外でも家でも遊べる、最強の”下位互換”ゲーム機STEAMを全力で紹介してみる。

ゲーム

最近ではもうめっきり新作ゲームなんてものは購入していないのだけれど、Steamでは毎日セールが行われており、1年落ちの旧作なんかだと千円程度で売られていたり、海外の販売サイトなんかだと、なぜか定価の時点で日本と違ったりするから、そこから更に90%オフともなると、缶ジュース程度の値段で買えるので尋常じゃなく安い。

PCゲームをするには、かなり高性能なPCが必要と思ってる人もいると思うけれど、案外そういう事はなく、今ではCPU内蔵グラフィック機能でも、設定さえ落とせば普通に3Dゲームも遊べたりもするし、”ナンヤラアーカイブ”やら、”ホニャホニャクラシック”と同タイプの、グラフィック性能を必要としないゲームも多く販売されてるので、旅行に持っていく5万程度のノートPCでも十分遊べてしまう。

 

今回は、巷であまり語られていない『Steam』とゲーム機を比べた利点を紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

Steamとは?

参照:https://store.steampowered.com/

「Steam」は、ゲームメーカー「VALVE」の運営する、ゲームプラットフォームの一つ。

 

 

通常のゲーム機とは違い、本体を購入する必要が無く、PCさえあれば無料の起動プログラムをインストールするだけ。

ソフトはすべてDL販売形式、購入ソフトはSteamに登録したアカウントに紐づけられているため、貸したり、中古売買などは出来ません。

 

Steam発足は2003年頃のようで(steam-wikipedia参照)、当時はまだゲームのDL販売も全く主流ではなく、データだけの購入というのに不信感も強いものがありましたが、

今では各ゲームメーカーもこのDL販売形式をとってるので、現在では違和感もかなり少なくなってるんじゃないでしょうか。

 

遊び方

Steam初心者のために、軽く遊び方を解説しておこうと思います。

 

まずはSteam公式サイト『Steamをインストール』からゲーム起動プログラム(無料)をダウンロード・インストールします。

これが、ゲーム機でいうところの”本体”と同じような仕組みと考えてもらうとわかりやすい。

なので、PCさえあれば「本体代は無料」ともいえる!?

 

あとは、ゲームを「ストア」から購入してインストールするだけ。

購入したゲームは、自分の「ライブラリ」からいつでもインストール・アンインストール可能だから、遊ばなくなったゲームは、削除してしまえば、HDDの容量を気にする必要もありません。

アンインストールしたゲームも、再度遊びたくなったら、当然、購入しなおす必要もなく、インストールしなおせば、いつでも遊べます。

 

いきなり購入することに不安を感じるなら、まずは試しに「無料プレイ」のカテゴリーからゲームをダウンロードして、Steamの雰囲気を掴んでみるといいかも。

 

無料ゲームといっても、かなり本格的なゲームも多く、課金しなくても全て遊べるゲームもあり、中でも「チームフォートレス2(リンク)」は、VALVEの主力ゲームで、ちょっと昔のゲームなんだけど、いまだに人もいて盛り上がってたりするから、おすすめです!

 

最強の下位互換機「Steam」

スポンサーリンク

さて、ここから今回の本題に入りたいと思います。

 

PCゲームは、かなりニッチな市場のようで、家庭用ゲーム機に比べて利点も多いのですが、いまいち伝わってないところが多いように感じる。

よく言われるのは、「最高のグラフィックで遊べる」とか、「MODが入れられる」とか、”よりリッチ差をアピールされることが多い”けれど、ゲーマーとして本当の長所は、「実は最強の下位互換性」にあると感じる。

これは、長年続ければ続けるほど、貴重になっていく。

 

ゲーム機の場合でも旧世代機のソフトを互換していることもあるが、完璧じゃなかったりするし、そうすると、ちょっと前のゲームが遊びたくなった場合、最新ゲーム機のほかに、古いゲーム機も必要になってくる。

その点Steamの場合、PCがゲーム起動の推奨環境を満たしてさえいれば、何度PCを買い替えようとも、ゲームソフトはアカウントに紐づけられているので、ゲーム機のようにソフトにあわせて本体を用意する必要が全くなくなる。

つまり、ここ最近の「モンスターハンター:ワールド(リンク)」や「オクトパストラベラー(リンク)」から、FC/SFC世代の「クロノ・トリガー(リンク)」・「ロックマン クラシックス コレクション(リンク)」全てが、

