マカオでトランジットしてダナンに行く方法。【マカオトランジット方法(前編)】

ダナン方面

今話題のビーチリゾート、ベトナム・ダナンへ行きたくて、エアトリで格安チケットを探し出しなんと”往復2万!?”という破格のチケットでダナンに行くことができました。

 

 

ただこのチケットは、行も帰りもマカオ空港でのトランジットとなり、英語力皆無の私は初海外トランジット。帰りはマカオ空港でロビー宿泊という「本当に出来るのか?」という不安の中での決行でしたが、やってみると案外うまくいくもんですね!

とはいえ初海外トランジットなので、預けた荷物(バゲージ)は一度マカオで受け取るのかどうかもわからないし、帰りのマカオ空港ではモバイルバッテリーを没収されたり等々、ちょっとしたトラブルもあったりしました。

ですので今回は、マカオトランジットが不安な人のために、英語力皆無でど素人の私でも行けた、私の最寄り福岡空港からマカオ空港トランジットベトナム・ダナンまでの行き方【前編】(帰り方は後編)の手順を写真付きで一から解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

マカオ空港トランジットの不安要素

行く前に思った不安要素は四つ。

  1. バゲージは一度マカオで受け取る必要があるかどうか?
  2. イミグレカードの記入は必要かどうか?
  3. 乗り継ぎロビーへは迷わず行くことが出来るか?
  4. マカオの搭乗ゲートに迷わず行けるか?

まずはこの四つの不安要素を一気に解消します。

 

バゲージの受け取りは?

今回使用したマカオ航空はLCCぽいですがLCCではないので、手荷物以外に20キロまでのバゲージを一つ預けることができます。

これを一旦マカオ空港で受け取る必要があるかどうか不安だったので、日本語が通じるうちにチェックインの時に確認しましたが、受け取る必要なくダナンまで行くことができました。(チケットによると思うので確認してください)

ちなみに帰りも片言の英語とグーグル翻訳で、ダナン国際空港の受付の方に確認したのですが、途中で受け取る必要はなかったです。

 

イミグレーションカードの記入は?

イミグレーションカード(入国審査カード)は以前香港に行った際、入国に書かされたので、同じ中国圏の特別自治区という事もあり、記入の必要があるのかと思いましたが、マカオではそもそも無いのか、乗り継ぎだからか、こちらも必要なかったです。

 

マカオ空港は迷わない?

マカオでの乗り継ぎの詳細は後述しますが超簡単で、飛行機を降りると「乗り継ぎ」と日本語で書かれた方向指示があるので英語力皆無でも一切迷う事はなかったです。マカオでの搭乗ゲートもマカオ空港は広くないので迷うことなくすぐに見つけることができました。

 

マカオトランジット・ダナンまでのイメトレ

単純にイメージすると

福岡空港(日本)日本の発着ロビー(道中) → フライト(道中) → マカオの発着ロビー(道中) → フライト(道中)ダナン到着(ベトナム)

こんな感じでしょうか。

 

マカオには一度降りますが、目的地(ベトナム)までの道中という感じで入国するわけではないので、イミグレの記入も無く、そもそもバゲージの流れる場所にさえ行きませんし、変わったことしないのなら、搭乗ロビーからただ飛行機を乗り換えるだけといったイメージです。

 

マカオトランジット→ダナンまでの行き方

それでは、ここからマカオトランジットでダナンまでの行き方の詳細を写真付きで紹介していきます。

 

福岡空港

福岡空港

まずはチェックインですが、この時点で乗り継ぎの分のチケットも合わせて2枚渡されます。

 

①は日本からマカオまでのチケット、②はマカオからダナンまでの飛行機のチケットになってます。

チケットにはゲートナンバーや座席番号まで書いてあるので確認しておきましょう。

バゲージもこの段階で預けてしまえば、あとはダナンで受け取るだけです。

 

福岡→マカオ

移動時間は約3時間。

 

普通においしいよ!

格安チケットだけれどLCCではないので、機内食までばっちりついてきます!

 

機内にモニターも付いており、映画(英語字幕でしたが…)も放映されていました。

機内には日本語の話せるCAさんも搭乗しており、乗り継ぎの場所など質問させていただいて、初トランジットの不安を多少解消することが出来ました。

 

マカオ空港にて

マカオ空港

ロビーまでの通路は殆ど1本道で、唯一の分かれ道には「乗り継ぎ」と日本語で書かれた掲示板もあるのでまず間違う事はないと思います。

ロビーまでの距離はそれほどなく、ロビーに行く途中で再度手荷物検査があります。

手荷物検査を終え、道なりに進めばすぐロビーに着きます。

次の飛行機の搭乗は、離陸時間の約30分前からになっていましたが、トランジットには余裕持って2時間位はあるほうがいいです。

 

マカオ空港

マカオ空港のロビーはそれほど広くなく、端から端まで歩いても10分もかからない程度の距離で、中にはレストランからお土産屋さんに両替所もあるので、2~3時間なら待ち時間もすぐにつぶせると思います。

 

搭乗ゲートを必ず再チェック!

マカオ空港

 

着いてまずチケットに書かれた搭乗ゲート(ボーディングゲート)を確認しに行き安心していたのですが、チケットの内容と現地での搭乗ゲートが変わっており、2度探す羽目になってしまいました。

到着後にチケットに書かれた搭乗ゲートナンバーに変更が無いか、ロビーの電光掲示板で確認しておきましょう!

 

マカオ空港

わからない時はロビーの中央辺りに案内所があるので、そちらで確認してもらうと間違いないと思います。

 

お買い物はMOPかHKD

マカオ空港

ロビーにはお土産屋さんからレストラン等もあります。

 

マカオ空港

マカオの通貨は”パタカ(MOP)”になっていますが、香港ドルでもそのまま支払え、1MOPと1HKDを”イコール”として扱っているようです。

 

マカオ空港

今回、ベトナムでの支払いに海外プリペイドカード(マネパカード)を持って行ったのですが、カードに米ドルしかチャージしておらず、レストランで使おうとしたところ、米ドルは不可と言われたので、海外プリカ(マネパカード等)で支払いたい場合は米ドルとは別に香港ドルも多少入れておくか、現金で香港ドル(もしくはMOP)も多少持ってると良さそう。

 

マカオ空港

スターバックス

時間までスターバックスで休憩しようと思ったのですが、残念ながらこちらもマネパで米ドルでの支払いは不可でした。(前回、香港旅行時に入れたHKDのチャージ分をそのままにしておけば良かったと後悔…)

 

ロビーに両替所があったので、現金が必要ならこちらで両替する事になると思います。

 

マカオ→ダナンまで

マカオ空港

今回の搭乗時間は出発30分前からの乗り込み開始でした。

時間までにボーディングゲートへ行き、チケット(2枚目)とパスポートを渡し、間違いが無ければ、次は目的地のダナンです!

 

マカオからダナンまでのフライト時間は約2時間で、すぐに着いてしまうので今回は食事は出ません。代わりにちょっとしたおやつが出ます。

 

ダナン国際空港到着!

ダナン空港

到着したら入国審査に並び、無事入国!

ダナン国際空港も広くないので、バゲージのレーンまで迷うことなく行けると思います。

両替所は建物の中にはなく、一旦外に出て左に行くとすぐあります。

 

ダナン空港

なんとなく「CURRENCY EXCHANGE」のほうに入った

レートは1万円→約195万ドン(19年4月時)で若干良くなかったので、余裕があるなら街に出てから両替したほうがいいと思います。(1万円なら街中の両替所との差は約500円程度です。)

 

ダナン国際空港

タクシー乗り場にはマイリンタクシー

ホテルまでの移動には、ベトナムで安心なタクシー会社のマイリンタクシーが外に止まっているのでそちらを利用されるといいんじゃないでしょうか。

 

マカオトランジット(行き)のまとめ

きのマカオ空港トランジットで遭遇したトラブルは2つ。

  • マカオ空港で搭乗ゲートが変更されていた。
  • マカオ空港では海外プリペイドカード(マネパカード)で米ドルは使えない。

マカオトランジット(トランスファー)は思ったよりすごく簡単で、行きでの実際のトラブルはこの程度でした。

出発前に特に不安に思っていたマカオ空港での移動は、まさかの日本語で方向指示も出ており、英語力もなく海外旅行素人の私でも迷う事なく行くことができたので、取り越し苦労でした。

マカオ空港は綺麗で約3時間のトランジットもウインドウショッピングしていたら、あっという間に過ぎてしまいました。

 

今回のダナン行きの格安航空券は、帰りもマカオトランジットなのですが、帰りは夜中から朝までのトランジットになります。

後編は、ダナンからのマカオトランジット、マカオ空港の深夜の様子、ロビー宿泊の注意点、冒頭で触れたモバイルバッテリーの没収の詳細になります。

 

エアトリ格安チケット探しにGO♪