【LCC2万で香港旅行】ブランドアウトレットで国内旅行よりお得!?

香港島方面

2019年年始、「どこか安く行ける海外ないかな?」と『エアトリ』で格安航空券を探していたら、香港エクスプレスが運航しているLCC(格安航空会社/ローコストキャリア)で、往復2万円程度で行けてしまうチケットを発見してしまい、即買いしてしまいました。

 

ただ、LCCでチケットは格安で手に入れたのはいいけれど、香港は物価が安くないから、『お金をかけずに海外に長期滞在』を目的のわたしの野望は叶いそうにない・・・

 

とはいえ、ややメトロ傾向のある私にはブランド物のアウトレットを見に行くだけでもテーマパークレベルで楽しすぎる!!

 

 

今回の宿泊場所である、「香港島」の「湾仔(ワンチャイ)、銅鑼湾(コーズウェイベイ)」周辺は、プラダ(miumiu)やシャネルなんかの高級ブランドが平然と売られていて、ワールドトレードセンター周辺では、ベンツはもとより、フェラーリやマセラティなんていう数千万クラスの超高級外車でさえ平気で路駐していた。

 

スポンサーリンク

初の香港旅行

香港は世界で一番リムジンの多い国らしく、それほどお金持ちの多い国という事で、香港の物価決して低くはなく、基本的に日本と同等程度だった。

 

最低限のライフラインの飲み物をコンビニで買うと、(1HK$(以後$表記)=15円換算で)120円~150円程度かかり、長期になるほどきつくなってくるのは間違いない。

 

食事

本場の中華はとてもおいしく、高級店にでも入らなければ、それなりの値段でも食べることは出来る。

とはいえ、普通の店でも大体千円はかかりそう。

適当に入ったお店の肉まんは、そこそこボリュームもあって1個5$だから、大体75円位。

 

 

 

 

 

 

 

タイムズスクエアの真向いにある、お店でローカルフードのスープとワッフルを食べた。

 

スープは”小”でも少食の私には意外に量があり、大体20$で約300円位。

 

味は辛め。

 

ワッフルは外側サクサクですごくおいしかったけれど、こちらも同じく20$と、ベトナムの物価を体験した私には特に高く感じてしまう・・・

 

 

お隣にあるタピオカドリンク屋さんで飲み物も買うと、1回の軽いブランチ程度でも軽く500円以上かかってしまう・・・

 

マックは安い!

安定のマクドナルドは値段も手ごろで、クレジットカード(マネパカード)で支払えるから、手元の現金を気にしないくていい。

日本のマックと味も若干違ったりするから、面白い♪

 

 

 

タッチパネルでの操作は英語力皆無だと多少迷ったから、今後別稿で書こうと思う。

 

会話

基本英語が通じるようになってきていて、繁華街では中国語しか離せない店員も、海外旅行者向けの接客は心得ていて、片言の英語位の接客は出来るみたい。

そもそもこちらの英語力が崩壊しているから、突っ込んだ会話は出来ないけれど、大体「ハウマッチ?」程度の英語で十分対応可能だった。

 

移動方法

最初Uberを使う予定だったけれど、旅行前にAMAZONで購入したSIMがデータ通信専用だったことと、現地についてみると、香港では地下鉄(MTR)がそんなに高くもなく便利で、あらかたの観光スポットなら電車を使って行けたから、SIMを買いなおすことはせず、全部電車移動にした。

 

 

地下鉄の乗り方や買い方は別項で記そうと思うけれど、東京駅と比べれば、それほど難しくはない。

値段もお手頃で、滞在場所である湾仔(ワンチャイ)駅から女人街のある旺角(モンコック)や、インタウンアウトレットのある尖沙咀(チムサーチョイ)は大体14.5ドルで、プラダやディーゼル等のアウトレットがある海怡半島駅(サウスホライズン駅)は大体7.5$だった。

 

 

夜の女人街の様子

かなり近代化してるけれど、女人街ではまだヒソヒソ声で「ホンモノアルヨ」と言ってクルヨ!

 

路面電車に乗ってみる

路面電車はわたしが乗ったときは2.6$だったけど、聞いたところによると、週末などでは少し値段が変わるようだ。

料金はどこまで乗っても一律みたいだけど、下車時の支払いでおつりが出ないから、十分に小銭を用意して、最悪多めに入れとけば間違いない。

 

路面電車の車窓から♪

 

山頂列車にも乗ってみる

どうせ香港に来たなら、うわさに聞く100万ドルの夜景を見にビクトリアピークに行こうと、山頂電車(ピークトラム)に乗ったが、これは観光用電車なので往復100$もかかるから、移動距離から考えたら超割高だけど、これはしょうがない。

 

 

空港から香港島までの電車代

あと香港空港から香港島までの移動の電車代は、大体115$とこれもそんなに安くはなかった。

バスで行けばもっと安いみたいだけれど、電車のほうが移動時間が早く、時間の限られた旅行では移動時間ももったいないから仕方がないと割り切った。

 

アウトレットでお買い物

スポンサーリンク

基本的に節約旅行で、少ない金額でも楽しむことを目標にしてるのだけれど、今回はマネパカードが思いのほか役に立って、一件目のホステル(Check Inn HK)でも、マネパカードからの支払いができたこともあり、手持ちの現金に余裕が出来て、当初はリサーチを兼ねて見に行くだけの予定だったアウトレットで、定価4万くらいのジャケットを7千円位と、定価2万位する鬼高いTシャツ90%オフの1900円位という破格で2点購入した。

 

Horizon Plaza Outletでジャケット購入!

