特別企画!

コロナの脅威のさなかホーチミン旅行へ・・・

怖いおじさんがホテルに来たり、飛行機キャンセルになったり・・・

【緊急企画】新型コロナウイルスに関する情報
2020年 ベトナム・ホーチミン旅行中に体験した「新型コロナウイルス」被害報告!!

ホーチミンの『コンカフェ』はフレンドリー!【1区周辺の店舗色々巡ってみた】

ホーチミン
スポンサーリンク

ベトナム”らしさ”が楽しい『コンカフェ(Cong Ca Phe)』は、料金もお手頃価格で、店員さんの制服や店内もプロパガンダアート調で統一されていて、ノスタルジックな雰囲気もあり旅行客だけでなく、地元の若者たちにも大人気のカフェです!

 

料金もお手頃価格で、ベトナムと言えばベトナムコーヒーが定番ですが、冷たくて甘~いスムージー(シントー)やシェイクも美味しく、今回、ホーチミンの人気観光スポットのドンコイ通り・ベンタイン市場などのある1区周辺を観光したのですが、またもやコンカフェに毎日入り浸ってしまいました…

 

今から2年前、人生初のベトナム旅行のハノイで入った「ハノイ大聖堂前店」では注文方法もわからず、”一見さんお断り感”に圧倒されてしまいましたが(今ではいい思い出…)、ホーチミンのコンカフェは良い意味で”アメリカナイズド”でかなり入りやすいお店でした♪

 

今回は、ベトナム旅行中”絶対行きたいイチオシのオシャレカフェ”『コンカフェ(Cong Ca Phe)』の注文方法や魅力を、実際に訪れた1区周辺(+α)の店舗とともに紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ホーチミンのコンカフェの場所

↑Gマップの問題で転載に違うのも混じってるのはご容赦で…

 

『コンカフェ(Cong Ca Phe)』はハノイ発祥のようで、以前ハノイのホアンキエム湖周辺を旅行した際には複数店舗があったのですが、前回、旅行した中部の”絶賛リゾート開発中のダナン”ではまだ1店舗しか見当たらず、ちょっと残念でした。。

 

ですが、

上記地図を見てもらうとわかる通り、ホーチミンでは、一番の観光スポット1区周辺だけでも複数店舗あり、観光のメインスポットドンコイ通り沿いにもあるので、街ぶらついでにぜひ立ち寄りたいですね!

 

今回私は、ドンコイ通り、ビンコンセンター内、ブイビエン通り等々、全部で5か所のコンカフェ店舗を巡っちゃいました!

 

ドンコイ通りのコンカフェ

コンカフェ、ホーチミン、ドンコイ通り

こちらは、ドンコイ通り沿いを北へ、ホーチミン歌劇場を抜けて、ビンコンセンター(Vincom center)の隣にあります。

地図は↓

 

コンカフェ、ホーチミン、ドンコイ通り

入口が分かり難い…

このドンコイ通りの店舗は立地は良いのですが、いかんせんお店の入り口が分かり難い場所にあり、入口はこの絵画屋さんを抜けて階段を上に上がった2階になってます。。

 

コンカフェ、ホーチミン、ドンコイ通り

あった!

2階に上がるとお店の入り口発見!

下の絵画屋さんも売りつけてきたりしないので安心♪

 

ドンコイ通りのコンカフェ、店内の様子

コンカフェ、ホーチミン、ドンコイ通り

 

コンカフェのこの雰囲気が、毎度「ベトナム来たー!」って落ち着く♪

 

 

お店が2階なので、ドンコイ通りを眺めながら休憩できるのがいいですね!

スポンサーリンク

ビンコンセンター内のコンカフェ

コンカフェ、ホーチミン、ビンコンセンター内

 

こちらはさっきのお店の隣、ビンコンセンターの地下3階にあります。

地下店舗なんで眺めは全くないですが、隣にベトナムもう一つの定番カフェ「ハイランズコーヒー(HIGHLANDS COFFEE)」もあるので、どっちに入るか迷っちゃう!

 

ハイランズコーヒー、ホーチミン

隣にはハイランズコーヒー!

この奥にスーパーマーケットがあるので、バラマキ土産やベトナムの食材(スパイス等)を買いに寄った際にでもどうでしょう。

 

 

スポンサーリンク

ブイビエン通りのコンカフェ

コンカフェ、ホーチミン、ブイビエン通り

こちらはバックパッカーや、若者のナイトエリアとしても有名なブイビエン通りにあるコンカフェ。

近くにはクラブ?のようなものもあり、夜はやや客引きなんかもいたりして、気になる人もいるかもしれませんが、昼間は普通の明るい通りです。

場所は↓

近くには、ベトナムの格安ツアー会社「シンツーリスト(The Sinh Tourist)」のオフィスや、カラフルな麺が楽しめる美味しいフォー屋さん(Pho Hai Thien)もあるので、行きたい人はそちらとセットがいいかも!

スポンサーリンク

ハッピーホーム近くのコンカフェ

コンカフェ、ホーチミン、ハッピーホーム近く

こちらは今回滞在した「ハッピーホーム(Happy Homes)」という”格安”アパートホテルのすぐそばにあったコンカフェ。

この場所が下町だったのか、地元の若者に大人気の店舗みたい!

店内の様子

たまたま滞在場所が近かったのでほぼ毎日通いましたが、店内も他の店舗より洗練されてる気がする!?

