ハン市場の楽しみ方。周辺の両替所からおすすめショップも紹介!【ベトナム・ダナン】

ダナン方面

ベトナムのダナンと言えば、今ではビーチリゾートを前面に押し出してますが、ミーケビーチから橋を渡り、もう一つの観光スポットバクダン通り側に行くと、ハン市場やダナン大聖堂などの有名スポットも多く、お買い物から、観光にも楽しい場所になってます。

ダナン2大市場の「ハン市場」「コン市場」のうち、今回は『ハン市場』の見どころから、おすすめルート、周辺にあるオシャレなお店や、近くの両替所なども一緒に紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ハン市場の概要

ハン市場

ミーケビーチが有名になってきたダナンですが、ハン市場周辺まで少し足を延ばせば「ベトナムらしさ」も体験でき、ハン市場の中ではベトナムらしいお土産からメーカー物の衣類などまで格安で買えてしまうので、お土産購入には最適です!

 

Information: ハン市場(Chợ Hàn)
住所: 119 Đường Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム
営業時間: 6:00~19:00
電話番号: +84 236 3821 363
HP: http://khoedeponline.net/cho-han.html

 

 

場所は、ダナン国際空港から向かうと、ハン川の手前「ハン川橋・ドラゴン橋」の間に位置します。

このハン川沿いのやや北にある「バクダン通り」は周囲もオシャレになってきていて、欧米の観光客にも人気が高く、「ダナン大聖堂」「週末火を噴くドラゴン橋」などの見どころも多いので、ビーチ側でなくこの辺りに宿を取られる方も多いようです。

 

ハン川

 

周辺の様子は、観光客も多く往来している事もあって、体感治安はすごくいいですね。(ただしバッグを”ギュッ”と持っておくのは鉄板!)

 

さて、このハン市場ですが、日本で”市場”というと、”生鮮”を思い浮かべますが、はっきり言うと、殆どお土産品!

扱ってる品物は、乾燥フルーツや、コーヒー、籐のカゴバッグといった、ベトナムらしいお土産品に・・・

某スポーツメーカーの靴、バッグ、Tシャツといった物まであり、交渉次第では超破格で手に入っちゃいます!!

 

ハン市場内部に潜入!

ハン市場

 

さっそく、ハン市場の中に入っていきましょう!

1階ではナッツや乾燥フルーツ、コーヒーといった食品関係と、カゴバッグのような民芸・工芸品が多いです。

 

ハン市場

ハン市場

 

2階では所狭しと衣類やバッグなどが売られてます。

 

ハン市場

靴だらけ

ハン市場

ダウンもある。

ハン市場

バッグもある

某メーカーのバッグ等も売られてますが、この手のバッグはハン市場よりコン市場の方がやや種類が多かったです。

 

アディダスの靴

2,000円以下で買えた。

値段交渉の末、10万ドン程度値引きに成功し、2千円以下まで落とす事に成功!

 

その他の売ってる物など

ハン市場

ハン市場の中にも一部飲食店があるので、ローカルフード食べたいお腹の丈夫なチャレンジャーのかたはぜひ!?

 

ハン市場

商品の殆どが言い値なので、初めてだとちょっと躊躇しますが、「ディスカウントプリーズ」と一言言って、値引き合戦しましょう!

 

 

ハン市場周辺にあるその他のおすすめ

ハン市場周辺

このハン市場近辺にはガイドブックにも載る有名スポットも多くありますが、それ以外にも見つけたお店や両替所も一緒に紹介します。

 

タムシンゴールドショップで両替

タムシンロイ

ガッツリ木に隠れてるところです。

 

市場や露店の殆どは現金購入になるので、手持ちが少ない時には両替所でサクッと両替しておきましょう。

ハン市場のすぐ近くには、「タムシンゴールドショップ」という宝石屋さんがあり、良心的なレートで両替も出来ます。

 

information: タムシンゴールドショップ1(Tiệm vàng Tâm Thịnh 1)
住所: 121 Đường Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム
営業時間: 7:00~18:00 毎日

 

レートは日によって変動しますが、少なくとも空港より悪くなかったです。

お店にはレートなどが表示されてるのですが、いまいちわからないので、直接お店の人に聞いてレートを確かめたほうが間違いないです。

英語が不得意でも、両替したい金額(1万円など)を店員さんに見せて、片言の英語で「ジャパニーズイェン トゥ ドン プリーズ」とか、適当に言えば通じます。(相手頼み)

そうすると、電卓で数字を見せてくるので、現時点(2019年)で1万円が大体200万ドン越えていれば、レートは悪くないです。

 

革製品屋さんにも寄ろう!

ハン市場周辺

裏手の革製品屋さん

 

ハン市場の裏で見つけた革製品のお店です。

こちらはグーグルマップには店舗などの情報も掲載されてないのですが、ハン市場をぐるっと裏側まで回ると見つける事ができます。

 

クオリティは高い

 

ハン市場内ではなく、完全に独立した店舗のようですが、商品に料金タグも付いており、ブランドではなさそうですが、手作り品のようで、しっかり作られた革のバッグや財布などが、かなりロープライスで販売されてました。

 

ハン川沿いの革製品屋さん

 

元々こういった製品の工場がベトナムにも多くあるので、値段は安くても作りはしっかりしてますね。

ベトナムらしいかは別にしても、カッコイイ革の長財布なんかも売っていて、友達や自分へのお土産にもいいかも。

革製品に興味のある男性には特にオススメ!

 

ダナン大聖堂で映え写真GET!

ダナン大聖堂

 

なんといってもこのダナン大聖堂は外せませんね!

場所はハン市場から目と鼻の先で、ピンクの外壁が可愛いので、迷う事はないと思います。

入場料などもないので、ここにも寄りましょう!

 

ダナン大聖堂

 

一通り見た後は、裏側の入り口横の売店ではダナン大聖堂らしいお土産品が販売されているので、ついでに回るといいと思います。

 

information: ダナン大聖堂(Giáo xứ Chính tòa Đà Nẵng)
住所: 156 Đường Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム
HP: https://www.giaoxuchinhtoadanang.org/

ホアリーショップには日本語POPあり!

ダナン、ホアリーショップ

 

ハン市場からダナン大聖堂に向かい、更にもう少し南に進むと、この『ホアリーショップ』を見つける事ができます。

こちらのショップをオススメする理由はなんといっても、「日本語POPに、日本語対応の店員さん」!!

巾着などのベトナムらしいお土産から、可愛い商品なども多くあり、支払いにはカードも使え、安心してお買い物することができると思います。

 

ホアリーショップ

 

初ベトナムで市場の雑多な雰囲気に圧倒された場合には、こちらの「ホアリーショップ」でゆっくりお買い物を楽しまれるといいと思います。

 

 

下記リンク先で『ホアリーショップ』の商品をもっと掲載してます♪

 

information: ホアリーショップ(Hoa Ly Shop)
住所: 262 Trần Phú, Phước Ninh, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム
電話番号: +84 236 3565 068
営業時間: 8:30~18:00 毎日

 

近所のカフェで寛ぐ!

ダナンのコンカフェ

 

ハン市場でのお買い物に疲れたら、近くのカフェで休憩しましょう!

 

ダナンのコンカフェ

 

コンカフェは、ここダナンには余り店舗が無いようなのですが、このハン市場のすぐ裏手(やや北)にあり、ノスタルジックな雰囲気を味わえるお店なのですが、その外観もあり、初めてだとちょっと不安になるかも知れませんが、一度なれると店員さんも親切で、良心的価格でカフェを楽しむ事ができるおすすめのお店です!

 

ダナンのハイランズコーヒー

 

同じハン川沿いにはハイランズコーヒーもあり、こちらも良心的価格でカフェを楽しむ事ができ、コンカフェのようなノスタルジックさは皆無ですが、いわゆるお洒落なカフェで、初めてでも入りやすいので迷ったら、こちらもありですね。

 

 

おすすめの時間帯は?

ダナンのハン川

 

ハン市場のすぐ裏にあるハン川にかかる橋「ハン川橋・ドラゴン橋・トランティリ橋」は夜になるとライトアップされて、周囲は一つのお祭りムードになったりします。

ハン市場の営業時間は「夜19時まで」なので、夕方前にこのハン市場に訪れてお買い物を楽しんで、ハン川沿いのカフェで寛ぎながら、ライトアップされた橋を楽しむのも一興かとおもいます。

さらに週末の夜9時からは、このドラゴン橋が火を噴くパフォーマンスもあり、ハン市場からやや距離がありますが、徒歩で向かう方も多くいるので、それに合わせるとより効率的に楽しめるんじゃないでしょうか。

 

 

まとめ

ハン市場

ダナンにはこの「ハン市場」以外に2大市場といわれる、もう一つ「コン市場」もあり、どちらも行くとより一層楽しめると思いますが、

今回紹介したハン市場の方が売り場も広く、観光客向きなので、時間が無い場合はこの「ハン市場」オススメします。

 

今回紹介したお店でルートを取るならば、

昼食後 → まず先にホアリーショップ → ダナン大聖堂へ向かう → タムシンで両替 → ハン市場に到着 → 外周をお散歩(革製品屋さんも) → 中でお買い物 → カフェで休憩 → ハン橋・ドラゴン橋のライトアップを楽しむ。

このルートが一番効率よく楽しめるんじゃないかな?と思います。

今回紹介していないお店以外にもこの周辺は有名ショップや、美味しいローカルフードのお店なども多くあるので、上記のルートに各自で行きたいお店をうまく組み合わせてみて下さい。

ミーケビーチでゆっくりリゾート感を楽しむのも楽しいですが、このハン市場もテッパンの観光スポットでした!

 

コン市場の様子もアップしました、合わせて読むとハン市場とコン市場の違いもより分かるんじゃないかなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました