囲気が分かるように、当日の流れを時系列で紹介していきます!

ミーソン遺跡ツアー

ナンバーが’紙’って大丈夫なんだろうか・・・

という事で、ミーソン遺跡ツアーに出発!

お迎え時間は、7:45~8:00になっていたので、少し早めに出て近くのコンビニにオヤツ買いに行ってたら、入れ違いで予定時間より早く来てました。

シンツーリストのツアーは、いつも専用バスだったので、お迎えの乗用車から「どこかでバスに乗り換えるのかな?」と思ってたら、乗用車のまま出発でした。

この時期のダナン・ホイアンは雨期でシーズンオフだったからか、ツアー参加者が私を入れて4人と少人数ツアーだったからかも?

 

ミーソン遺跡ツアー

なに待ち?

ハプニング発生!?

ミーソン遺跡までの道中、何もないところでなぜか10分くらい停車して、ツアー参加者の方が、ガイドさんに”なに待ち”か聞かれてましたが、どうやら「ミーソンまでのルートに公安が取り締まり(チップ・チップ)やってるから、待った方がいい」という感じの連絡が同業者?から来て停車してたみたい

そもそも「ナンバーが’紙’なのが問題なんでは・・・」と思ったり、思わなかったり、

 

ミーソン遺跡、到着(9:00頃)

ミーソン遺跡ツアー

出発からおよそ1時間で『ミーソン遺跡』に到着!

 

ミーソン遺跡ツアー

入場チケット

個人で来た人や、ツアーにミーソン遺跡入場チケットが含まれてない場合は、入口横にチケットカウンターであるのでそちらで購入します。

料金は、

大人:150,000ドン(≒800円)
子供:30,000ドン(180円)

日本語(他)音声ガイドアプリもありました。(70,000ドン)

 

ミーソン遺跡入り口

ミーソン遺跡は入口からひと丘越えた所にあり、徒歩で行くにはそこそこ距離があるので、遺跡そばまで巡回シャトルバスで移動します。

 

”ザ・世界遺産”ミーソン遺跡!(9:30)

ミーソン遺跡ツアー

圧倒的・・・

ミーソン遺跡は、ベトナムの歴史と文化を代表する遺跡で、肉眼で見ると迫力もあり、塔の壁には精巧なレリーフや碑文が刻まれており、チャンパ王国の歴史や文化を肌で感じることができます。

 

遺跡の観光時間約1時間で、最初の30分程ミーソン遺跡の概要をガイドさんが解説(英語)してくれます。

 

海外でもスマホ通信できれば、グーグルのリアルタイム翻訳が使用できるので、英語力皆無の私…は、ガイドさんの横にぴったりついて、喋りだしたらグーグル音声翻訳をすかさずオン!という荒業で英語ガイド現地ツアーを楽しんでます♪

 

一通り解説が終わると、30分ほど自由時間があるので、その間に遺跡散策。

 

ミーソン遺跡ツアー

因みに、赤シャツの方が今回のガイドさん。

時間になったらガイドさんについて行き、ショーを見に行きます。

最初はグラサンがコワモテ(汗)だったけど、気配り抜群のガイドさんだった!

 

ショー見学(10:30~11:00)

 

遺跡のそばに特設ステージが設置されており、30分ほどショーを見学します。

チャンパ王国は、インド文化やヒンドゥー文化の影響を受けているようで、どことなくインドぽさを感じさせる舞ですね。

 

「どうせ遺跡の’ついで’程度でしょ?」と思いきや、かなり本格的な舞踊が楽しめる!

 

昼食(11:30~12:00)

ミーソン遺跡ツアー

入口まで戻ってきた

ショーが終わったら、行きと同様、遺跡内の巡回バスに乗って下山します。

バス乗り場は、他のツアー客もみんな向かってるので迷う事ないです。

 

ミーソン遺跡ツアー

昼食は、ダナン名物ミークアン!

今回のツアーは私含む4人でしたが、取分けスタイルではなく、一人一人に”ダナン名物ミークアン!”と、デザートにバナナが出ました。*昼食代は今回のツアーに含まれてます。

レストランは入口横にあるので、個人で来た方も食べれると思います。

ボートでトゥボン川下り(12:30~13:00)

トゥボン川に着いたら、ボートに乗り換えて、ホイアン旧市街まで川下り♪

川下りは約30分。

到着地は、ナイトマーケットが行われているアンホイ島の南側(↓マップ参照)

ホテルに帰りたい人は、車が先回りして待っててくれるので、ガイドさんに言えば送ってもらえます。*送迎可能範囲のみ

このままホイアン旧市街を楽しみたい人は、ここでお別れもできます。

補足①:私は午前のツアーに参加しましたが、午後のツアーだと、恐らく丁度ナイトマーケットが始まる頃に着くんじゃないかな?と思います。
補足②:チップは”絶対ではない”ですが、、ガイドさんとドライバーさんに2万ドンずつお渡しました。

 

 

ミーソン遺跡ツアー:まとめ

ミーソン遺跡ツアー

ミーソン遺跡は、チケットカウンターに音声ガイドレンタルもあるので個人で行っても楽しめると思いますが、、中に入ってから遺跡までの移動など、初めてだとちょっと戸惑うと思うので、ツアーの方が安心だと思います。

今回のシンツーリストのツアーは、入場チケット代は含まれてなかったので、別途15万ドンかかり、合計65万ドン(≒4,000円)なので、激安とまでは言えない感じでしたが、ナマで見る遺跡は迫力があり”圧倒的遺跡感!”で、充実したショーに、昼食、ボートで川下りまで付いてて大満足でした!

シンツーリストのツアーは、今まで何度か利用しましたが、ガイドさんも親切な方ばかりで安心して参加できるので、ホイアン店は閉店してなくてホントよかったです♪

ガイドさんはベトナム語&英語ガイドになるので、英語が分かる人はより楽しめると思いますが、スマホ翻訳を使えば英語力皆無(私…)でも多少は理解できますが、、、

KKdayなどの現地ツアー予約会社に、日本語ガイド付きツアーもあったりするので、事前予約したい方や、多少高くなっても日本語ガイドがいい方は、そちらを確認されてみてください!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました