特別企画!

コロナの脅威のさなかホーチミン旅行へ・・・

怖いおじさんがホテルに来たり、飛行機キャンセルになったり・・・

【緊急企画】新型コロナウイルスに関する情報
2020年 ベトナム・ホーチミン旅行中に体験した「新型コロナウイルス」被害報告!!

ダナンの穴場テーマパーク!シンツーリストのバナヒルズツアーに参加してみた!!

バナヒルズの入り口ダナン
スポンサーリンク

今回はダナン・シンツーリストで『バナヒルズ(Ba Na Hills)ツアー』に、またもや英語力皆無で参加してきました。

 

『バナヒルズ』は今巷で話題?の「神の手(ゴールデンブリッジ(Golden Bridge))」のある、ベトナムでも珍しい大型テーマパークで、アトラクションは全部タダ!

子供でも安心の乗り物から、絶叫マシーン、ゲームセンターまで全て遊び放題なので、子供だけでなく大人でも楽しめますよ!

 

絶叫マシンの奥で、ロッククライミングやってる人が!?

 

ツアーの料金は、大人一人104万9千ドン(って聞くと「鬼高っ!」て思いますが、約5千円位)で、食べ放題の昼食付き。

個人でタクシーをチャーターしていくと、移動代のほか、中へ入るチケット代が70万ドン(約3500円)とかかるので、十分お得な料金じゃないかな?と思います。

 

ただ、ツアーで行くと自由時間が限られているので、行く前に園内の予習しておいた方が時間を有意義に使えると思います。

 

という事で今回は、

『ダナン・シンツーリスト』の場所や、ツアー参加の手続き方法、『バナヒルズツアー』の様子から、効率よくバナヒルズ内を回るためのルートなどを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

シンツーリストってなに?

シンツーリストはベトナムでも歴史があり、信頼もあるツアー会社で、各地域への夜間バスチケットや、各種ツアーの予約が現地価格で予約できるので、昔からバックパッカー等の御用達になっており、以前もハノイのシンツーリストで『ハロン湾ツアー』に参加させてもらいました。

 

↓ハノイのシンツーリストの様子はこちら

 

 

information:
名称:TheSinhTourist Đà Nẵng
住所:16 Đường 3 Tháng 2, Thuận Phước, Hải Châu, Đà Nẵng.
電話:+84 236 3843 259
HP:https://www.thesinhtourist.vn/
営業時間:7:00~20:00

ダナン・シンツーリストの場所

 

ダナンのシンツーリストの場所は、ビーチ側ではなく、ハン市場等のあるバクダン(Bach Dang)通りを北へ向かうとあります。

 

シンツーリストはベトナムの他ツアー会社より有名な事もあって、ハノイでは模倣店が多くありましたが、こちらのダナンのシンツーリストの近辺にはそういった模倣店は(現段階では)一切なかったので、間違う心配はないです。

ツアー参加方法

キュートな看板犬?

 

今回は『バナヒルズツアー』のに参加しましたが、ダナンのシンツーリストさんでは他にも、『ミーソン遺跡ツアー』『フエツアー』『チャムアイランドツアー』等もあるようなので、興味のある方はお店で確認されてみて下さい。

 

予約にパスポートなどは必要なく(少なくともバナヒルズツアーには必要なかったです)、事務所の受付の方に予約の申し込みをして、料金を支払い、契約書(バウチャー)を受け取るだけです。

 

ダナンのシンツーリストデは支払いは現金のみの対応となってるので現金を用意しておきましょう。

 

ツアー参加時、当日ホテル前まで迎えに来てくれるピックアップサービスもあり、希望する場合ホテル名など記載することになるので、滞在先のホテル名や住所(ベトナム語表記)の書かれた物を所持していると手続きがスムーズに行くと思います。

 

 

この日コピーができなかったのか、手書きの契約書でちょっと心配になりましたが、当日この用紙を持っていった際ちゃんとした契約書に交換され、何の問題もありませんでした。

 

接客が不愛想?

こちらのシンツーリスト・ダナンのネットでの評価に「愛想が無い」といったようなものを見かけ、英語力も皆無な私はやや心配しておりましたが、

今回事務所にいた若い女性の方は、少なくともそのような事はなく、英語力もない私のグーグル翻訳での質問に何度も付き合ってくださり、別のツアーの案内からその内容まで教えていただけました。

当日の朝いたおばさん(お母さん?)も、余り流暢でない英語で「中で待ってていいよ」と気を使ってくださる良い方たちでした。

ただ、ベトナムの方はどちらかと言うと、欧米ノリのいきなり気さくな人より、どちらかと言えば日本人にも似た、親しくなるまでは人見知りなイメージがあり、あと、お客にはとりあえずスマイルする接客は浸透していないお店もまだまだあります。

なので最初は特に不愛想にみえても実際はすごく親切だったりしますよ!

スポンサーリンク

バナヒルズツアー当日

今回のシンツーリストで行く”バナヒルズツアー”の大まかな内容は、

  • 1時間のバス移動
  • 山頂まで片道10分以上もあるケーブルカー
  • テーマパークの「バナヒルズ」で3時間の自由時間と昼食
  • 「ゴールデンブリッジ(神の手…)」「フラワーガーデン」で1時間の自由時間
  • その後ホテルまで送ってもらって終了~

となってます。

 

バナヒルズ概要
住所: An Son Village, Hoa Ninh Commune, Hoa Vang District, Da Nang City, Vietnam.
電話: + 84 (0) 905 766 777
HP: https://banahills.sunworld.vn/en/

事務所へ行く 08:30分

滞在先ホテルがピックアップサービスに対応してない場合は、当日、自力でダナン・シンツーリスト前に行く必要があります。

 

その際、バウチャー(予約証明書)も忘れずに持参しましょう!

 

事務所は7時から開いてるので、バス到着まで中で待たせてもらいます。

バスが到着すると、ツアーガイドさんが中に来て名前を聞いてきますが、日本語の名前は発音しづらいのか、聞き取りにくいので、「自分かな?」と思ったら、ガイドさんの名簿と自分のバウチャーを見比べて確認しましょう!

 

バス移動は1時間 08:40分出発

ダナンのミーケビーチからバナヒルズまでの道のりはそれほど遠くなく、バス移動は約1時間なのですぐ着いてしまいます。

 

その間、英語のガイドさんが最高に面白い(はず)ジョークを飛ばしつつ、バナヒルズの由来などを解説してくれるので、英語がわかる方は移動の間も楽しめるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

バナヒルズ入口に到着 9:40分

 

入口にはチケット売り場があるのですが、チケット代もツアー料金に含まれてるので、ガイドさんがみんなの分を購入しに行く間、10分ほど待ちます。

 

この時、一旦トイレタイム

チケットは山頂のバナヒルズまで必要なので、無くさないようにしっかり持っておきましょう!

「無くしたらもう買ってあげないよ」的なことを言ってましたw

 

まずは入口の通路を通ってケーブルカーの方へ向かいます。

 

ゲートを進むとギネス級のケーブルカーがあります。

 

道はほぼ一本道ですが、他のツアーの方も多く、人でごった返しているので、山頂のバナヒルズまで背の高い目立つ参加者さん(デカイ欧米の人は2メーターとかガチである…)にしっかり付いていきましょう!

 

ギネス級ケーブルカー

まずは一気に山頂のバナヒルズまでケーブルカー(ロープウェイ)で行くことになります。

 

緑の服の人が今回のガイドさん

途中一度降りて、行きだけで合計2度ケーブルカーを乗り換えることになります。(その位長い!)

都度ガイドさんが先回りしており「フォローミー」と言ってるので、頂上までとにかくはぐれ無いように着いていきましょう。

 

このケーブルカーはギネスにも登録されているようで、片道約10分以上もあります。

高所恐怖症でなくとも、ゾワゾワ来ること請け合い!(一緒に乗り合わせたちっちゃい子は、揺れるたびに喜んでましたが…)

スポンサーリンク

バナヒルズ到着 10:30分

曇ってるんじゃなくて、霧がすごい…

 

どこぞで見覚えのある地球儀を模したオブジェ(ユニ○ーサル○タジオ…)が!?

 

到着後周辺の軽い説明とランチの引換券を渡され、約3時間(今回は10:30分~01:45分まで)の自由時間になります。

 

ランチは11時からとなっており、食べ放題なのですが、食事に時間を取られ過ぎると、中での遊ぶ時間が減ってしまうので、作戦を練っておきましょう!

 

園内のマップ

バナヒルズ内の地図はこんな感じ

 

バナヒルズ園内は、大まかに

  • 「ヨーロッパの街並みを再現したメインゾーン」
  • 「お寺ゾーン」
  • 「アトラクションのあるファンタジーパークゾーン」

の3か所に分かれており、

この中で遊べるのは「ファンタジーパーク」になります。

 

その他は言ってしまうなら見るだけのゾーンで、中でも「お寺のゾーン」は、時間も限られてるツアーでは、日本人の場合は特に目新しさも感じないと思うので、よほど興味が無ければ後回しがいいかと思います。

 

目玉の一つ「一人乗りローラーコースター(アルペン・コースター)」は、ファンタジーパーク方面に行く途中左にあり、多いと30分以上並ぶ事になると思うので、絶対やりたいなら真っ先に行っくほうが良さそうです。

 

 

そのまま下山するわけじゃないから安心して!(ファンタジーパーク(1階)に繋がってます)

 

11時までファンタジーパーク内で色々遊んで、時間が来たら昼食をとって、ヨーロッパの街並みを軽く見て、集合時間前までもう一度ファンタジーパークで遊びお土産を買うのが一番効率がいいんじゃないかな?と思います。(どうしても気になったらお寺ゾーンもどうぞ)

それでは、各ゾーンの詳細を写真とともに紹介します。

スポンサーリンク

メイン広場

アレっぽい地球儀の場所がバナヒルズの中央広場になっており、着いてそうそうパレードでお出迎え!

 

この広場すべてが中世ヨーロッパの街並みを再現されており、周辺を歩くだけでもちょっとハイソな気分に浸れます。

 

2019年時点でもまだまだ工事中の場所もありましたが、その街角は、本当にヨーロッパにいるような素敵な場所もあり、映え写真撮れる事うけ合い!

スポンサーリンク

ファンタジーパーク

メイン広場(地球儀の所)からすぐ横に、ファンタジーパークにつながる階段があります。

 

 

建物内は想像より大きく、4階建て構造になっており、建物内に大掛かりな絶叫マシーンから、子供さんでも大丈夫な乗り物のアトラクションや、ゲームも全て遊び放題となっており、一日中でも遊んでいたくなる事請け合い!

 

 

ゲームコーナーにはレースゲーム(F355からアウトラン・デイトナUSAなど)から体感ゲームまで揃っており、まさにゲーマー天国!!(ビデオゲーム筐体がなかったのは残念…)

 

 

お土産屋さんもここの中にあります。

支払いはクレジットカードにも対応してます。

 

私は、この後行くミーケビーチ用にサンダルを購入!クレカじゃなくて海外プリカのマネパカードでお支払い♪

 

アルペン・コースター

目玉のアルペン・コースターはファンタジーパーク方面すぐの左手にあります。

 

多いと30分以上並ぶことになり時間がもったいないので、到着後、自由時間になったらまず最初に確認しましょう!

 

スポンサーリンク

お寺ゾーン

お寺ゾーンは広場よりさらに奥の場所となってます。(上記地図の上の方)

 

そこそこ距離があり、その分移動時間もかかるので、どうしても見たい方以外は時間を割くのはもったいないかも…

 

とはいえ、通りは木々に囲まれた落ち着いた雰囲気で、山頂からの見晴らしも気持ちいいので、子供がアトラクションゾーンで遊んでる間に、親はこちらでゆっくり景色を堪能するのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

BEER PLAZAでランチ  11:00

ランチは時間が来たら各自で行くことになります。

 

レストランはこの時まだ完成したばかりだったようで、地図に場所が載ってませんでした。。(ヨーロッパの街並みゾーンです)

 

到着時にガイドさんが場所の説明をしてくれるので、場所を覚えておきましょう!(とはいえ、そう複雑でもないので、迷う事はないと思います)

 

ここ以外にも園内にレストランはありますが、他のレストランはツアーに含まれてませんので別途料金がかかります。なので、余程こだわりが無ければ(あと券無くしたとかでなければ)他に入らないように気を付けましょう。

 

野菜からお肉、魚介類、白ご飯にスープものと各種揃っており、全て取り放題、ソフトドリンクも飲み放題です。

 

あとデザートも食べ放題!!(←ここ重要)

レストランだけで一日中居たくなる気持ちをグッと抑えて、自由時間を活かすために適度に終わらせましょう…

スポンサーリンク

集合場所に行く 01:45分

一通り遊んだら時間までに集合場所に戻ります。

 

これからまた一度ケーブルカーに乗って、

  • 「ゴールデンブリッジ(神の手)」
  • 「フラワーガーデン」

に向かいます。

そこでも1時間の自由時間になります。

降りた先にも少しお土産屋さんはありますが、もうファンタジーパークには戻ってこないので、気になった物があったらこの前に買っておきましょう。

 

「SunWorld」と書かれたお土産(ジャケット等)は、ミーケビーチ近くにある「サンワールド・ダナンワンダーズ」にも同じものを見かけましたが、「Ba Na Hills」と書かれたお土産はここでしか売ってない感じ。

 

↑この”バナヒルズサンダル”約300円位とかなりお手頃で、子供サイズから大人サイズまであります。

 

この後のミーケビーチで遊ぶ用と親戚の子のお土産に買っちゃった!
スポンサーリンク

ゴールデンブリッジとフラワーガーデン 2:30

巷で噂の神の手(ゴールデンブリッジ)に到着したら、ここでまた1時間の自由時間になります。

ゴールデンブリッジを渡って、フラワーガーデンの一番奥まで行くとそこそこ距離があり、戻ってくるのに15分程度かかるので気を付けましょう!

 

ゴールデン・ブリッジ

これが最近巷で有名?な神の手の橋・・・

 

標高1400メートルに位置し、長さも150メートルとそこそこあって、海外ではメディアで取り上げられたらしく、日本ではまだまだ知られていないベトナムマイナー(モヤ)スポットの一つですが、海外では結構有名みたいです。

 

きりがかかって凄い事に!!

 

お姉さんたちは手の前でこぞって自撮りしてましたが、映えてるのか男にはよくわかりません・・・

 

晴れるといい感じかも!

スポンサーリンク

フラワーガーデン

ゴールデンブリッジを渡ると、その先はフラワーガーデンになってます。

 

ガーデンが複数あり、それぞれテーマがあるみたいで、雰囲気を醸し出してます。

 

ちょっと奥には大仏様も

 

奥まで行くとそれなりに距離があります。

適当な場所でゆっくり休憩して集合場所に戻りましょう!

スポンサーリンク

ケーブルカーで下山 3:30

集合場所に全員揃ったら、再度ケーブルカーで下山します。

 

降りもやっぱり怖い・・・

 

名残惜しいけどさようなら~

 

あとはバスに乗り各々のホテルまで送り届けてもらって、バナヒルズツアーは終了になります。

私はホテルからでなくシンツーリスト事務所から乗ったので、ガイドさんにどの辺りで降りたいか伝えると出来るだけ近い場所で降ろしていただけました。

スポンサーリンク

バナヒルズツアーのメリット・デメリット

今回のダナン・シンツーリストのバナヒルズツアーに参加した際のメリットとデメリットをちょっと振り返ります。

 

メリット

  • 現地で急きょ思い立っても参加できる。
  • ガイドさんがいるから迷わない。
  • バナヒルズまでの移動代や現地のチケット代(大人約3500円)昼食までついて約5千円と料金がお得!
  • ガイドさんの解説付き。

 

デメリット

  • 自由時間が決められているので、バナヒルズでギリギリまで遊べない。
  • 昼食付きだけどお店が選べない。
  • フラワーガーデンに興味が無くても、1時間フリータイムがある。
  • 当然ガイドさんは英語・・・

 

こんなところでしょうか、

個人で行けば自由に遊べる反面、タクシーで行く必要があり、その分料金もかかるので、一長一短という感じですね。

 

とはいえ、海外では慣れてないと個人で行くと色々不安もあるので、海外旅行や、ベトナムに慣れてない方にはツアーが無難だと思います。

 

英語力皆無の私は、毎度のごとく解説がさっぱり???なんで、ガイドさんの話してる事がわかるともっと楽しめると思います!

まとめ

バナヒルズは、日本ではまだ認知度の低い穴場のテーマパークで、現時点ではまだ作りかけの所もありましたが、十分以上に楽しめました♪

 

今回、シンツーリストの人に勧められるまでバナヒルズの事は全く知らず、前情報なく行ってみましたが、片道10分以上もある、ギネス記録保持のケーブルカーに始まり、広場ではエキストラによる歌やダンス、全て遊び放題のアトラクションやゲームセンター中世ヨーロッパの街並みや、ゴールデンブリッジ(神の手…)などなど、まだまだ絶賛開発中とはいえ、十二分に楽しめる場所でした。

 

おすすめしてくれた、シンツーリストのお姉さんありがとう!

 

ダナン・シンツーリストでは、この他にも『フエツアー』『ホイアンツアー』『ミーソン遺跡ツアー』などあるようなので、興味があったら行ってみて下さい。

 

日本語ガイド付きツアー等をもっと見たい人は、

下記『Liigo』でその他のダナンアクティビティツアーが一括検索できるので、よかったら試してみて下さい。



検索窓に地域名を入れるだけの簡単検索♪

アジア最大級のアクティビティ検索サイト『Liigo』

 

タイトルとURLをコピーしました