【ダナン隠れた名所】火を噴くドラゴンブリッジ!ベストショット撮影の”6つのポイント”も紹介。

ダナン
スポンサーリンク

ダナンのドラゴン橋(ドラゴンブリッジ)は毎週末(土・日)に火を噴くという事で見に行ってみました!

迫力の火を噴く瞬間は、1回30秒程度で、回数は2回。その後噴水が3回となっており、前知識なく行ったもんだからタイミングがわからず、妙にインターバルがあるので、デジカメがスリープモードになってしまって、動画撮影に失敗してしまいました;;

ダナン、ドラゴン橋

ド迫力!!!

撮影のベストスポットは”頭側”で、全体が入るよう若干離れた私の位置でもそこそこ熱が来たので、一番近くの人は相当アツイんじゃないかな?と思います。

かも、

火を吐いた後の噴水の量も凄いので、近くで撮影する人はずぶ濡れも覚悟した方が良さそうですよ!!

ということで今回は、ドラゴン橋の火を吐く実際の様子から、ベストポジション、火を吐くタイミング、一発で撮影するための6つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

ドラゴン橋へのアクセス


橋の西側がしっぽで、東側が頭なので、撮影スポットは、橋の東側になります。

西側から向かう場合も、ドラゴン橋は徒歩で渡ることが出来るので、問題はありません。

私もホテルが西側だったので、ハン川沿いを歩いて向かったのですが、道中、ドラゴン橋以外にトランティリ橋や、サンワールドの観覧車などもライトアップされており、一緒に楽しむことが出来ました!

ドラゴン橋へ行く時間は?

火を噴く時間は夜の9時(週末土日)なのですが、周囲はちょっとしたお祭りムードで、出店などもあるので、早めに行っても時間を余すことはないと思います。

 

近くにはマードラゴン像とかいう(どうみてもパクリの)像があり、この近くにはカフェもあるので、早めに来た人たちはここで寛いでました。

マードラゴン

マードラゴンらしい・・・

 

私も早めに着いたので、この”マー的な像”の近くにあった「BUMBA DA NANG」というお店でミルクティー買ってみました。

清潔感もあるちゃんとしたお店で、料金も200円程度なのでおすすめ!

ドラゴン橋撮影のベストポジションと注意点

ここからが今回の本題

 

↑このポイント辺り

撮影ベスポジは上述したように橋の東側なのですが、橋の上から撮影したほうが間近で撮影できますが、橋を降りた場所が全体像が入るのでオススメ!

後半の噴水も大量なので、橋の上で撮影する人は覚悟が必要ですよ!

撮影タイミング

火を噴くタイミングは9時ジャストで、噴射前にドラゴンのライトがいったん消えます。次の週再度行った時には点いたままでした。

その後、断続的に5回程度火を吐きます。

 

火を噴く瞬間は掴みづらく、口に火が来たと思ったら直後に5回程度火を噴いてすぐ終わってしまうので、そろそろ来そうだと思ったら、構えて待っていた方がいい撮影が出来ると思います。

2度火を噴いたら、次は1分後位に、10秒程度噴水し、それを3回くらい繰り返して終了になります。

全部の合計時間は大体5~10分程度なので、メモリーに余裕があるなら、すべて動画で撮影したら撮り損ないはないと思います。

ドラゴン橋撮影の注意点:まとめ

  1. 火を噴くのは土日の夜9時
  2. 川沿いから向かえばドラゴン橋以外のライトアップも楽しめる
  3. ベスポジは東側の橋の下
  4. 早めに到着しても先にお祭りが楽しめる
  5. 火は2回噴射。のち、噴水3回が2セット
  6. セット間のインターバルは約1分(噴水は少し早い)

 

これを記憶にとどめて、一発でいい写真納めてください!

 

追記

前回若干失敗したので、もっといい写真を収めようと次の週に再度撮影に行き、今度は無事成功!!したのですが、、

今回は噴水が~大量で、近くの人はずぶ濡れになってたので、橋の上で見る人は要注意ですよ!

お得な航空券なら『エアトリ』

定期的に見つかる激安チケットなら、国内旅行よりお得かも!?
航空券のみの販売だけでなく、ホテル付パッケージから、海外ツアーの検索もできます。
まだ利用したことない人の為にチケット購入方法を簡単に解説してます。

\\ 団体も一人旅も お得な航空券エアトリ //

タイトルとURLをコピーしました