ジャケット海怡半島駅(サウスホライズン駅)にあるHorizon Plaza Outlet。

 

黄緑線に乗り換えて終点まで。4駅なのですぐ。

駅を出て徒歩約10分でホライゾンプラザに着く。

 

 

こちらのお店で約4万円位のジャケットを7500円位で購入。←マネパカードで清算。

 

 

出国前日本でジャケットがそろそろ古くなって買い替え時だったから、いい買い物ができた。

 

28階建ての建物のほとんどがアウトレットで、中には高級ブランドでさえ80%オフなどという破格の値段で売っていたりする。

 

とはいえ高級ブランドは定価の時点で10万越えるものも多いので、買い物を目的としていくならお金の準備を最初からしておいたほうがもっと楽しいのは間違いない。

 

28階の家具屋兼カフェ以外、残り27階分全てブランドアウトレットでうまっており、全部見ようと思うなら、朝の開店時間10時から行き、閉店の20時までかけるつもりでいたほうがいいかも。

 

もち金より高くて諦めたディーゼルのジャケット(泣)70%オフだったかな?

 

これはクロエだったかな? 高級ブランドで60%オフってあまりないよね。

 

28階のカフェで休憩。これで大体千円ちょっとしたと思う。これもマネパカードでお支払い。(クレカ持ってない私には、マネパカード様様だった)

 

 

Tシャツのクセに2万!?

Tシャツのほうは尖沙咀(チムサーチョイ)駅にある、中港城内のISAというシャネルやヴィトンなどの高級ブランドアウトレットのお店。

 

尖沙咀(チムサーチョイ)駅から九龍公園を抜けて中港城までは徒歩で10分程度。

 

 

天気のいい日は公園がすごくきれいだから、10分は長く感じないと思う。

 

 

2階へのアクセスがややこしかったけれど何とか到着すると、まず、プラダ、miumiu、グッチ、トリーバーチなどの超高級品が並んでいて、そこは30%オフとかなんだけれど、もう少し奥に行くと、冬のセール時だったのか、80%オフ90%オフというコーナーがあり、そこで定価大体2万円位のJust CavalliのTシャツ(ただのTシャツで2万て・・・)を、90%オフの大体2千円で購入できた。

普通2万もするようなTシャツは買わないけれど、90%オフともなれば結局普通に服を買うのと大差ないから、オシャレなブランド物が買えてラッキーだった。

 

 

1月の体感気温

滞在時、1月の気温は大体15℃前後で、昼は場合によってはTシャツ1枚でも不可能ではないけれど、お店の中や日が遮られたりすると肌寒いから、薄手でも何か上からもう1枚着るほうが無難

夜は冷えこむと、革ジャンがあってもいいと思うくらい寒かったりもする。

夜食事に出る程度なら薄手でもいいかもだけど、夜景見に外にでるときは最低限ジャケット位は着たほうがいい。

 

ホテル

今回泊まったホテルは2か所

 

Chek Inn HK

 

まず初めに『Chek Inn HK』個室もあるけれど、安く済ませる為にドミトリーに宿泊。

 

最寄り駅は地下鉄MTRで湾仔(ワンチャイ)。

迷わなければ徒歩10分程度。

ドミトリー(6人相部屋)で1泊約2800円位。

ベッドは小さいけれど、ワークスペースが別にあり、小綺麗なカフェみたいでくつろげる。

トイレとシャワーも別になっていて使いやすく、複数あるから、朝や夜の込み合う時間さえ避ければすぐ使える。

支払いにクレジットカードが使え、マネパカードでも普通に支払えた。

 

 

タイムハウス(香港ホステルグループ)

 

もう一軒は『タイムハウス(香港ホステルグループ)』

 

こちらは個室で、1泊約4000円位。

 

最寄り駅は同じく地下鉄の「銅鑼湾(コーズウェイベイ)」。

出口ゲートを間違わなければ、5分もあれば着く。

支払いは現金のみで、トイレとシャワーが併設されている、いわゆるアジアのソレ。

トイレも紙を流せないタイプのようで、そっと少しづつ流すか、詰まる不安が嫌なら、素直に近所にある「そごう」、「タイムズスクエア」、「ワールドトレードセンター」に行けば、きれいなトイレでようが足せる。

清潔感はそれほどひどくはないけれど、綺麗好きには無理かもしれない。

ただ上記のように立地はそう悪くない。

 

 

まとめ

飛行機代がすごく安くても、食事代やホテル代がそんなに安くはないから、長期滞在(外籠り)には向かないけれど、夜のネオンは確かに綺麗だし、ブランド物のアウトレットを買いに来るだけでも元が取れた感じはする。

ただ短期なら食事を肉まんや、マックで済ませればそれほどかからないから、旅行の中継地点で香港に1泊するという手もありかな。

5泊旅行で、明日帰国。

限られた時間で、「ディズニーランド」とか、「オーシャンパーク」とか、まだまだ行きたかった場所もあって、お金さえあったらもっと長期滞在したいと思えるほど香港は楽しい国でした。

香港LCCなら格安で行けるので、ハイブランドのアウトレット目的なら元が取れるよ!

>>お得な格安航空券購入はこちら!



タイトルとURLをコピーしました