【ベトナムのコロナ対策】あわや警官突入!?深夜のホテルで起きた恐怖体験

ベトナム
スポンサーリンク

今回、計らずも『新型コロナウイルス問題(COVID-19)』の真っただ中に旅行することになった、ベトナム・ホーチミン。

渡航前はそれほどではなかったのですが、渡航後に問題の深刻化も増してしまい、真夜中のホテルにいきなり訪ねてきたおじさんが、最初、現地の警察官とわからず、あわや部屋に突入されそうになるという恐怖体験をしました・・・

 

スポンサーリンク

ホテルの部屋に警官突入!?

コロナウイルス問題が徐々に深刻化しつつあるとはいえ、観光名所などはまだまだ賑やかで、観光中はコロナの事なんかすっかり忘れてしまいます。

 

サイゴン中央郵便局

サイゴン中央郵便局内にて、、

 

一日街歩きも楽しんだので、明日のことも考えて、さっさとホテルに戻り、お風呂で疲れを癒し、ホテルに導入されていたスマートテレビでユーチューブを楽しみながら、帰り道近所の『サークルK』で買ったおやつを堪能♪

 

このスナック菓子美味しかった!ジュースと合わせても60円位と激安!!

 

時間はまだ夜の10時前後で、普段はまだ寝る時間じゃないけど、旅の疲れも出て、いつもより早く眠気も来る。

 

明日もまた朝から観光に出かけるので、早めにベッドに入り、丁度眠りに入りだした夜11時頃。

 

”コンコン”と軽くノックする音が聞こえてくる。

 

もう眠いこともあり、音も小さいし「隣の部屋だろう」と自分をごまかしつつ、再度眠りにつこうかというその数分後、、

 

今度は結構な勢いで”ドンドンドン”とドアを叩く音が!

 

音の大きさにビックリして飛び起き、恐る恐るドアに近づき覗き穴から覗いてみると、見知らぬおじさんが2人部屋の前に立っている・・・

 

風貌は、お世辞にも綺麗とは言えないコスパ良さそうなテラテラ素材のジャンバーに身を包み、顔には大きなマスクをつけており表情はあまり確認できないが、目つきは鋭くどちらかと言えばコワモテ。

 

*イメージです

 

まだ海外旅行経験は少ないとはいえ、こんなことは初めてで、「もしかして押し入り強盗的なヤツか??」とかなり恐怖しながらも、もう一度確認すると、ホテルのスタッフも一緒にいたので、やはりさっきのノックは自分の部屋だったかと思い、そーっとドアを開けてみた。。

 

スポンサーリンク

 

ドアを開けるや否や、見知らぬおじさんは私に向かって何か問いただしてきた。

 

見知らぬおじさん(?):「You、Japanese!?」

 

寝起きざまで、英語力も皆無なこともあり、”何か悪い事でもしたかな?…”と今日の行動を思い返しながら、何のことやらさっぱりわからず、おろおろしていると、、

 

その行動が余計不審に見えたのか、更にまくしたてるように問いただしてきた、、

 

見知らぬおじさん():「お前は一人か?」(多分)
見知らぬおじさん():「部屋の中見せろ」(多分)

 

英語力皆無だが、所々わかる単語だけでも多分そのような事を言われている。

 

かなり高圧的な態度に、小心者の私はもう心臓バクバク…

なんの説明もない中で、いきなりの高圧的なそのおじさんの態度に業を煮やしたのか、ホテルのスタッフがベトナム語で何やら言い返している・・・

 

徐々に目も覚めて来た事もあり、よくよく考えると「お前誰だよ##」という若干の怒りがこみあげつつも、英語力皆無な私は、どうにか精一杯の英語を絞り出し、「who are you?」と聞いてみる。。

 

*イメージ

 

スタッフの方の説明もうまくいったのか、一変和やかな態度に変わり、、

 

見知らぬおじさん(ポリス):「Sorry,I’m Police」

 

と、英語力皆無な私でもわかる程度のシンプルな英語と共に、私の肩を”トントン”と軽くスキンシップしながら謝ってきた。

 

この見知らぬおじさんの正体がベトナム警察という事がわかり、そういえば、旅行前に登録していた『たびレジ』からメールが来ていたことを思い出した。

 



 

 

ベトナム政府による検疫強化 ~中略~ 宿泊者に対する検温が行われ ~中略~ パスポートの提出を求めるなど

 

スポンサーリンク

 

観光中も多少人が少ない気もするけれど、丁度”新型コロナウイルス問題”の真っただ中という事をすっかり忘れていて、必要以上に不安がったのがかえって怪しまれた感じでした。

 

結局はコロナの件で、どこから来たのかなど調査しに来たのが目的だったようで、体温を簡易検査されただけだったのですが、

 

寝起きだったという事や、海外で英語という事もあり、始めに変にうろたえていた事で、当初、男一人旅だし”いかがわしい目的”か何か(ベトナムの法律で、結婚してないベトナム人と外国人の異性同士が夜同室に居てはいけない的なのがあるみたいです)と変に疑われてしまい、ファーストコンタクトが悪く「部屋見せろ」的な変な感じになってしまい、

ホテルのスタッフさんが、「目的違うだろ!」(多分)という感じで説明して下さったようで、公安の方の不信感も取り除くことができ、私の容姿も小柄で気弱風なこともあって、事なきを得ることができました。

 

最後には警察の方も「sorry」と何度も謝りながら去って行きましたよ・・・

 

たびレジに登録を!

今回の教訓は、

たびレジには登録しておけ!

という事ですね。

 

たびレジは日本の外務省が運営している、安全情報サービスで、登録も無料で、旅行先の登録をしておくだけで、何かあれば、すぐさま現地の緊急情報が送られてきます!

 

今回の件も、この『たびレジ』から事前にメールが来ていたこともあり、知らないおじさんが警察の方とわかった後、ベトナム語どころか英語力も皆無な私も、「コロナの件か!」とすぐ察することができたので、不信感もなくなり検温の協力もすぐに対応できました。

 

こういった緊急時にはグーグル翻訳で会話してる間もなく、少ない英語力がお互い不信感を増してしまい、『たびレジ』からの事前のメールがあったおかげで、話が余計にこじれる前に不安を解消できたので本当に役に立ちました。

 

たびレジへの登録はメアド一つあれば簡単にできるので、海外旅行予定の方は、めんどくさがらずやっておくと何かあった時に役に立ちますよ!

たびレジの登録は下記からどうぞ。

 

まとめ

今回は”新型コロナウイルス問題”の真っただ中のこんな時期に海外旅行に行く事になり、海外のホテルに知らない人が訪ねてくるなど初の出来事で、かな~り恐怖しましたが、公安の方でホント安心しました…

ベトナム旅行も今までにハノイやダナンに滞在してみて、基本的には親切な方も多く、まだまだ行ってない所もいっぱいあるので、コロナが収まったらまたすぐにでも行きたいですね!

タイトルとURLをコピーしました