格安ベトナムSIM『Vietnamobile』の設定方法!!『イモトのWi-Fi』との違いも比較してみた!

ベトナム

ベトナムも観光地域なんかだと通信網が発達していて、高級ホテルに限らず、お得なホテル(アパート)や、カフェなんかでもフリーWi-Fiが大体設置してあるので、SIMなしでも概ね通信に困る事は無いのですが、、

SIMフリースマホなら現地SIMも用意していくか、シムフリーじゃない人の場合なら海外(ベトナム)で使えるモバイルWi-Fiをレンタルして行けば、海外でもいつでも通信できるので、グーグルリアルタイム翻訳を使って露店の人と値段交渉しちゃったり、旅行も一層楽しめるとおもいます!

現地SIMの購入は、現地の空港などでも販売していたりしますが、『Vietnamobile』は価格も数百円と激安で『Amazon』で販売しているので、旅行前に事前に準備しておきたい心配性の私は重宝してます♪

 

先に大まかな使用感をいうと、

今まで”ハノイ・ダナン(一部ホイアン)・ホーチミン”と観光しましたが、街での通信も稀に途切れることもありますが概ね安定していて、

開通から*15日間使用可能、通信容量10G、電話番号も付いており、配車アプリの『Grab』タクシーも使用可能なので、使用感も申し分ない感じですね。*15日間は、ベトナムにノービザで滞在できる日数と同じ)

 

という事で『Vietnamobile 4G 15日間 10GB データ通信SIMカード』設定方法、ベトナム現地で実際に使用してみた感想と、SIMフリースマホじゃない人には『イモトのWiFi』と比べてみた違いなども合わせて紹介したいと思います。

 


Amazonで確認

スポンサーリンク

VIETNAMOBILE(ベトナモバイル)概要

ワタシノブレインwiki情報によると、

Vietnamobileは、ベトナム通信キャリアの1つで、2012年時点の情報では、ベトナムで4番目に大きなのプロバイダーらしいです。

参考:https://en.wikipedia.org/wiki/Vietnamobile

 

通信範囲

ベトナモバイル

参照:https://www.vietnamobile.com.vn/support/coverage

バンド帯は(2G, 3G, 4G/LTE)となっていて、通信範囲を『vietnamobile(公式サイト)』で確認すると、緑色の所が通信可能地域のようですが、『ハノイ・ホーチミン・ダナン・フエ・ホイアン・ニャチャン』などなど、ベトナムの観光名所は殆どカバーしていますね。

 

『vietnamobile』の設定方法

さっそく『vietnamobile』の設定方法を紹介します。

 

このSIMカードはシムフリースマホだけでなく、タブレットやWi-FiルーターなどSIMフリー端末なら使えるようですが、下記の解説はアンドロイドスマホでの設定方法になります。アイフォンやスマホ端末により多少表現が異なる部分もあると思いますのでご自身の環境に合わせて脳内変換で対応お願いします。

 

SIMの差し替えから設定まで

SIMカードのサイズ確認!

ベトナモバイル

vietnamobileのシムカードのサイズは『3 in 1サイズ』となっていて、

  • 『標準SIM』
  • 『microSIM』
  • 『nanoSIM』

と切込みが入っているので、スマホのSIMサイズを確認して切り取るだけ。

 

自分のスマホのSIMのサイズかわからない場合は、今入ってるSIMを抜いて確かめると、間違い無いと思います。

 

SIMを差し替えるタイミングは?

SIMカードは日本にいる間に差し替えても、地域外なので通信することはないと思いますが、今回の『Vietnamobile』のSIMの場合、通信が開始されてから15日間になってるので、現地についてから差し替えるほうが無難ですね。

フライト中、スマホで音楽を聴いたりすると思いますが、通常機内で通信はダメなので、Wi-Fiモバイル通信飛行機に乗った時点でオフ設定しておきます。

 

ノイバイ空港

着いたー!!

現地の空港に到着したタイミングで差し替えましょう!

 

SIMの差し替え方は?

まずは、スマホの電源をスリープではなく『オフ』にしてしまいます。

電源を入れたままでも、SIMを差し替える事は可能だと思いますが、安全を期して、電源をきちんと落として差し替えましょう!

 

『Vietnamobile』のSIMにトレー引き抜きピンが付属してませんでしたので

安全ピンで代用しました。

 

SIM差し替え

SIMスロットにピンをまっすぐ差し込みます。

すると、押し出されるようにトレーが”ポコッ”と飛び出します。

 

トレーをよく見ると、斜めの切込みがあるので、そこに合わせてSIMをセットします。

 

SIM差し替え

あとはそのまま、元の差込口にセットしたら完了!