 

一度購入してしまえば、PCを何台買い換えようとも、いつまでも遊びつづけて行けるという事。

 

ゲーム機の場合、下位互換がなくなれば、過去の名作を遊びたくなるたびに旧世代機が必要になったり、DL販売もその世代機専用で、新世代機では再度買いなおしが必要だったりして、非常に効率も悪く、メーカーもそこを見計らったかの如く、”リマスター版”等を発売し、はっきり言ってしまうと、”何度も買いなおしさせられてしまう”。

 

その点Steamなら、ゲームソフトは完全にアカウントと紐づけられており、遊べるかどうかは、PCの性能だけの問題なため、アカウントさえあれば、本体(PC)の買いなおしに一切左右されることはないという事だ!

 

持ち運びも可能

もはやゲーム機に魅力を失いつつあった当時の私でも、据え置き機にも携帯機にもなってしまう『任天堂SWITCH(公式)』が発売されたときには驚きがあった。

それまでは、据え置き機と携帯機ではソフトも違うのが普通だから、データの共有なんてことは出来ないのが当然(例外はある)だったのだが、SWITCHだとそのまま携帯機になるという特性上、つまりは、ゲームソフトも一つで済み、そのまま、家でも外でも同じゲームが遊べるようになった。

これは確かにすごい。

 

けれども、Steamも負けてはいない。

 

Steamの場合、デスクトップパソコンを持ち運ぶのは常識的に考えてあり得ないけれど、ゲームソフトはSteamアカウントに紐づけしているため、すなわち、持ち運び用ノートPCにもSteamを導入してしまえば、同じゲームが出先でも遊ぶ事が可能で、更にはSteam標準装備のクラウドデータセーブを搭載したゲームなら、データもそのまま引き継いで遊べてしまえる。

 

確かにノートPCでは、能力が必要とされるゲームは起動しないものも多いが、Steamにも比較的能力を必要としないゲームも多く販売されており、グラフィックボードが必要なゲームでも、設定を下げることで案外動いたりすることもあるので、

起動さえできれば「家では大画面で、外ではノートで手軽に」と、まさに「SW●TCH」とそん色のない快適性を実現しているともいえる。

 

コントローラーを選ばない

これは、ことSteamに限った話ではなく、PCゲームという枠での話になるが、何気にこれも大きな利点だ。

 

基本的にPCゲームは(ウインドウズの場合)マイクロソフトという事もあり、XBOX360以降のコントローラーとは親和性が高く、接続するだけで普通に使えるものも多く、本体にあわせてコントローラも買いなおしする必要もなく使い続ける事ができる。

 

さらには、当時360用として発売された「ワイヤレススピードホイール(スピホイ)」や「フライトスティック」を使う事も出来るので、

Steamの「American Truck Simulator(リンク)」や、バイクゲームの「TT Isele of Man(リンク)」などをワイホイ・スピホイで遊んだり、

キーボードとフライトスティックを併用して「MechWarrior Online(リンク)」を「鉄騎」みたいに遊べたり、、

などなどといった、変わった遊び方までできてしまう。

 

【中古】XBOX360ハード ワイヤレス スピード ホイール

価格:2,510円
(2019/7/26 08:15時点)
感想(0件)

これは一例だが、コントローラーに幅が利くおかげで、意外な組み合わせで、さらに面白くなることもあったりするから、これもかなり重要。

 

ソフトの値段が激安い

私がそもそもPCゲームに移行した理由は、リアルなレースシムと、もう一つ、値段が異様に安いという事にある。

 

最近ではSteamも支払い表示が日本円に対応したこともあり、そのあたりからゲーム機版との値段の差はなくなった節があるのだけれど、Steamのゲームを販売している外部の販売サイトからなら、いまだにドル表記で購入(当然正当な方法で)出来るので、海外の売価で買えるものもまだまだある。

さらにはそんな販売サイトでは、セール時になると75%オフは当たり前、中には80%オフやら、

90%オフといった事もままあり、1年前のちょっと気になっていたゲームなんかが、500円以下(3ドル等)になったりするから、目が離せない。

 

Steamはドブゼニ?