 

表通りより1本入った所にあるので、景色はこれといってないですが、夜でも騒音もなくいい感じ♪

 

場所は↓

近くには「ホーチミン美術館」「ヤンシン市場」などがあります。

 

コンカフェも当然テイクアウト(テイクアウェイ)も注文できるので、ドリンク片手に観光スポットまで「街あるき」もオススメ!

スポンサーリンク

ファーストホテル(4ツ星)そばのコンカフェ

コンカフェ、ホーチミン、ファーストホテルそば

ここは”例の新型コロナウイルス問題”で、ベトナムエアラインに(英語力皆無で)ゴネる事に成功!してタダで紹介してもらった、タンソンニャット空港近くにある”4ツ星”「ファーストホテル」そばにあったコンカフェ。

その時の様子↓

 

コンカフェ、ホーチミン、ファーストホテルそば

店内もキレイですね!

 

マップはこちら↓

もともとこの場所に泊まる気も無く、上記の事で1泊しただけですが、たまたま目と鼻の先にコンカフェがあってラッキーでした!

 

近くには「ファンバインハイマーケット(Pham Van Hai Market)」や、「Hoàng Văn Thụ Park」という公園があります。

ここは1区からやや離れていることもあり、どちらも是が非でも行く事もないかもですが、近くに滞在したならコンカフェ片手に行ってみるといいかも!

スポンサーリンク

ホーチミン「コンカフェ」の注文方法

コンカフェの注文システムは、ハノイでは払い・ダナンでは払い、と、統一性に欠けており、それもまた一見さんお断り感を醸し出す原因に感じるのですが、、、

ここホーチミンのコンカフェは、どの店舗も「レジにて先に払うシステム」になってました。

ホーチミン・コンカフェ

ホーチミンはベトナムの歴史の影響からか、どちらかと言えば欧米的な感じもあり、店内に入るとレジのお姉さんから「こっちですよ~」って手招きされて、他よりちょっぴりフレンドリー!?

 

コンカフェのメニュー

レジ前にメニューが設置されているのでそちらから見て選びましょう!

料金もお手頃で、メニューにはドリンクのほか、ナッツやちょっとした軽食も用意されています。

表記はベトナム語のほか英語でも記載されているのですが、想像つかない場合は、絵付きのメニューを写メって店員さんに見せると間違いなく伝わりますよ♪

 

ホーチミン・コンカフェ

店舗によっては↑の「ブーン」ってなるヤツか、番号札を渡される店舗もありました。

どの店も注文後、受取口で受け取って、お好きな席にどうぞスタイル。

 

所謂スバやマクと同じシステムです。

 

ホーチミン・コンカフェ

お気に入りの一つ。ココナッツミルクとコーヒーのシェイクみたいなの(coconut milk w.coffee tall)

溢れんばかり入って、ナント300円以下!!

 

これ以外にも、マンゴーのシントー(スムージー)や、coconut milk w.mung beanなどなど、とにかく全てハズレなし!

 

お持ち帰りも可能!

注文時に「テイクアウト(英語ではテイクアウェイ)」も注文する事ができるので、街あるき楽しみながらもいいですね!

 

ただ、一つ気になるポイントが、、

 

なぜかテイクアウトはストローが硬い紙の芯みたいなヤツになっているので、後半若干フヨフヨになって飲みにくい・・・

 

プロパガンダテイストの弊害か!?ここは近代化しといてくれ…

 

急いでないなら、休憩も兼ねて店内がおすすめ・・・
スポンサーリンク

お土産も買える!

コンカフェ、お土産

レジ横にはお土産グッズコーナーがあり、コンカフェのコーヒーから、ベトナムプロパガンダアートっぽいデザインがイカス!Tシャツなど色々グッズが揃ってます。

 

店舗により多少品ぞろえが違うかもしれませんが、一部紹介していきます。

 

コンカフェ、お土産

お財布♪

 

コンカフェ、お土産

ダイアリーかな?

 

コンカフェ、お土産

トートの横にある、スリッポンが気になる…

 

コンカフェ、お土産

カップは普通に使える!

 

コンカフェ、お土産

 

旅の思い出なんで、あえて”変わったモノ”も面白いですが、カップやトートといった旅行から帰っても使えるものもあるので、自分用(普通のヤツ)と友達用(変わったヤツ)と分けて買いましょ!(ぇ

まとめ

コンカフェ、ホーチミン

今から2年前、人生初のベトナム旅行の際訪れたハノイ大聖堂前のコンカフェでは、”一見さんお断り感”に、ちょっと臆してしまったのですが、

ここホーチミンは、ちょっとベトナムの歴史的文化の違いもあり、他地域と比べて良い意味で”アメリカナイズド”的で入りやすいお店でした♪

 

ホーチミン(1区)はかなり都会化されていて、特にドンコイ通り周辺はヨーロッパテイストでオシャレな反面”らしいベトナム”があまり感じられ無い印象があります。。

 

その点、『コンカフェ(Cong Ca Phe)』なら、お手頃料金で美味しいドリンクも楽しめて、ベトナムプロパガンダテイストも楽しめるのでホーチミン観光には特におすすめしたいですね。

今回訪れた1区周辺だけでも複数店舗があるので、街あるき中コンカフェを見かける事があったら、ぜひ立ち寄ってみて下さい!

 

information:
名称:Cộng Cà Phê(コンカフェ)
HP:https://congcaphe.com/
Wi-Fi:有
予算:300円前後~
タイトルとURLをコピーしました