 

SIMを入れ替えた場合は、日本で使ってるSIMを無くさないように、帰国まできちんと保管しておきましょう!

追記:

vietnamobile

ピンとSIM保管袋も一緒についてきた。

2020年1月に購入した分は、SIMトレー取出しピンとSIM保管袋も付属してました!

スマホの設定

SIMの差し替えが完了したら、スマホの設定に入ります。

機種により一部名称など違う部分もあると思います。

 

フライト中にすでに通信設定はオフに設定してると思いますが、通信再開する前にアクセスポイントの設定を行います。

まず、『設定』、『その他』から『モバイルネットワーク』を選びます。

 

APN設定

モバイルネットワーク設定の項目に、赤丸で囲んだ『アクセスポイント名』に入ります。

 

APN設定

APN設定が自動でできていない場合は、『新しいAPN設定』が出てくるので、その際は、新しいAPNを設定しましょう。

下記参照

名前:Vietnamobile
APN:Internet
ユーザー名、パスワード:空欄
認証方式:CHAP

これで繋がると思います。

 

APN設定

自動設定できている場合は、『Vietnamobile GPRS』というのがあるので、それを選ぶだけです。

 

一つ前に戻って、『モバイルデータ通信』と、『常時接続を有効にする』オンにすると、設定がうまくいっていれば通信が始まります。

 

『データローミング』オフでいいです。

変なメールが送られて来る

ベトナモバイル

通信が始まると、ベトナム語のSMSメールが大体1日おきに1通、定期的に送られてきます。

 

”グーグル翻訳大先生”のお力をお借りして訳してみたところ、ベトナム語はやや翻訳が難しい事もあり、意味不明な所もありましたが、大体ベトナモバイルからのセールスと思っていれば問題ない感じなので、端的に言うなら、”無視でOK”です。

 

因みに、これは”『Vietnamobile』を使ってる時だけ”の事なので、日本に帰り、SIMを差し替えたら当然メールがくるような事は無いので安心して下さい。

 

電話番号は?

電話番号は、SIMカードの裏に記載されてます。

 

上記画像『so thue bao』の後に、0から始まる10ケタの数字があるので、そちらが電話番号になってます。

『Grab』を使用したい場合は、Grabの設定の方で設定すると使えるようになります。(補足:WIFI環境下のみの使用なら関係ないようです)

 

 

ベトナム現地で実際に使ってみた感想

ここからは、実際にベトナム旅行で『Vietnamobile』を使用した感想や、一日の使用量などを紹介します。

 

通信の安定度は?

今迄に使用した地域:

  • 北部ハノイ(ホアンキエム湖周辺とハロン湾
  • 南部ホーチミン(一区周辺とメコンデルタ
  • 中部ダナン(ミーケビーチ周辺一帯とバナヒルズ &ホイアン

 

市内に限らず、やや離れた場所でも概ね4G通信できており(補足:iPhoneは3Gのみのようです)、ハノイ旧市街などの人の多い所でたまに通信が不安定な時があった位で、旅行中ほぼ不自由なく毎日使用できていました!

 

メールやSNSは使える?

始めて使う際に一番不安だった、メールやSNSでの通信ですが、、

ラインメール、ツイッターは何の設定も必要なく、普段通り使用可能でした。

 

帰国後、日本のSIMに戻した後も、何の設定もいりません。

 

インスタ、フェイスブックに関しては、私が利用してないので、はっきりとしたことは言えないのですが、スマホにアカウントが紐づけられているのなら、そのまま使えるのじゃないかな?と思います。

(今後、機会があれば追記します。)

 

一日の通信量は?

ベトナモバイル

上記画像見てもらうと、多い日でも50Mb位しか使用してないのがわかると思います。

 

日々の使用は、概ね現地でグーグルマップ見たり、Grabでタクシー呼んだり、グーグルリアルタイム翻訳でお店の人と会話したり、友達にラインでメールや写真送るのが大体の使い方なんですが、

動画なんかの大容量データを送る時は、ホテルなどのフリーWi-Fi環境下で行うよう心がければ、普通に使っても容量を気にする必要なさそうです。

 

今回購入した『Vietnamobile』のSIMの容量は10Gなので、ベトナム観光のノービザ最大日数である15日間滞在したとしても1枚で十分たりると思います。

Vietnamobileに出来る事

グーグルマップは、ホテルなどのWi-Fi環境下で先に周辺地図をインストールしておけばGPS自体はSIMなしでも使えますし、グーグル翻訳もWi-Fi環境下ならSIM無くても使えるので、

SIMがあって便利なシーンは、Wi-Fi環境外でのグーグルリアルタイム翻訳・会話と、いつでもGrabが呼べる事ですね。

イモトのWi-Fiとどっちがいい?

