ベトナム旅行の必須テク!!露店で値段交渉する際の6つの注意点。

ベトナム旅行情報

今回は、ベトナムの露店や市場でのお買い物に必須になる値段交渉時の6つの注意点と、小心者でもイケル値切りテクを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

まえがき

今までにベトナムのハノイとダナンに滞在し、小柄で小心者の私(男)も露店や市場での値段交渉にもだいぶ慣れてきたので、ますますベトナムが楽しくなってきました。

市場や露店には、デパートには売ってないお土産や、スポーツメーカーの衣類やバッグ(正規品かはお察し)なんかを格安でゲット!出来たりするので、怖がらずに絶対行くべき!

 

有名な観光地だと、「ハノイナイトマーケットドンスアン市場」・「ダナンコン市場ハン市場」・ホイアン・ナイトマーケット」などは”言い値”のお店が基本で、

私のような小心者でなくとも、値段交渉に慣れてない日本人では、毎日観光客を相手に商売して手慣れているオバチャンの言い値に何も言わないと、そのまま買わされてしまうので、値切りは必須!になってきます。

 

ベトナムの物価は日本に比べると約3分1~5分1程度と安く、メーカー衣類もベトナムで生産されているものなんかは、非常に安価で販売されていて、

案外、最初の時点でも安かったりするのですが、軽い気持ちで「ディスカウントプリーズ」と言うだけで100円200円分でも更に安くなったりするので、一言でも言った方が断然いいですよ!

 

とはいえ、特に初めてのベトナム旅行の場合、不安な人もいると思うので、ベトナム旅行でお得にお買い物がいっそう楽しめるように、ベトナムの市場や露店で値段交渉するときの6つの注意点と、”英語力皆無かつ小心者”の私でもできる値段交渉術?を紹介したいと思います。

 

値段交渉の際に気を付けるべき6つの注意点

 

まず始めに、ベトナムの露店などで値段交渉する前に知っておいた方がいい6つの注意点を紹介します。

  1. 英語はあまり通じない。
  2. K 表示に惑わされるな!
  3. 紙幣を間違うな!
  4. お店によって言い値が違う。
  5. クオリティはきちんと確認。
  6. むやみやたらに値段を聞かない。

 

1:英語は通じない。

ベトナムでも私が現時点で行ったハノイそしてダナンも、ホテルなどになると、かなり英語が通じるのですが、市場や露店では「ディスカウント」というワード程度しか英語が通じない人も(人のこと言えませんが…)多くいます。

グーグルトランスレーター(ベトナム語)などで交渉するのも悪くはないですが、ただのお買い物時には会話による交渉より数字の見せ合いのほうが効率もよく、お互いに直感的にわかりやすいので、大体のお店に電卓はありますが、自分でも小さめの電卓を携帯しておくと便利だと思います。

電卓

無印の電卓

この電卓が薄くて、手のひらより小さいサイズなので、邪魔にならなくて丁度いい!!

 

余談ですが、値段交渉時に店員さんが大きめに渋い顔(不快な表情)するのは、戦略という一面のほか、「会話が通じないから」という所が大きくあるような気がします。 そういったこともあり、笑顔接客が常識の日本では慣れてないと、気が引けてしまったりしますが、これはある種”ただの会話”だと思うので、深く気にする必要はないと思います。

 

2:K 表示に惑わされるな!

ベトナムのお買い物で結構気を付けないといけないのは、”単位の大きさ”です。

現在(2019年4月時)ベトナムドンと日本円の為替は、10,000ドン≒約50円 と単位が大きく、1万円だと約200万ドンとなり、レストランでは普通に24万ドン!?などと請求され、いくら支払ったか一瞬わからず、「ボられてるのか??」と不安になってしまう事もあります。

 

実はそれ自体は慣れなのでそれほど問題ではないのですが、この単位が大きいこともあって、現地でも料金表示が”K”で記されてることも多くあり、この事が更にわかりづらさに拍車をかけてしまいます。

”K”というとパッと理解されにくい人もいるかもしれませんが、これは”千”の単位表記で、単純に”キロ”を表しており、”1キロメートル””3キログラム”と同じなので、50kドン」の場合5万ドンという事になります

 

この事で、露店での値段交渉時なども電卓にも、この”K”分を抜いて表示される人も多く、単に「50(フィフティ)」などと言われたりします。

そして、これの何が最も厄介かというと、日本では数字を万単位で切っているので、数字が大きくなるほどややこしくなるという問題があります。

つまり?

