【海外旅行準備チェック!】絶対忘れてはいけない”アレ”から便利グッズまで

海外旅行マニュアル!
ページ内にプロモーション(広告)が含まれております。



以前私の知人に、海外旅行に絶対忘れてはいけないパスポートを忘れてひと便変更することになり大慌てで取りに帰るという”ツワモノ”がおりましたが、、

海外旅行の荷物は国内旅行よりも考えることが多く、自分は大丈夫と思っていても、一つ位忘れていたりする事もあります。

それを毎回考えるのが面倒なので、今回は、自分への備忘録も兼ねて海外旅行に持って行く絶対必須の物から、便利グッズまで必要度順書き出してみました。

私は、ベトナム旅行が多く、持って行くものに多少個人差はあるかと思いますが、海外旅行前の忘れ物チェックになればと思います。

 

スポンサーリンク

海外旅行に持っていくものリスト

行かれる国や期間などで若干違う部分もあると思いますが、パスポートなど必須の物は同じだと思うので、旅行前に意外な忘れ物が無いよう見直しになればと思います。

 

スポンサーリンク

絶対忘れてはいけないもの

 

まずは絶対に忘れてはいけないものから

 

  • パスポート&コピー
  • e-チケット控え
  • 宿泊ホテルの控えと地図
  • 現金
  • クレジットカード系

 

パスポート

パスポートは海外には必須!

「忘れない」と思っていても、荷物が多くて見落とす可能性も!?

出る前に確実にチェック

コピーはパスポート紛失した際にあると役立つので、顔写真の載ったページだけでもコピーして用意しておくといいです。

 

e-チケットの控え

e-チケットの控えは、搭乗に必須ですね。

 

宿泊ホテルの控えと地図

宿泊ホテルの控えと地図は、スマホのデータでも見れますが、特に、現地語で住所記載した地図コピーもあるとホテルに移動する際、現地のタクシードライバーさんとのやり取りにも便利です。(グーグルマップでも出せると思います)

 

現金とカード

現金はないとどうしようもないので、当然絶対必要。ついでに現地通貨用の財布を別に用意すると便利。

それに加えて、海外で利用できるカードもあるとさらに安心。

 

香港とベトナムのATMで現金引き出した様子を下記にて紹介してます。興味があれば合わせてどうぞ。

↓ベトナムで引き出してみた様子

 

↓香港で引き出してみた様子

 

忘れたくないもの

  • 電圧変換機
  • スマホ (スマホ関係1)
  • モバイルバッテリー (スマホ関係2)
  • 現地SIMカード (スマホ関係3)
  • 充電コード (スマホ関係4)
  • デジカメ
  • クスリ

追記:

”マスク”『忘れてもいいものリスト』から格上げ昇進!

格上げ理由:(’23)コロナ規制は解除されたものの、空港など人が多く集まるところでは、特に海外の場合、多くの人種が集まるので、コロナとは無関係に用意しておきたい!

 

電圧変換機

 

電圧変換機は行く国によって違ったりしますが、『EU/UK/USA』の差し込みがついている世界中に対応したものが一つあると便利です。

特にベトナムの場合、同じ国内でも地域やホテルによってコンセントの形状が違ったりしますが、マルチ変換機ならどの地域でもはまり、通常のコンセント差込口のほかに、USBポートと、Type-cポートも付いているので、これ一つで、スマホの充電なども可能です!!

 

スマホ関係(一式)

スマホ本体、モバイルバッテリー、現地SIMカード・・・・

と、充電コード!!(盲点…

 

スマホ

スマホは、SIMフリースマホなら格安現地シムが使えたりするので、海外旅行用に中古のSIMフリースマホ用意してます。

 

最近では、SIMフリースマホでも中古なら1万~2万円程度でも、海外でグーグルマップ見たり、翻訳したり、配車アプリ(GRABなど)なども余裕でこなせる性能のものもいっぱいあるので、海外旅行用に1台あると便利だと思います。

 

 

現地SIM

行く国によりそれぞれですが、私がベトナム旅行でいつも使用してる現地シムは『Vietnamobile』のSIM。毎回Amazonで購入。

料金は大体400~500円位と激安!

 

ベトナム旅行の方は、設定方法など下記リンクで解説してるので、合わせてどうぞ!