SIMフリー端末でない場合は、現地SIM(Vietnamobile)は当然使用できないので、海外でも使えるモバイルWi-Fiがあると便利です。

始めてのベトナム旅行の際に数日間と短期旅行だったので、メディアでも有名な『イモトのWi-Fi』をレンタルしてみました

設定方法は”Wi-Fiの設定だけ”と、上記SIMの設定よりも簡単で、、

料金は、3泊を想定すると、大体5~6千円なので、激安の現地SIMより多少値段が高いですが、1台のWi-Fiルーターで端末5台まで同時接続が可能なので、どちらも一長一短ですが、私のような長期一人旅ではなく、友達や家族との短気旅行で一緒に使えるならイモトのWIFIも経済的だと思います!

予約返却の方法は?

予約返却方法は、

  • 『宅配で受取・返却』
  • 『空港カウンターで受取・返却』
  • 『東京本社で受取・返却』

3種類の方法があるようです。

 

私は福岡空港なのですが、ネットで予約して空港で受け取って→帰国後に空港で返却しましたが、これといって難しいことはありませんでした。

メリット・デメリット

現地SIM(Vietnamobile)とイモトのWi-Fi両方使って感じたメリットデメリットを紹介します。

 

現地シム(Vietnamobile)のメリット

  • いつでも通信できる喜び! 英語力皆無でもこれだけで海外旅行行ける!レストランやお店でのベトナム語の翻訳は特に使える!
  • 料金が安い 一人旅で、特に長期の場合は圧倒的にコスパがいいです。
  • Grabがいつでも呼べる 対応地域ならGrabタクシーをいつでも(どこでも)呼べる
  • 容量が大きい データ通信容量10Gなので、ちょっとやそっとじゃなくなりません!!

 

現地シム(Vietnamobile)のデメリット

  • SIMフリー端末がいる 当然です・・・
  • 設定がちょっとメンドクサイ 慣れるとそうでも無いですが、初めてだとハードルが高く感じるかも。
  • ベトナム語のメールが送られて来る 大体無視でいい・・・
  • 数か国周れない 近隣国も一緒に回る場合、その国のSIMも別途必要になります。

 

イモトのWi-Fiのメリット

  • いつでも通信できる SIMフリー端末じゃなくても、いつでも通信できる
  • 設定が簡単 現地でスマホからSIM抜いたり等もなくて、設定も簡単
  • 1台のルーターで5台まで同時接続可能 家族や友達と行くなら1台借りてみんなで接続できちゃう!
  • 数か国周れる アジア周遊プランなら、ベトナム・カンボジア・タイ等々にも1台で対応!

 

イモトのWi-Fiのデメリット

  • 料金がSIMより高い 複数人で使用すれば・・・
  • 容量が不安 大容量オプション(1日500Mb)もあるのでそちらで対処可能。
  • 充電が切れる スマホのバッテリー以外に、モバイルWi-Fiのバッテリーも別にあります。

 

こんな所でしょうか。

まとめ

じて、私のように寂しい一人旅で、長期滞在なら現地SIMの『Vietnamobile』がかなり経済的ですね。

今まで北部(ハノイ)・中部(ダナン)・南部(ホーチミン)と旅行し使用してみましたが、たまに通信が弱くなることもありますが、都心部だけでなくハロン湾やメコンデルタなどといった、ツアーでやや都心から離れた場所でも概ね安定して使用できました。

現地SIMの使用は当然SIMフリー端末が必要になるので、SIMフリースマホじゃない人や短気旅行で友達や家族と複数なら『イモトのWiFi』のような海外で使用できるレンタルWiFiの使用を検討されると良いかと思います。

 


 

Amazonで『Vietnamobile』のSIMを購入する際の注意点は、

こちらは海外からの並行輸入品となっており、配送期間が2週間前後とやや長いので、購入される際はその期間も計算にいれて早めに準備されることをおすすめします。


Amazonで確認

お得な航空券なら『エアトリ』

定期的に見つかる激安チケットなら、国内旅行よりお得かも!?
航空券のみの販売だけでなく、ホテル付パッケージから、海外ツアーの検索もできます。
まだ利用したことない人の為にチケット購入方法を簡単に解説してます。

\\ 団体も一人旅も お得な航空券エアトリ //

タイトルとURLをコピーしました