どういうことかというと、日本では0が4つで区切られており、「万の上が億」「億の上が兆」というようになりますが、

この”K(キロ)や、さらに上のM(メガ)、G(ギガ)〈もっと上のTテラ等〉というのは0が3つで区切られているので、

要するに400万の場合、4,000,000なので、”400kではなく4000kとなり、「4000」と表示されたり「フォーサウザント」と言われ、一瞬「4千円?」に見えたり、k表示だとわかっていても、「4万円?」と勘違いしたりという、より一層ややこしさに拍車がかかる一面があるのです。(書いてると余計わけわからなくなってきた)

 

これはちょっと買い物する程度なら感じないと思いますが、一日あちこちで交渉してお買い物していると、本当にわけわからなくなってきたりすると思います。

 

更に、市場では少ないですが高級レストランの中には、欧米の観光客にもわかりやすく、米ドルでも表記してあることもあり、その場合40だと40ドル=約4000円という事になりますので、40kドン(200円)と勘違いすると相当差が生じてしまいます

 

さすがに普通の露店や市場でこれを逆手に取ったような詐欺まがいの行為をするお店はまずないでしょうが、ホテルに帰って「想像より高く買ってしまっていた!」というようなことにならないように、購入前にきちんといくらなのかを最終確認するのが失敗も減ると思います。

 

よく使われる暗算方法に、K表記の場合数字に「▲x5」する方法や、そのままの場合「▲÷200」する方法(2019年時点の為替相場)等が言われますが、市場など人の多い中ではうっかりミスも増えてしまうので、しっかり電卓で計算したほうが確認もしやすいのでおすすめです。

 

3:紙幣を間違うな!

2に若干係ってくる部分がありますが、ベトナムの通貨はすべて紙幣になっており、若干サイズが違うだけで、色や形も似てる紙幣も多く、間違えて出してしまう事が良くあります。

 

大きな紙幣を嫌がるお店も多いので、間違えて大きな紙幣出すと、大抵こちらの手元を見ながら、「そっち、そっち」といった感じで指さされたりするのですが、

いくら支払ってるのか一瞬で判断付かないと、ボッタクリでなくとも判断ミスする可能性もあるので、お財布には大きい紙幣と小さい紙幣を別々に保管するといいと思います。

お金の保管方法

私の保管方法は、露店などの外のお店で毎回大きな紙幣も一緒に見せなくていいように、最高単位の50万ドン札を完全隔離で保管し、

10万ドンは約500円なので、10万ドン以上と以下を分けて、

更に”ちょこちょこ出す用”として「20万ドン1枚10万ドン1枚とそれ以下のさらに小さな紙幣」を別に輪ゴムで止めて、取り出しやすい場所に入れてます。

 

そうすると、仮に落としてもせいぜい千円程度ですみますし、人の多い所で大きな単位のお金を見せなくて済むのと、

そもそも、小さいお金を輪ゴムで止めてる旅行客は”歴戦のトラベラー”に見えて、怪しい人に目を付けられにくいんじゃないか?という思惑でそうやって保管してます。

どちらにしても、露店などでは滅多に最高単位の50万ドン(約2500円)は使う事も少ないですから、一緒に出して落としたりするようなことが無いように分けている方がいいと思います。

 

4:言い値が違う

市場の中では、隣どうしでも同じ商品を扱ってる店も多く、何店舗か回ると同じ商品でも言い値が違う事に気づいてきます。

 

小柄で小心者の私は、優しそうな店員さんのお店が一番交渉しやすいのですが、お店の思惑まではわかりかねますが、最初の言い値が50%位落とされるのを覚悟での言い値なのか、30%位までを想定した言い値なのかのような感じで、差があったりします。

 

全てのお店で値段確認できればいいのですが、そうも中々できないので、買いたい商品を見つけたら、最初の時点で購入金額をある程度決めてしまって交渉するのがいいと思います。

商品により違いはありますが、現時点(2019年4月時まで)で私の体感した感じでの相場は、スポーツメーカーのバッグやシューズの多くが大体2千円以下で買える感じで、 カゴバックなどの手作り品もサイズ違いなどによりまちまちですが、千円から2千円が多い感じです。

5:クオリティを確認

これはまた4にも係る感じになりますが、同一商品でもクオリティもまちまちなので、同じ商品でも、色んなお店で、きちんと商品のクオリティをチェックしたほうがいいです。

購入後の不具合で、返品交換に対応してくれるお店だったとしても、再度行くことになるので、限られた旅行時間が無駄にならないように、購入前に裏地や、チャックの開け閉めなどをしっかり確認するだけでも失敗もかなり減ると思います。

 

6:むやみに値段を聞かない

場合によっては、値段を聞くだけ聞いて去ろうとすると文句を言ってくる人(ベトナム語なので内容はさっぱりですが)も稀に居たりするので、あまり興味が無い(買う気のない)商品の値段をむやみに聞かないほうが望ましいと思います。

とはいえ怖がる必要はないので、気になる商品があったら、値段をきいて、交渉に移るのがベターだと思います。

ベトナムでは物価が安いので、そのまま購入しても損した気分になりませんが、市場や露店の最初の言い値は相場より高いのが往々ですので、少しでも安くしてもらいましょう!

 

小心者でもイケる値段交渉術!

小心者で英語力皆無の私がベトナムでよく使う”値段交渉方法”を解説したいと思います。

基本的にベトナムの市場や露店で商売されてる方の多くはそれほど英語が堪能ではない方も多く(私も英語力皆無なので人のこと言えませんが…)、電卓で値段の見せ合いが一番わかりやすいので、電卓片手に値段交渉します!

