【香港ホステル タイムハウス 】立地はバツグン!寝るだけと割り切れば安い?【香港・ホテルレビュー・感想】

香港島/ホテル

香港島の銅羅湾駅(コーズウェイベイえき)近くのタイムハウスに泊まってきました。

近くには「タイムズスクエア」や「そごう」「ヴィクトリア・パーク」などあり、周囲は遅くまで賑わっており、地下鉄も5分圏内と近く、移動にも不便はないので立地は良かったです。

ただ、物価の高い香港では仕方がないですが、1泊5千円程度の個室は窓もなければ非常に狭く、トイレとシャワーも一体型で、紙も流せないタイプ。それでも救いだったのは、トイレットペーパーが全部カバーで覆われていたので、シャワーでトイレットペーパーが濡れる心配はしなくて済みました。

とはいえ、他の全てを値段で割り切っても、トイレットペーパーが流せないというのは面倒ですね。

ちょっとずつなら大丈夫なのでしょうが、気にしながらトイレはしたくないので、(小)以外は毎朝近くにあるタイムズスクエア等の公衆トイレでようを足してました。

寝るだけと割り切って、それが気にならないのなら、スタッフさんは親切だったので、好感度は悪くはなかったです。

今回は、香港島のホステル『タイムハウス』アクセス方法から、泊まってみた感想を写真とともに紹介します。

名称:タイムハウス (香港ホステルグループ)(Timehouse (Hong Kong Hostel Group))
住所:Flat F, 4/F, Hoi To Court, 275 Gloucester Road, 銅鑼湾, 香港
部屋タイプ:1人~2人部屋(約5千円~8千円)
チェックイン:15:00~23:00まで
チェックアウト:9:30~11:00まで

タイムハウスまでのアクセス


地下鉄、コーズウェイベイ駅から徒歩5分以内です。

入口の入り方

 

店の外観は普通のビルといった感じで、入口には暗証番号のロックがあります。

最初だけは「3E(私の時は)」と入力して、ドアを開けてもらいましょう。

 

チェックイン

まずエレベーターで3階へ行き、中に入るとフロントがあります。

チェックイン時に、損害補償用デポジットに、100HKD(約1400円)支払はなければならないので先に用意しておきましょう。何もなければ、このお金はチェックアウトの時に返金されます。

私は早く行き過ぎていて、アーリーチェックインは出来ませんでしたが、時間まで荷物を預かっていただけました。

上の階には別のホステルもあるみたい。

別の階には別のホステルもあるようで、海外のバックパッカーの方と入口でよくすれ違いました。

部屋の様子

 

部屋は、潔くベッドのみ!といった感じで、金庫もないので、貴重品は持ち歩く事になると思います。

コンセントは当然あるので、変換機があればスマホ等の充電も部屋でできます。

ベッドは無難な清潔感です。

部屋自体の清潔感は悪くはないのですが、トイレから除菌の匂いがするので、衛生面はいいのでしょうが、トイレの扉はきちんと閉めてないと、匂いが気になりました。

トイレ/シャワー

共用ではなく、室内にトイレもシャワーも完備されているのですが、トイレの紙が流せないのは本当に残念。

シャワーは室内のスイッチを入れ、20分後に使用可能になります。

部屋への出入り方法

建物から出る際は矢印の先にあるスイッチを入れると、玄関の鍵が開き出られるようになります。

一旦出るとまた鍵がかかってしまうので、チェックイン後に渡された鍵を忘れずに持って出ましょう。

玄関も部屋の鍵もこの鍵一つです。

 

その他のメリット・デメリット

○:門限はない

カウンターの受付時間は、「朝8時から夜11時まで」になってますが、チェックイン時に渡された鍵で部屋まで全て行けるので、門限自体はありませんので、夜まで気兼ねなく楽しめます。

○:料金が安い

個室の場合1泊5千円程度で、ツーベッドルームなら約8千円なので、物価の高い香港では割り勘できれば料金はリーズナブルなほうじゃないでしょうか。

×:Wi-Fiが弱い

部屋は鉄筋コンクリート?に囲まれた部屋で、ルーターから遠いのか、私の借りたシングル窓なしの部屋では、アンテナが1本程度で繋がらない事もありました。

×:窓が無い

部屋に窓が無いのは、せっかくの旅行で全く風景が見えないのはちょっと寂しいです。

ツーベッドには窓有りもあるようです。

△:スタッフは殆ど英語がわからない

基本的には中国語オンリーのようですが、フロントの方はギリギリ説明程度の英語力で説明して下さいます。

△:タオル類は有料

通常ホテル以外はだいたいそうなので、持って行くか、借りるかですね。

△:カードが使えない

支払いにカードが使えないので、現金をキープしておく必要があります。

△:100HKDデポジットがとられる

何も問題がなければ、チェックアウト時に全額返金されるのですが、チェックイン時に100HKD(約1400円)支払う必要があります。

まとめ

ブランドストリートにセサミストリートが!

悪い点ばかり多くなってしまいましたが、実際は滞在するには最低限はあるので、値段の安さと考慮する必要があります。

2人なら、窓付きの2ベッドルームを借りれば、割り勘で1泊料金は1人より更に安く香港旅行ができるでしょう。

室内は質素で、ベッドだけ!という感じで、トイレは紙が流せないタイプと、万人にはおすすめしがたいですが、周囲にはタイムズスクエアやブランドショップが立ち並び、飲食店も多く、夜まで賑わっていて立地はいいので、金額とデメリットをどう見るかという感じですね。

ホテルを「寝るだけ」と割り切れる人ならありなんじゃないでしょうか。