 

 

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、以前PSEマーク問題(多分)でマカオで没収されたので、モバイルバッテリー本体にPSEマークの有無や、機内持ち込み可能かどうか等事前に調べておくと安心だと思います。

Amazonで販売しているPSE認証済みモバイルバッテリーのリンクを記載しておくので、確認ついでにどうぞ。

『PSE認証済みモバイルバッテリー』Amazonで確認

 

充電コード

充電コードはモバイルバッテリーとスマホを繋ぐ用の短めのやつと、ホテルで充電する際コンセントとベッド脇に距離があったりするので、やや長め2本持って行ってます。

充電コードを検索『Amazon』

 

デジカメ関係

最近ではスマホのカメラ性能もかなりいいので、カメラにこだわりが無ければ忘れてもいいですね。

 

お薬関係

頭痛止め、腹痛止め、歯痛止めなど、用意しておくと安心。

 

ここまであれば多分困らない!(はず)

 

便利グッズ

ここからはあると便利な物。

 

  • ガイドブック関係
  • 電動シェーバー
  • 街ぶら便利グッズ

ガイドブック関係

最近ではスマホがあれば地図から翻訳まで殆ど事欠かないですが、ベタな観光スポット情報が見たい時にはガイドブックがあると助かりますね。

 

あと、スマホ翻訳まで必要ない時なんかに『旅の指さし会話帳』もあると便利♪

 

電動シェーバー

ひげはあまり伸びないタイプ♂なんですが、特に1週間以上の長期ではさすがに気になるので、髭剃りは持って行きたいですね。

T字ならホテルのアメニティ・トイレタリグッズに用意されていたりしますが、USB充電式なら海外で充電が切れても上記の電圧変換機で充電できちゃうので、このコイズミのシェーバー↓買いました。


Amazonで『コイズミ シェーバー』をチェック

 

 

イヤホン

あと、空港の待ち時間や飛行機内での暇つぶしにイヤホンがあるといいですね。

最近ではBluetoothの無線が主流ですが、私は充電切れが面倒なので、旅行には安物の有線コードタイプのイヤホン持っていってます。

 

街ぶら便利グッズ

街ぶら便利グッズは、

  • 服の中に隠せるパスポートケース
  • ウェッティ
  • 日焼け止め
  • 電卓

服の中に隠せるパスポートケースに予備の現金も隠せる。

ウェッティは手拭き用のほか、いざというときの為に、トイレで流せるタイプもあると便利

電卓は、ベトナムの場合露店での交渉に必須

 

街歩きに便利なダイソーグッズ一式揃えてみました。

 

最悪忘れてもいいけど…一応チェック!

 

  • マスク 格上げ
  • 眼鏡ふき
  • 爪切り
  • 小さいハサミ (ノーズヘアー用…
  • デンタルフロス(糸ようじ
  • トイレタリー用品

 

海外旅行では一日中外を歩くので、いつも以上に眼鏡が汚れるので、ダイソーの眼鏡ふき持っていってます。

あと、1週間以上の長期になると爪が伸びたり、鼻ゲ…も気になるので、小さいハサミも準備!

 

あと、ホテルにトイレタリー用品は揃っていたりしますが、

制汗用品歯ブラシのほか、ツアーなどで外で食事した際にその場で口内掃除できるようにデンタルフロスもあると便利です。

 

女性の場合はお化粧品などは必須項目ですかね…

 

衣類

 

  • 着替えと寝間着とタオル
  • 雨グッズ
  • 軽めの靴

 

着替え

洋服は、着替えの他に、寝る時用も忘れずに!(←自分)

枚数は滞在日数によるので各自で計算して下さい。

タオルは、ホテルなどにはあるけど、ドミトリーでは無かったりレンタルで別料金取られることもある。

どちらにしてもちょっとあると便利なので、スポーツタオルを1枚用意!

現地で洗濯に出す際は、色柄物は色落ち・色写りする可能性もあるので、現地で洗濯を利用する際は考慮したほうがいいかも。

雨グッズ

ベトナムではスコールが降ると、折り畳み傘程度では全く太刀打ちできないので、気休め程度に、ダイソーのレインコートを持って行ってます。

 

軽めの靴

街ぶらや観光中はソールがしっかりした物や脱げにくい靴がいいけど、ホテルから近所にちょっと買い出し行く際に、スリッポンタイプの軽めの靴があると便利

 

PAEZというブランドのエスパドリーユ買ってみました!

 

長期滞在に便利な物

  • 旅行用ランドリーロープ
  • 洗濯ネット

ランドリーロープ、洗濯ネットともにダイソー!

洗濯ネットは現地でそのまま洗濯に出すにも便利だけど、行く際にも着替えを入れて持っていける!!

ランドリーロープは、洗濯に出すほどでもない日々の靴下や下着を手洗いした際に、部屋で干す時にあると便利。

特に長期滞在になると、現地で洗濯する機会も増えるので、こういったものがあると便利ですね。

 

まとめ

今回は旅行前確認を毎度毎度考えるのも面倒なので、自分自身の旅行前の再チェック用で書き出してみましたが、パスポート現金など、海外旅行で絶対忘れられない物は同じ物も多いと思うので、旅行前の再チェックのお役に立てばと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました