【アドセンス】広告配信制限の解除方法と要した期間

ワードプレス

今回、初めてグーグルアドセンスから”広告配信制限のペナルティ”を受けてしまったので、制限解除に実際に行なった対処と、解除までにかかった期間などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス:広告制限ペナルティの理由

アドセンス広告制限

恐らくこれを見に来てる時点で最低限知識あるはずなので、細かい事は省きますが、

上記をみますと、私の場合、本来広告が表示されるべきではないプレビューページに広告配信できる状態のままプレビューを見ていたのが原因で広告のインプレッション数が伸びてしまい、『クローラ:ページが見つかりません』という感じで、”該当のプレビューページ”に広告制限がかかったようです。

 

この状態なら、恐らくは該当のプレビューページ以外は普通に広告配信されてる(みたい)ので、このまま該当ページのプレビューを見ないようにすれば上記問題自体は解決するとは思いますが、

アドセンス広告はクリック以外にもインプレッションのみ(掲載のみ)でも収益が発生する仕組みなので、成約の可能性がある人(要するに自分じゃなくサイトの訪問者)が見ないと価値が無くなり、、

アドセンス側としても問題(プレビューページに広告が配信されてしまう状態)を改善するよう書いてあるので、プレビューページに広告配信しないよう、(ワードプレス知識皆無の私でも出来る)対処をしたいと思います。

スポンサーリンク

プレビューページのアドセンス広告停止方法(Cocoon)

使用しているテーマはCocoonになるので、それベースの解説になってきますが、一部はCocoon以外のテーマでも通用するかと思うので、参考までにどうぞ。

Cocoonは広告の配信箇所を一括管理できて便利なのですが、これを使用したままプレビューだけ表示しないようにするにはPHPに記述?といった素人知識の私には若干難しいので、

WPのプラグイン(Widget Logic)で対処しました。

 

『Widget Logic』を使用してプレビューページのアドセンス広告停止方法

WPのプラグイン『Widget Logic』を使用して、プレビューの広告を停止する方法の解説をしていきます。

このプラグインは、ウィジェットへ条件分岐を指定できるコードを記述できるプラグインになっており、

要するに、これを使えば、ウィジェットに設定した広告に”プレビューには表示させない”といった制御が出来るということです。

『Widget Logic』をインストール

widget logic

プラグイン画面で『Widget Logic』を検索し、”今すぐインストール”します。

自分のバージョンで使用できるかは、各々で確認されてください。

Cocoonの広告停止

Cocoon広告機能

Cocoon設定の広告タブを開き、広告の表示位置にチェックを入れてる場合は、全て外してCocoonの広告機能は使用しないようにします。(問題点は後述)

あと、こちらはCocoonの機能なので、それ以外のテーマの方には関係ないかと思います。

ウィジェットに広告を設置し”!is_preview()”と入力

WPの『外観』『ウィジェット』にある『広告』を好きな場所に設置します。

『ウィジェットのロジック』という欄が増えてるので、そこに『!is_preview()』と記述します。

すると、その広告はプレビュー画面には表示されなくなります。

広告を複数個所に設置する場合は、全て同様に作業します。

ウィジェット欄の『広告』は、Cocoonの機能?なのかわかりませんが、ウィジェットに『広告』が見当たらないようでしたら、→図カスタムHTMLにアドセンスのコードを記述して、上同様『ウィジェットのロジック』に記述すると同様の効果があると思います。

表示設定などは個々でご自由に・・・

因みに、『!is_preview()』から””を除いて『is_preview()』にすると「プレビューのみに表示」と逆の指定もできたり、他にも色々な指定が出来るので、気になる方は別途『Widget Logic 使い方』などでググられて下さい。

 

注意・問題点

上記方法の問題点は、

Cocoonの広告の”本文中 詳細設定”で、全てのH2見出し手前に広告を挿入を使用してる場合、広告をウィジェット欄の投稿本文中に設置しても”文中最初のH2(見出し)手前”にしか表示されないので、諦めるか、都度文中に広告コードを記述するか、等々、、ご自身で判断されてください。

この事について”まとめ”に追記有り

 

スポンサーリンク

アドセンスペナルティ解除までの期間

グーグルアドセンスのポリシーセンターの”広告配信の制限”を確認してみます。

 

アドセンス ポリシーセンター

 

30日間続くことはありませんがそれ以上続く場合も(中略)自動的に審査(中略)所要期間をお伝えすることはできません。

 

上記を確認すると何日かかるかわからないし、教えることもできません・・・ということなので、できうる対策をしたらあとは待つしかないです。

私の場合”5月12日”から制限が始まり、気づいた”同17日”に上記の対策を施し、”同25日”に制限がなくなったようなので、要した期間は約2週間でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

上述したようにグーグルアドセンスはクリックだけでなくインプレッションでも収益が発生してしまうのは周知だとは思いますが、今回はいつもより多く確認作業をしてしまい、(かつ、恐らくプレビュー画面のままチョット放置してしまい)ペナルティがかかってしまったようです。

プレビューによる広告問題の場合なら、出来るだけ見ないようにすれば良いだけかもしれませんが、私は”プレビュー見たい派”なので、今後気を使いながらプレビューを見るのは嫌なので、出来るだけ簡単な方法で対策をしてみました。

その際、以前はCocoonの広告設定で”文中の全てのH2見出しに広告挿入”を使用していたのを、これを気に上述した方法に変更したため、現在は、文中最初のH2タグにしか広告表示しない状態になりましたが、今の所収益が減った感じはしてないので、まだ結論出すには早い所もありますが、文中の広告はそれほど効果は無いのかな?(むしろ見てる人には邪魔なだけかも?)と感じてます。

タイトルとURLをコピーしました