サラリーマンであるうちはサラリーマンを歩め、るのならそれに越したことはない。

雑記

私が今、一般的には特殊とされるブログによる収入を行う中で、当然その考えに至った経緯もあるから、過去いくつもの日記の中で、

『フリーライファーさんに因縁つける人は…』では、「塾に行けば幸せになるとは誰も言っていない」という表現を使ったり、

『肉体労働では幸せになれない理由』では、「労働収入では幸せになれない」という表現を使ったり、

『リベラルアーツ不足』では、「学歴が収入になるというわけではない」という表現を使ったり、

『会社辞めて海外に行こうと思った理由』では、セネカの「生の短さ」を引き合いに出したり、ロバートキヨサキさんや武井壮さんを引き合いに出したりしながら、その説明のようなものを展開しており、

そうするとどうしても、学業批判にも、「サラリーマンになることが良くない」と言った感じに取られてもおかしくない表現になってしまっており、

それについて、訂正・釈明、というか、「それは全ての人に対して言っているわけじゃない」という事を、誤解の生じないように残しておきたかった。

 

スポンサーリンク

サラリーマンが幸せな人もいる

私の考えや、生き方と言うのは詰まる所、私が見てきたすべてに依存しているのは当然のことで、

例えば、それは私の容姿(すなわち身長)が幼少期から多少小さい事で、子供時代は”カワイイ”等と言われることもあったが、それは”逞しさ”と表裏であり、すなわち、反面、学生時代ではモテやすい、スポーツ行事で活躍する事もなく、”イジメ”とまではいかずとも、小さいと、肉食系から標的にされやすいのは事実だし、学校のテストでは、教えられた公式を使わず答えを出すものだから「式が違う」と言われ、バツになり、そもそも点数がそんなに良くないのに、更に点が低くなってしまう事に憤りを感じたり、

家庭内でも、素晴らしいとまでは言わないけれど、特にひどくもない両親(特に父の方に対し)ではあるけれど、長年勤めた会社に負債を負わされ、その後、ガンを患い定年前に他界する父の姿、などに大きく左右されてしまいます。

 

だから、ただ「学校を卒業し、地方でも、大手企業の支社に入社し、まぁまぁのお給料をもらって生きる」と言う生き方をする多くの人たち(この言い方もやや角があるように思いますが、そうではなく、そうできるならそれは素晴らしい事だという当然の中で)が、良くないわけではなく、ただ、私はその人生では、幸せになり難い、もしくは、それで幸せになれた両親などを見れなかった。という事が関係してしまう。

 

この話を例えるのに、一人の人物像を想像したい。

父は地場(じば)企業のサラリーマン、母はパートで働いているようなどこにでもあるような家庭で、特に収入がいいわけでもないけれど、まぁ悪くもない。

そんなどこにでもよくありそうな家庭の長男として産まれ、小学生になる。

 

そつなく学業はこなせ、とりわけ運動が得意なわけでもない、特に注目されることもないけれど、目立たないグループというわけでもなく、無難に小学校時代を過ごす。

 

地元の公立中学校に入り、部活は小学校から仲の良かった同級生とともに、ボールを使ったスポーツ系(バレーとか野球とか、とにかくそういったもの)に一緒に入部。

この時身長はまだ152と平均よりやや小さめ。

 

中学に入ると、やや体格に差が出てきだし、早くに大きくなりだしたものが、体格により自分のポジションを確かめるため、”イジメ”とは言われない程度に肩を押してみたり、からかってみたり、といった方法で自己主張始めるものが出てくる。

その中で、それほど大きくもなく、仮に大きかったとしても、そういった勢力争いにそもそも興味のない自分(架空)は、基本そういったグループとのかかわりもなく、部活や塾に精を出す。

 

中学2年になり、同じ塾に通う同級生と初恋(と言えるかもわからないけれど)を経験。それは、塾の中でちょっと手を繋ぐ程度だが、すごく楽しい時間。

 

中学3年になり、進学校を決めるが、初恋の相手とは、違う学校になり、お友達の延長線程度の拙い恋はそのまま自然に消滅。

 

高校でも、中学から引き続き、スポーツ部に入部。

入学後まもなく、成長期を迎え、”無難”に172程度になる。

やや大きくなったこともあり、中学から続けてきたスポーツで、レギュラーを任されたりするようになる。

その後、高2の時、自他ともに認める初の彼女が出来る。

 

高校3年ともなると、塾の帰りに多少遅くなっても親のお迎えなどなく、帰り道にデパートのフードコートでその彼女とドリンクバーだけ注文し、一緒に大学の受験勉強。

同じ大学を目指すが、それはかなわず、大学進学後、その彼女ともそのまま自然消滅。

 

大学では、今まで続けたスポーツではなく、中学・高校にはなかった、ラクロス(?)とかそういったサークルに入る。

成長期の後はそれほど身長は伸びず、最終的には173程度。

体格もそれほど細くもないけれど、特にスポーツ系の人の中ではそれほど大きな方でもなく、元々温和な性格もあり、争ってまでレギュラーになる事もなく、ただ楽しむ程度。

と、いう事もあり、部室にいる事も多く、女子マネージャーと仲良くなる。

同級生からは、「アイツといい感じじゃね?」等と噂されるが(そういわれ、やや意識もしたが)、恋にまでは発展しない。

その後、時折行われる交流試合で対戦した相手方のマネージャーに、中学時代の初恋の子を見つけ、そもそもお互い好意的だったこともあり、”普通”に意気投合。

 

お互いに青くソワソワした中学時代とは違って、当然彼女は大人び綺麗になっていて、こちらもニキビに悩む中学時代の自分(架空)とは違い、体格も”無難”に逞しく、声も”普通”に男らしくなっており、”普通”に恋人関係に。

大学も卒業し、学業も一通りこなしてきたので、それなりの企業に入社。

その彼女とはその後、アパートを借りて同棲。

彼女も雑誌出版関係に入社。

 

そんな二人だから、まもなく、「めでたくゴールイン(古)

その後、第一子誕生。

 

時には喧嘩することも当然あるけれど、基本的には大きな問題もなく、子供も大きくなっていく中で、自分(架空)は徐々に昇進していき、それほど悪くない給料になったことで、

扶養内に収める目的も兼ねて、当時彼女だった、(現)奥さんは会社を辞め、得意だった編み物を活かし、編み物教室の講師のバイトを不定期で始める。

 

今や、最初の子も7歳となり、いつの間にやらできた2人目の子は2歳。

人数も増えてきたこともあり、マイホームの夢を見だす。

会社でも、素の人柄の良さと、長年スポーツを続けたことにより、それほど接触(アタリ)負けしない事もあって、上司からも好意的に思われており、得意先からも好かれる好青年。

そもそも大好きな仕事で入社したというわけでもないけれど、そんなこともあって、仕事自体にやりがいも感じており、もう辞めるつもりなんて毛頭無い。

 

しっかりと人生計画を立て、マイホーム購入。

 

ちょっとずつ成長していく子供たちを連れ、時には皆で旅行。

そんな奥さんや子供の笑顔の為に、明日からもまた働きに行く・・・。

 

 

そんな彼らは、”普通に普通よりやや良いもの”を、当然”無努力”というわけではなく、学校でしっかり勉強し、受験を突破し、最愛の人と出会う事ができ生きるのだから、”多分中には居るであろう彼ら”は、その生活は最高とまでは言わずも、素晴らしいものであり、もはや言わんとするならば、私自身もそれになれるのならば、それに越したことはないと思うのはホンネ、

と言うか、そうなってないからわからないが、少なくともそういった人たちに、「その生き方は良くない」と言いたいわけではないという事。

だから、これで何が言いたいのかというと、「学業では叶わない」と言ってるのは、容姿など含むすべての因子によって左右される事象の中で、それで得られる人生とでもいうものは、「それでもいいと思えるもの」が得られて初めて思えるものだと感じる。

 

だから(だからが続くけど…)、必死にやりたくもない仕事をこなした末、定年なんてできずに、会社からは負債を負わされたような父の姿を見た、”普通に普通の容姿(身長、要するに男らしくある最低限の体格)にすらなれなかった私”の場合では、”普通”の人生を生きる事は彼ら以上に困難な事で、

社会の言う”普通”とされるもの、”常識”とされるものに付き合っていては、私の人生は豊かに(いやいや、普通程度にさえ)なるものでもない。

 

それは別に容姿だけの問題だけでなく、そもそも、「それでは嫌だ」と思う全ての人は、「嫌だ」と思うのならば、そう生きていたら、嫌に決まっているのだから、

それはつまり、社会の普通とされる意識から引き起こされた問題で、「ちゃんと塾に行って、ちゃんと進学して、ちゃんと就職すれば…」と言ったような風潮に依存した考えだ、という意味で、「それは良くない」という表現を使っているのであり、”全てのサラリーマン的生活が「良くない」”と言っているわけでは一切ないのです。

 

当然、上記のような想定とは全く違う人でも「普通に雇われる人生(要するにサラリーマン)がいいと思う人もいると思います。

 

すなわち、「学歴により入社し、ある程度の年功序列と、安定した給料のサラリーマンがいいかどうか」といった問題は、私のような人生だから生じうる問題であり、そう行う人(それを普通に行える人)に対し、悪意もなければ、そうできるのならば、それは素晴らしい事だという事を、間違って捉えられないように、釈明(?)しておきたかった。

 

おわりに

『光あるうち光の中を歩め』とは、小説家(哲学者?)トルストイの言葉(小説のタイトル)だが、それの意味するところは、私の解釈とは違うかもしれないけれど、

私がこの言葉に対し思うのは、「”そうできうる環境”にあるのならば、そう行えることが幸せだし、そう行い続ける方が望ましい」と言ってるように感じる。

 

それは例えば、何かの事件が起きた際、当然その犯人を許せるものではないのだけれど、そもそもそういった人たちの多くが、やや(もしくは、かなり)不遇な環境にある事も多く、

だからといって、その犯罪は当然許せるものではないんだけれど、その全ては、その犯人の堕落によって生じた結果とも限らず、あえて言うならば、少なくとも、もうその人には「それしかない」と思える位追い込まれた結果なのかもしれない。

 

だから、”普通に普通を得られる”のならば、それを歩めることが感謝に値するものだし、少なくとも不遇でない事だけは間違いないように思う。

 

結局、個々の幸せは個々に依存しているのだから、現状が「”無難”とされるものだからよくない」という事でもないし、「それでは幸せになれない」が、全ての人に当てはまるという事でもなく

「そうでない」と感じるのならばのならば、”そうでない”の側を生きる事が、幸せにもなり得る可能性もある。

という事で、「幸せは『学業(学歴)があれば叶う』というわけではない」と言った表現を使っている、という事なのです。

 

今後も、特に雑記の中に、そういった批判的な表現に感じる事がまた出てくる事があれば、それは、そういった事を行う人に対して、批判をしているのではなく「そう生きる事ができない」場合「どうすればいいのか?」といった自問に対する自答だとご理解していただければ幸いです。