スポンサーリンク

Steamでゲームを買う際に理解しておかなければならないのは、それはただのデジタルデータだという事。

すなわち、中古として売ることもできないし、将来的に資産にもなりえない。

そういったものに対し「ドブ銭」と言われていたりもするが、仮に将来VALVEが無くなった時、今まで購入したゲームソフトすべて無になるかどうかは現状わからない。

ただ、GOGのようにDRMフリーになれば、個人でそのデータを保存・起動できるので、問題なくなるかもしれない。

話が出たついでに、この「GOG」についても補足しておきたい。

 

「GOG」はSteamとは違い、ゲーム起動に専用プログラムは必要とせず、PCにゲームソフトをインストールして起動するタイプになっている。

要するにGOGなら、仮にGOGの運営元がなくなるような事があっても、購入したソフトのデータと起動できるPCさえあれば、何度でもインストールでき、ゲームが遊べるという事。

 

ただGOGは、DRMフリーというチャレンジングな形式ということもあり、販売されているゲームは古い物も多く、新作の場合でも販売メーカーに偏りがあるので、ソフトの本数はSteamに比べると圧倒的に少ない。

 

どちらにしろただのデジタルデータという事に違いはないので、単なる遊びに幾らなら出す価値があるか?を考えて買うといいんじゃないかと思う。

 

おすすめの販売サイト

上記でも多少説明したように、SteamのゲームはSteamから以外にも購入できるショップがあります。

ここでは、私がよく使っているお店と、それぞれの特徴を紹介しようと思います。

 

『Steam(公式)』

まずは公式なんで、当然ここが基準。

Steamで購入すれば、インストールなどの作業も手間いらずで、ソフトに何か問題があっても返金がスムーズだし、『おま国』などの買えないソフトは、買えない仕様になってるから(変なことしなければ)、間違って買ってしまうという心配もありません。

 

『FANATICAL』

以前は『バンドルスター(バンスタ)』と言われていたけれど、名前が変わったみたい。

Steamの正式認可キー(ゲームソフト)を販売しているショップで、セール価格は群を抜いて安いこともよくある。

基本ドル建てになってるけれど、わかりにくければ円表示にすることも可能で、リージョンロック(おま国)のゲームもわかりやすく表示されており、安心して購入することができる。

 

『GAMES PLANET』

イギリスのショップのようで、こちらは表記がポンドなので計算間違いしないようにしないといけないが、各社でセールが違ったりするから、見に行くだけの価値はある。

 

『Humble』

こちらはSteamのキー以外に、DRMフリーソフトも多い。

通常のストアの他、バンドルは寄付という形で販売しており、1ドルからでも購入出来たり、時々ビッグネームが含まれていることもあるから目が離せない。

ただ、Steamキーは通らないもの(おま国)もそのまま購入できてしまったりする(英語やりとりで返金は可能)から、慣れるまでは正規で認証するか見極める目は必要になる。

 

『GOG』

こちらは、完全にDRMフリー専門のショップ。

日本語が入ってないゲームも多いけれど、オフライン専用ゲームなどで、Steam版に利点の少ないゲームなら、GOG版もおすすめ。

 

まとめ

今回はSteamのあまり語られていないけれど、ゲーマーとしては最も重要だと感じる利点をお届けしてみました。

最近海外に行くようになって、ブログも書くのでノートPCを持っていくのですが、Steamなら購入したゲームはアカウントに紐づいてるから、PCごとに買いなおす必要もなく、過去に購入したゲームはずっと遊べるので、新作にあまり興味が無くなった今でも、海外旅行先でもちょっと暇なときに遊んだりできて重宝しますね。

ゲーミングPCは上を見ると凄く高い物もあるのですが、新作ゲームを4Kやら8Kで遊びたいと思わなければ、それほど高いものは必要としないし、もっというなら、最低価格のノートPCでもクオリティ下げちゃえば、ちょっと前のゲーム位なら普通に遊べたりするので、画質の良さより、画質が下げれる事の方にこそ、逆にメリットがあるように感じますね。

 

それと、今回最も言いたかったのは、将来PCを何度買いなおしても、Steamアカウントさえあればずっと遊べるから、今後どれだ新作が発売されていっても、その時「P●8とか、XB●X1920とか」になっていても、Steamなら本体に依存することなく、その全てが遊べてしまうという、夢のゲームプラットフォーム。

それが、最強の下位互換ゲーム機、『Steam』だ!

という話でした。

 

Steamなら、本体出るたびに毎回買いなおさなくて済むので、ゲーミングPCもずっと使ってると、案外経済的ですよ!



タイトルとURLをコピーしました