 

まずは「ハウマッチ?」

まず最初に気になる商品見つけたら、まず先に自分の中で「この値段なら買ってもいいかな?」を決めてしまいます。

そうしたら、お店の方に「ハウマッチ?」(大抵このくらいの英語なら通じる)と値段を聞きます。

 

交渉に移る

一応値段は聞きましたが、、

ハナからその値段で買う気はありませんけどネッ!!

 

次に「ディスカウント??」などと言って相手の出方をうかがいます。

 

稀に、というか、商品によってはそもそもディスカウントが無理なものもあるので、そういった場合はこの時点で、お店の方がはっきり「ノー」と言ってくるので、その場合は、「カムオン(ありがとう)とでも言って立ち去りましょう。

 

ディスカウント可能な商品の場合は、相手が電卓で多少引いた額を提示してきます。

ここからが本番です。

 

渋い顔には渋い顔で応戦

相手はこっち以上に交渉慣れしているので、渋々「この位なら引ける」といった顔をしながら、若干しか引いてこないです(例えば33万ドンの場合30万ドン程度)

 

そしたら、こっちも渋い顔しながら、電卓とにらめっこします。(この時ついでに、日本円だといくらになるか、÷200で計算したりします)

相手も売る気がある場合、「幾らなら買う?」といった感じで出てきたら、勝負開始です。

 

仮に今回の想定額:30万ドンで提示してきた場合、さすがに50%オフは難しいですが、こっちも渋い顔しながら20万ドン程度を提示します。

 

すると、相手も「絶対無理><」的な顔をしながら、27万ドンや25万ドンを提示してくるので、「プリーズ;;」と言いながら再度20万ドンや21万ドン程度を提示します。

 

すごくいい人の場合それで「OK」といってくれたりしますが、多分最終的には向こうが23万ドン位で提示してくるので、それで納得したら購入しましょう。

これで最初の言い値から10万ドン(約500円)おまけしてもらう事に成功。(理論値)

交渉するなら買う。買わないなら交渉しない

一応ここまで交渉した場合最終的に買うのがマナーのようですので、「交渉するなら買う、買う気が無いなら交渉しない」という風にした方がいいと思います。

仮にあと2万ドンおまけして貰えると仮定しても、その差は100円程度で、日本人にはそれほど大差にはならないのですが、現地の人には一食食べられたりする金額なので、本気で1~2万ドンを交渉している感じです。

ですから、うまく交渉できなくて思ったほど安くできなくても購入するか、一度目の交渉の時点であまりにも購入予定金額に隔たりがある場合は、その時点でそれ以上交渉せず立ち去るほうが望ましいと思います。(逆にそれが相手の戦略だった場合、立ち去ろうとすると止められて、もっと安い金額を提示してくることもあったりもしますが・・・)

 

今までの戦利品の一部

ハノイ・ドンスアン市場にて、(アンダー某マー)タンクトップ。約500円で購入。

作りもしっかりしていて、生地も強い!

 

ハノイの露店にて、(某スフェイス) バッグ。約1500円で購入。

この時はまだまだ慣れてなかったので、今ならもっと安く買えたかも… それでも安い!

 

ダナン・ハン市場にて、某ディダスの靴。約1700円で購入。

アウトソールが分厚いのが欲しかった! でもダナンで履くには熱かった…

 

ダナンの露店にて約2000円で購入。

 

メーカーはよくわからないけれど、外生地もしっかりしていて、海外旅行の際持って行ってる13インチPC(DELL LATITUDE E7240)を入れるのに「サイズがぴったりでクッションもしっかりしていて3WAYのバッグ」を探していたので丁度良かった!

ダナンのハン市場とコン市場の丁度間位にあった露店で、値切り前でもかなり安かったのですが、お店のお母さんが感じのいい人で、交渉した結果、500円ほど安くしてもらい、約2000円で購入できて、最高にいい買い物ができました!!

場所はダナンのハン市場とコン市場の丁度中間あたりに記した場所の角にあったお店。

この通りには他にもバック屋さんも多くあったので、ハン市場からコン市場に徒歩で行くなら、途中に覗いてみるといいと思います。

 

まとめ

露店や市場での交渉は、笑顔接客が基本の日本人には、嫌な顔されたりすると、なんか悪い事してる気持ちになったりして、気が引けたりしますが、

ベトナム人の知人によると、現地の人たちはその金額の半額以下で購入出来るらしいので、それほど遠慮することもないかもしれません。

 

メーカー物衣類に限らず、かごバック等も市場や露店では値切りが基本なので、「ディスカウントプリーズ」は絶対に言った方がいいです。

とはいえ、物価が低いので、最初の時点でも安かったりしますから、あまり金額にこだわらず、値切り自体をベトナム旅行の楽しみの一つとして捉えるのが正解じゃないかな?と思います♪